Submarine Dog

カテゴリ: 和田薫・きくち伸

7月5日の続き。

ナベプロとジャパン・ミュージックエンターテインメントのことに続いて、今回はフジテレビから気になる人をチョイス。引き続き興味ない方はスルーしてくだされ。

続きを読む

エイベックスだの吉本だの、UF周辺の事務所の話題が増えてきているが、ちょっとずつ情報の整理をしていこうと思う。

後藤さんのエイベックス移籍をまるで敵対陣営に移籍したかのように思っている方もいたみたいだが、個人的な印象としてはごく普通の事務所移籍だったと思う。別にエイベックスとUFが敵対しているわけでもないし、ある一時期を見ればむしろ仲が良かった時もある。(1999年にはつんくと浜崎あゆみが組んでデュエット曲を出したことも)

事務所移籍や引退は頻繁におこなわれていることであって、今回話題になったのは後藤さんの存在がそれだけ際立ってたってこと。それにこれまで何人もの人がエイベックスに移籍した。それらが毎回騒動を起こしていたかといえばそんなことはなく、今回の後藤さんの移籍も契約に則ってごく普通に移籍が行われたと見るのが自然ではないのかな…

鈴木亜美のようにもめるケースの方が稀であって(昔は知らないが契約のしっかりした最近の話で)、稀であるからこそマスコミも大きく取り上げたのだが、どうもそこいら辺が後藤さんのケースとごっちゃになってしまう原因みたいね。


と、この話はさておき、今回はもう一方でハロー(特に旧メン勢)となにかと接点のあるプロダクション、渡辺プロダクションとジャパン・ミュージックエンターテインメントのことをちょっとだけ調べてみようと思う。今回は極力憶測や妄想を入れないで得られた情報のみの羅列。興味ない方はスルーしてね(笑

(敬称略です。すみません。)

続きを読む

●カオリ結婚式?

6月22日にどうやらカオリが結婚式をおこなったらしい。
まさにジューンブライド、幸せな家庭を築いていってほしいものです。

さて、「らしい」と書いたのは確定情報がなく状況証拠に頼っているため。
公式なアナウンスは結局ないのかな?

段階的な情報一つ目。
彩っぺブログ

とある披露宴と二次会にキメキメで参加。
「大好きな友達」
「二人があんまりにも幸せそうな顔してた」(←二人とも昔からの顔見知り?)
写真には首都高の高樹町ランプが映っているので、開催場所は六本木で確定。
ここかグランドハイアットが候補場所だが、写真の角度からいって前者かなあと。

二つ目。
木内晶子ブログ

華やかな着物姿で結婚式に出席。
「お友達の結婚式」

木内さんは田中麗奈と並んでカオリの古くからの芸能界での友人。
オールナイトニッポンのイベントの時にも二人一緒にカオリを見に来ていた。

三つ目。
杉浦太陽ブログ

辻がどこぞへ一人でお出かけ。
翌日の日記を見ても帰りは遅かった感じ。
しかも翌日から杉浦太陽は海外ロケに行かなければならないにもかかわらず辻は夜に出かけている。どうしても出かけなきゃいけない理由だったんだろうなと。

全体通してみればこれは間違いないと思うんだけどなー。
どこかから涙を誘うようなエピソード、聞こえてこないもんだろか。

何はともあれ、おめでとうカオリ。

あ、ブーケは誰の手に渡ったんだろう?
やっぱりつい先日誕生日を迎えたあの方が強引に取るんでしょうか?(笑

これでカオリの披露宴や二次会がなかったら、わたしゃ恥ずかしくて雲隠れします(笑


●業務提携調べ(その3)

昨日の更新をしたあとにコメント欄で情報をいただいて、やはりソニンの移籍先のNASAエンターテインメントの社長さんはエイベックス出身だったと分かる。これでスッキリですね(今宵さん、サンクスでした)。

ちょっと検索かけてみるとこんな記事が出てきた。

エイベックスの制作宣伝事業本部にいた方なんですね。
年齢見たら和田さんと同い年じゃん! 経歴からいっても和田さんとはウマが合いそうだなぁ。六本木の飲み仲間だったのかもしれないね。

