Submarine Dog

カテゴリ: 雑記

先月思わぬことに、モーニング娘。の宇都宮でのコンサートのチケットを譲っていただけることになり足を運ぶ。

モーニング娘。単独コンサートだと約10年ぶりくらいになるかもしれない。ある意味まったく違うグループ、初めての現場に行くような気持ちで向かうことになった。

自分は2期までの8人がグループを去った時点で区切りをつけているので(自分の中でですよ)、今の子たちには何の先入観もなく一アイドルグループとして見させていただいた。

という上での感想。
というか、時間が少し経ってしまったので覚えている範囲での羅列。

会場に着いてまず思ったのは昔より女性客が増えたなということ。
まあこれは前から聞いていたので驚くことでもないが、それでも最近見る機会のあったアイドルグループの中では一番多いような気がした。*1

それでも宇都宮は女性客が少なかったというような話も聞いたけど、まあそれは客観的データがあるわけでもないので、なんとなく多かったということで良しとする。

中に入ってみると、これは昔ながらの光景で、色とりどりの推しのTシャツとファンの空気感。開演前に後ろが気になって仕方がない人や、あの語尾が上がる独特なイントネーションでメンバー名を叫んでいる人がいて、これは変わらないなあと思う(笑)

ライブに関しては、良く言えば統一感のある、逆に言えば一本調子であるのかなと思った。

EDM路線を貫いていて、それに基いた振り付け・フォーメーションはリズムにも乗りやすく、観客も一緒になって踊ったりするにはとてもいいのかなと。振り付け自体も全体を通して統一されているように見え、こういう路線が好きな人はとことん好きになれそうだなと思う。

自分としては『サマナイ』と『メモ青』は昔のアレンジのまま、コーラスを重視している方が好きなのだけど、コンセプトとしてEDMを貫くのもアリだと思うので、そこはさらっと受け流す。

歌に関してはEDMってこともありなんとも言い難い。現場の音も若干高めに出てた感じで*2、機会があればもっと真っ新な歌声を映像でもなんでもいいので聴いてみたい。

何人か歌声に「おっ」と思う子がいたのだけど。正直申し訳ないことに全員覚えきってないので、それはまたちゃんと知ってからということで・・・

あ、一つマイナスなことで気になったことといえば、やっぱり人数多いなと思ったこと。ステージでライン作っている時も狭そうだったし、途中に階段があるから安全面でもちょっと心配だった。

自分は目で追いながら分け隔てなく見るのは10人くらいが限界だと思っているので、その点からも人数については考える余地があるのかなと。まあそれでどのメンバーがどうとかいう話でもなく。

思い出して言うなら保田さん・安倍さんが辞める頃の15人・16人体制の一目で多いなという感じと似てると言えるのかもしれない。

全体を通して見ると、ステージの完成度としては申し分ないかなと。もちろんもっと歌が上手かったり、踊りが上手かったりするグループはあるけれど、自分たちのコンセプトを確立して、それを見に来ているお客さんにしっかりと求められているものを提供している点では申し分ないと。

その分、抑揚というかバラエティ感は控え目なので、そこは自分としては欲しいところでもあった。2時間というライブならば、もうちょっと曲調にふり幅が欲しいというのが、個人的に正直なところ。おそらくは今はそれは求められてないことだとは思うけど。

あ、あとはMC。
これは格段に進歩を遂げていた。

客席の反応を見つつ、また会話の流れを意識しつつ上手にトークを回している様を見て、これはイイなと。

どうも世の中にはライブハウス等に出てくるバンドやアーティストたちより、アイドルのライブを下に見るような風潮が垣間見えることがあるけれど、モーニング娘。に限らずアイドルの方がよっぽどMCの下準備して話す内容も考えてるよと。お客に対してきちんと向き合ってるよと。*3

それをこのモーニング娘。のコンサートに行ったときに思い出した。


まあこんな感じで、ある意味新鮮に面白く見させていただいたということで。
もっと掘って書こうかとも思ったけども、いろいろと思うことがあり、これ以上長くも・・・ってことで、さらっと終えよう。


-----------------------------------------
*1ちなみに女性グループという範囲まで広げるとLittle Glee Monsterが女性客が一番多いかもしれない。女子中高生に圧倒的に支持されているイメージ。先日拝見した某アイドルグループはほぼほぼ男率100%だった。
*2昔は代々木体育館とかこれが酷くて、なんでこんな変な音出してるのって感じだったよね、と。
*3もちろん、どちらも一部グループの話。

4月16日といえばちょうど16年前にミュージックステーションにモーニング娘。が『Never Forget』で出演した日。
近年は特に気にすることもなかったその日が、今日に限ってはその偶然性、いや必然性に駆られてつい思い出してしまった。

PEACE$TONEのオフィシャルでの発表によれば、福田さんご懐妊とのこと。

中澤さん曰く「永遠の中学生」だった明日香がついにお母さんに!

いや、もう本当におめでとうございます。


まあでもこれで何か変わるかっていうと、そんなに変わることもないんじゃないかなという気はしてる。

もちろん体調的なことやその後の子育て等、環境的な変化はあるんだろうけど、PEACE$TONEのasukaとして、一歌手のasukaとしては変わらないんじゃないかと。

さっそく「ライブには這ってでも出る」というようなことをおっしゃっているようだし、歌の世界にはずっと留まっていてくれるのかなと。




そこはまったく心配してないのだけど、この際、ちょっと自分の中の葛藤というものも書いてみる。

自分は基本的に舞台の上の人とは距離感を保っていたい派で、そこに交流を求めたいといった欲求はほとんどない。ライブの感想なんかはスタッフが集めてもいいと思うし、今の世の中ネットを利用すればどうとでも集まっていく(内容の是非はともかく)。会って数秒の間にそんな深い話が出来るとも思えず、表層の会話が続くという状況も自分は馴染めない(そういうのが得意な人がいるというのも分かる)。

これが例えば飲み屋で話すとか、推敲を重ねた文章でやり取りするというなら別で、突っ込んだ話が出来るならそれは大いに歓迎なのだけど、それはもはや演者と見る側の関係でもない。

そんな基本的な考えなので、アーティスト側からの認知という点に関しては自分はまったく興味はない。でも、もっと根本的に正直に福田さんはかつてのモーニング娘。時代のファンがいまだに来ていることをどう思っているのかなというモヤモヤとしたものをずっと抱え込んでPEACE$TONEのライブに自分は行っているわけで・・・

もちろんモーニング娘。時代の曲をPEACE$TONEのライブで歌ってほしいとか微塵も思っていないし、認識としてはPEACE$TONEのメンバーの一人という以上のものではないし、そこはもうPEACE$TONEを見て数年経つので割り切りは出来ている。

でも思ってしまうんだなあ。
福田さんにとっては迷惑なんじゃなかろうか・・・とかね。

PEACE$TONEで活動して数年が経った今でも福田さんが進んでMCを取るということもないし、話を聞けるとしても東スポで連載していたような自己完結に近い話が多いので、話からは演者と見ている側の距離感は全然掴めない。

別にそれはもちろん福田さんのせいではなくて、なーんとなくアンタッチャブルな感じでずっと来てしまっていただけのこと。他にもグループとしてどこに着地することを目指しているのかとか、ある程度の基本的な活動方針とか、そういったものが見えてくればファンサイドも動けるものがあるのかなあとか考えてしまうのだけど、現状のままフワッとした感覚で見ているのも楽な気がして、どうにも考えがまとまらない。

というような、矛盾というか葛藤を抱えながら見ているわけでございます。

まあこれはPEACE$TONEのメンバーやスタッフさんたちとも関係なく、自分の内なるものなのでモヤモヤ感の払拭はなかなか難しいのだけど・・・

ま、解決しないことなので、この辺で。


せっかくのおめでたい話が出た日になんだけど、ちょうどいい機会かもなと思ったこともあったので。関係ない話になってしまって申し訳ない。

何はともあれ、明るい話題を提供してもらえるのはありがたいことです。
本当にめでたい! ちょっと寂しいような気もするけれども(笑)
これは中澤さんの「永遠の中学生」に引きずられているのかも。

一月ほど前に松下里美さんという方の情報でちょっと気になったことがあって、先延ばしにならない内にちょっと調べてみた。情報の整理が追いついていないモーニング娘。時代前のアップフロントを調べる意味もある。

完全に後追いで調べていることなので、もし当時のことを知っていらして情報がある方はぜひとも教えてください。



松下里美さんは1990年頃に渡辺美里さんと同じ事務所・ハートランドに所属していたガールポップシンガー。

このハートランドという事務所はヤングジャパン系列の事務所で、佐野元春さんのバンド・THE HEARTLANDが1980年代前半にヤングジャパン所属のアーティストたちの前座を務めたことに端を発している。

当時ヤングジャパンに所属していたアーティストはアリス、ばんばひろふみ氏、高山厳氏、兵藤ゆきさん、平山みきさん、白井貴子さん、スターダストレビュー、といった面々であり、このメンバーを見ても現在のアップフロント(以下UF)への流れが分かると思う。

またそもそもこのヤングジャパンを立ち上げた細川健氏が長らくUFの役員を務めていたことからも分かるように、UFの源流はここにある。


ヤングジャパンからは1983年に寺本保治氏(その後UF取締役)を社長としてツーバンが分離、ここを基盤として後のUFになる。その後1986年に同じくヤングジャパンの社員が立ち上げていたメイハウスという事務所とツーバンが統合してUFとなった。

ヤングジャパン系のハートランドには白井貴子さんらが残り、1980年代後半から渡辺美里さんや谷村有美さんを擁してガールポップブームの先駆けとなる。

この事務所関係の推移は追っていくとキリがないのでこの辺にして(またもっと詳しく書かれた文献もあると思うので)松下さんの話に戻るとしよう。


松下さんは1989年に『16-Sixteen-』でデビュー。1993年までに東芝EMIで7枚のシングルと3枚のアルバムを発売したのち、1994年にレコード会社をポリスターに移籍。事務所は1992年にUFに移籍しているので、ポリスターにレコード会社が変わったのもその理由か?(UFとポリスターは資本関係があった)

松下里美『16-Sixteen-』(埋め込み不可)
http://youtu.be/8xesfSXrsrU

この映像を見ると当時の渡辺美里さんや森高千里さんのステージの雰囲気と似ているなあと思う。もっとも当時のガールポップはみんなこんな感じだったかもしれないが。



松下里美『背中の氷河』


2002年の映像。アップフロント所属でレコード会社もzetima時代。共演者に堀内孝雄氏の姿が見える。ちなみに1997年頃の資料では堀内氏や高山氏、ばんば氏ら旧ヤングジャパン直系だったUF内ベータプロモーションに松下さんは所属。


それで、ここからが気になったこと。

この1989年のCMの映像。
おそらく松下さんの『いろんな涙』のPVと思われるのだが・・・



まあこの映像を見てしまうとどうしても『愛の種』を連想せずにはいられなくて。

PVのスタッフは東芝EMIだと考えられるので関係ないとは思うのだが、その風景と構図にスタッフを確認したくなった。また1997年に『愛の種』を見た時に『いろんな涙』の映像を思い出したUFのスタッフがいたとしてもよさそうだなと思う。

これまで過去のいろんなものを流用してきたUFだけに(特に命名基準や人的コラボ等で)、可能性は捨てきれないでいる。


それから1993年に発売されたシングル『ほんとは、ね…』(東芝EMI時代ラスト)。作詞作曲は木下鉄丸名義で槇原敬之さんがされている。

UF絡みで見てきた身としては2002年により子さんが出した『ほんとはね。』を思い出してしまうのだが、この両楽曲にはタイトル以外共通点はない。ただ『いろんな涙』と同様にこのタイトルに気付いていたUF関係者はいたのではないかなあという気がしている。

より子さんが当時所属していたハーモニープロモーション(当時のUFはアルファベット順にグループ会社の名前がついており、ハートランドの「H」の空きを埋める形でハーモニープロモーション)の和田さんは知らなかったってことはないんじゃないかなと。

和田さんは1989年にUFに移籍してきているので(その前は大西結花さんのいたマコロンで大西さんのレコード会社は1988年までポリスター)、なんか匂うなという感じはする。


それともう一点。

1998年2月1日に発売した10thシングルが『土曜日にしなさい』というタイトルなこと。
この曲は『ギルガメッシュNIGHT』のエンディングテーマで同番組が土曜深夜に放送していたことからくるタイトルだと思われる。

ここで気になるのが1998年1月28日に発売したモーニング娘。のメジャーデビュー曲『モーニングコーヒー』とシングル発売を争った候補曲の中に『どうにかして土曜日』という曲があったこと(後にアルバムに収録)。レコード会社が違うとはいえ関係があり、また事務所も同系列。偶然の一言で片づけていいものかどうか・・・

まあこれらで何がどうこうって話ではないのだが、追々役に立つこともあるかもしれないし、自分の情報の整理の意味もあるので記しておく。

松下里美『土曜日にしなさい』




松下さんはUF系事務所に移籍したのち前掲の映像でも見ての通り、堀内孝雄氏の楽曲提供を受けたりしてポップスというより歌謡曲や演歌に近いものを歌っていくことになる。ご本人の希望かどうかは不明なもののUFらしいやり方だなと思う。

2004年にはUFを離れ独立、その後はポップスに戻って自身で作詞作曲することが中心となり、現在でもライブやラジオで活動を続けられているとのこと。オフィシャルページで試聴をしてみると、大人な落ち着いた声で良質なポップスを聴かせてくれていた。

ざっとまとめておかないと忘れそうなことを。


○Secret Angelsの植木美心さん、Dancing Dollsに加入

去年のフジテレビの夏のイベント『歌がうまいアイドル日本一決定戦』に参加し圧倒的歌唱力で勝ち抜いたアクターズスクール広島のSecret Angels。



このときにバックで踊っていた植木美心さんのことを以前ブログで少し取り上げたが、この3月から大阪を拠点とするDancing Dollsに加入するとのこと。



Dancing Dollsはネットでの「踊ってみた」から人気が出て2012年にメジャーデビュー。
去年、テレ朝の『アイドルお宝くじ』で『LOVEマシーン』をサンプリングした『DDJUMP』などを披露していたグループ。

いい意味でアイドルかどうか微妙な立ち位置にいきそうなグループだと思うが、植木さんを含め2名の加入で今後どうなっていくことか。



Little Glee Monsterもそうだが果たしてアイドル的アプローチが必要なのかどうかも含め、今後の動向に注目。

ちなみにDancing Dollsの大阪組は大阪の芸能スクール・キャレスの出身。
古くはDreamの中島麻未さんや西田静香さん、BOYSTYLEの面々、最近ではSCANDALの4人やNMBの西村愛華さん、GEMの村上来渚さん、リトグリのせりなさん・かれんさんなどがキャレス出身。



○篠崎愛さんのボイトレにより子さん

グラビアを主な活動の場としながらその歌唱力にも注目が集まっていた篠崎愛さんのボイストレーニングをより子さんがやったらしい。

より子さんは福田さんの紹介でハーモニー入り。その後ナベプロに移籍し2012年からは独立。

自分は初期の頃の知識しか持ち合わせないので多くを語れないが、なんとなく似てるなあというイメージ。あまり愛想をふりまけないというか、感情的にちょっと不器用そうだなあというイメージが(@失礼しました)。

ひとまず情報として留め置き。




もう少し書きたかったが次回へ。

今の大学生は「所有型」ではなく「アクセス型」が主流になりつつあるかもしれないというCD屋さんのツイートを見かける。そういう人たちはダウンロードすらしなくなりつつあるのかもしれないというものだった。

確かに言われてみればそうなのかもしれない。
CDを持つことや本を持つことに慣れ親しみがなければ、根本的に所有欲も湧いてこない。いつでも欲しいものにアクセスできれば、それで満足感は得られるだろう。

これはこれで否定しないのだが、正直自分はこれに馴染むことは出来そうにない。そうなったとしてもどこかに違和感は抱くような気がする。

そのアクセスに自由が保障されているならばいいが、いつ制限がかかるのか、あるいは知らぬ間に思想的なベクトルがかかっていないか等、不安になってくる。

ちょっと例えがずれるのかもしれないが、例えば太平洋戦争中にラジオから自由に音楽が流れてきたのか、出版される印刷物には何らかの意図が加わっていなかったか、そういうことを考えてしまう。

現在でも100%意図が介在しないかと言えばそれは違うだろうが、少なくとも選択する思考の余地はあり、また所有することによって個人的な視聴・閲覧の自由を獲得できる。

また、廃盤や絶版のものは探せば出てくるが、形として存在しないものは難しい。
数十年が経ち廃盤になっている音楽を現在聴けるのは、まさに「レコード」や「CD」という形で残っているからであって、これがネット通信上のアクセスのみだけで繋がっているとしたら、廃盤イコール消滅に近い。

もちろんこれは極論で、制作元には残るだろうしあの手この手でどこかしらに残るのは確かだろう。しかしその時代になったときに新規に聴く人たちの入手の困難さ等を考えると、安易に便利になることがいいのかじっくり考えることが必要だと思う。


まあでも一番はやっぱり気に入ったものは所有したいって思うんだが、こういう感覚すら違ってきているのだろうか。今まで通りの感覚の人たちもたくさんいるのだろうが、流れ的にはどうなんだろうなあ。


昨日はこのブログの設定をいじっていたのでアンテナが上がってしまっていたようです。更新だと思って来られた方、申し訳ありません。



なにしろ2006年の基本設定のままで来ていたので、いろいろと反応しなくなっていた所もあり、ベースを新しく提供されているものに変更。おかげでツイートボタンとか付くようになりました。まああんまり関係ないとは思うけど(笑)

あと、いつも久しぶりにやってスタイルシートとか忘れてしまっていて手こずる。タイトル画像もいじりたいのだが時間がないのでそのままに。これは余程暇なときにやる。

全部は細かく見てないので、表示が変だったりしたら教えてください。
特にスマホ・携帯の方は全然デザインチェックしていないので、改善点あったらよろしくお願いします。


安倍さんがしばらく日本を留守にしていたのは、ニュージーランドに行っていたからとのこと。

一応本命の予想通りだったが、逆にそれだと面白くないというかなんというか。
突拍子もなくマダガスカルとかボリビアとか行っていたら、突っ込みどころ多くて楽しかったかもしれない(笑)

記憶が曖昧になってきているが、ニュージーランドとアップフロントの関係は古く、現会長がニュージーランドのガーデニングスタイルの牧場がお気に入りで、花畑の名前の由来もその辺から来ている。これはバブルがはじける前のお話。

また知り合いの元広告会社の方が向こうでやはりガーデニングスタイルの牧場をやっていて、そういった人脈や繋がりが、例えば小川さんの留学や花畑牧場の仕入れに関わっていると思われる。

だから今回の安倍さんの訪問も現地での伝手という部分ではやり易かったはずであり、また安全面でも信頼できるだろうから良い環境で学べたのだろう。



さて花畑といえば、先日フジの『ノンフィクション』で特集が組まれていた。

内容はどうということもなく、相変わらず表面を撫でただけの提灯番組とでもいうか、都合の悪いところはスルーするいつも通りの花畑特集だった。

ただし、生キャラメルブームに乗って事業を拡大し過ぎたこと、建築基準法違反で工場が閉鎖に追い込まれたことなどは認めていた。これは大々的に報道されてしまっているから避けて通れないところか。

それと、相変わらず現地の農業生産者たちへの反発を語っていた。
メディアを通しての被害者意識の告白と、その恨みをはらしたい旨の発言。
もう何度も聞いてきたことなのだが、ここまでいくとそれは本心じゃなくて、芸能人として復讐物語を演出しようとしているのかとさえ思えてくる。

一方で、生キャラメルの製法を教えてもらったノースプレインファーム、工場閉鎖で契約解除した大量の従業員、また生キャラメルブームで生産に巻き込んだ夕張などの御老人の方々への配慮の言葉は一切見られなかった。


そしてオリジナル作成意識が希薄で、どこからか発想を引っ張ってくるやり方もまったく変わらない。

従業員の方が牧場製品で数々の受賞をしていても社長がタレントということで色眼鏡で見られてしまうことを嘆くシーンがあったが、それはこれまでの経緯を知っていれば致し方のないこと。

タレントという立場を使って事業を拡大したことは否めないのだし、その事業の拡大も誰の目にもやりすぎと映っていたのだから、状況が悪くなったらタレントとしての不利を言うのは、それはちょっと虫が良すぎる。そういう土俵の上で戦っていたのは間違いないのだから。


また、勝負をかけて導入したのはポップコーンの機械。
これも先発組がいるのにブームだからと乗ろうとしていた。
3000万をかけて新機材を購入。

そのポップコーンにまぶすチーズパウダーも自社では開発できず埼玉の会社に発注している。そのパウダーをローソンに持ち込んでプレゼンする時にはいかにも開発に苦労した体で話し、さらには「からあげクン」にそのチーズパウダーをかけて「どうですか?」とやっていた。

これまでの番組やブログ等であれだけ地産を言っておいて、参考にするのはヨーロッパのチーズ、豚。そして蜂蜜はニュージーランド。開発できないものは関東の会社に発注。全国的にブームのポップコーンにも乗る。さらには地産池消とは真逆の大量消費のコンビニでの流通を成功と考える。

北海道産小麦を使わなかった六花亭をその一点だけでさんざん批判しておいて、その結果がこれですかと。

別にどこの材料使おうが、どこの製品を参考にして作ろうが、それは個々の方針があるから別にそれで批判をするつもりはないが、これだけブーメランというか、言ってきたことと反することをやられると、もう苦笑するしかない。


ちなみにライバル視している六花亭のことを書いたこんな記事がある。

http://blog.goo.ne.jp/kasegerupurocon/e/b58e7ad5aa7ef8d1b12d47dcb004c1ac

全面的にこの記事が正しくてこの方針が100%正解という訳ではないが、少なくともこういった取り組みが為されていることは確かで、十勝地方を基盤とする花畑と六花亭の方針の違いが明確に見て取れる。

地元の既存勢力に文句を言うのもいいが、そこにはただ守旧と新参という対立軸を演出する前に、何かもっと取り組むべきことがあるのではないかと思う。

田中氏が追い求めている理想像は実は名誉や尊敬といった類のものかもしれず、ここ10数年のただひたすら実益を思い求めている姿では、なかなかそうした評価は得られにくい。それがずっと続く六花亭や地元勢力への苛立ちにも繋がっているのかもしれないなどと考えてみた。


景色は本当に綺麗で、冬はちょっと寒さが厳しいけれども気持ちのいい気候のあの場所。
ハロマゲドン発表時に安倍さんたちが行って、一時の安らぎを感じたのもいまや昔。

自分が行った時も良いところだなと思ったのだが(生キャラメルブームより遥か前)、なにかそうした清冽さをまた感じさせてほしい。




-----
牧場やカントリー娘。についてのもっと詳しい考察はこちら。
http://submarinedog.livedoor.biz/archives/51319442.html

このページのトップヘ