クイックジャパンの和田さんの芸能界日記を読みなおせば小林社長が登場しているシーンがあるかも。

後藤さんのエイベックス移籍確定やそれ以外にも書くことはあるのですが、アクセス解析を見るとここ数日要注意人物がアクセスしてるみたいなので、それについては少し時間を置いてから書きます。
普通にアクセスしていただいてる方にはご迷惑をかけて申し訳ありません。



●業務提携調べ

ハーモニープロモーションと業務提携している大沢あかねが正式に所属する事務所・テンカラットのホームページを見る。

どうやら田中麗奈や香里奈といったけっこう有名な方々が所属しているようだ。これなら大沢あかねをハーモニーに任すような事務所ではないように感じる。

もしかするとバラエティ的な方面だけハーモニーに任せているのかもね。大沢あかねが出ていたドラマ『ライフ』はテンカラット側が仕事を取ってきた感じがするし、全面的にハーモニーに任せっきりではないのかもなと。

ちなみに、
田中麗奈はカオリと1999年来の友人。
俳優の吉沢悠は元ワタナベプロダクション所属で2006年よりテンカラット所属。
TBS『スーパーサッカー』に出演する加藤未央の誕生日は1984年1月19日。
つまり
1983年1月19日 宇多田ヒカル
1984年1月19日 加藤未央
1985年1月19日 石川梨華
となります。だから何?ってツッコミはなしの方向で(笑


で、ハーモニーとの業務提携は残しながら事務所を移籍したソニンのこと。
今までじっくり見ていなかったソニンの移籍先である株式会社NASAエンターテインメントのホームページも見てみる。

いまだに所属タレント一覧にソニンの名前はないがブログへのリンクは貼ってあるので、それでOKってことなのかな? HPの会社概要によると2005年1月設立と新しいプロダクションらしく、看板タレントの森下悠里のブログを見ると社長さんも若い方で、どうやら関西方面の出身のようだ。
取引先の会社を考えるとこの社長さんはエイベックスか吉本の出身じゃないのかなぁ… 所属タレントの一覧をみるとエイベックスっぽい雰囲気。

だとすると映画『バックダンサーズ』やtomboyの活動とも繋がっていくので、ソニンの移籍先としてはすんなりと収まるかなという気はする。和田さんとどんな繋がりがあるのかはまだ何とも言えないけどさ。

森下悠里のブログを引き続き見ていくと4月24日の日記に安藤成子の姿が確認でき、どうやら交友関係があるらしい(6枚目右の女の子、左は芸能人女子フットサルの南葛シューターズで活躍しているKONAN)。
安藤成子といえばつい先日ハーモニーとの業務提携が公になった子。微妙に人間関係が繋がっていく。

今エイベックスの話題を出すとどうしても後藤さんの話になってしまうけど、それは前述したようにまたの機会に。先延ばしついでにもう少し調べてみようとも思います。

ハーモニープロモーションがサイトリニューアル

サイトはかなりきれいな仕上がりになってるようで。

会社概要のところでようやく自分はUFとハーモニーの位置関係が理解できた。和田さんがUFビルから追い出された後の会社の場所ってのはちゃんと把握していなかったので、これを見て納得。めちゃめちゃ近いやん。

家賃は30万って言ってたよね、たしか。
引っ越し前にもUFに30万払ってたのに、引っ越したら同じ額で倍の広さがあるって、それまでのUFの搾取を嘆いてた(笑

ちなみに、UFがここいら辺に引っ越してきたのは2002年の夏。それ以前、特にASAYAN時代にメンバーたちが集合していた会社とはまったく別の場所なので、そこはお間違いなきよう。

最近のハーモニー所属のみなさんの動向はといえば…

ソニン…先日のブログ更新停止宣言も、すぐに復活。どうも事情はよく掴めないが、復活されたことはなにより。

チノパン…日テレ『ラジかる』にて妊娠を発表。なんとお腹の中には双子の命を宿しているらしい。

優木まおみ…本日はスザンヌと二人でロケ。テレビ出演は順調そのもの。

松井絵里奈…手書きの日記をやめて、ようやくアメーバにてブログを開始。ちょっと伸び悩み中か?

THETA…ちょっとずれるけどmixiでTHETAのコミュを見ていたらボイトレの菅井先生を発見。それとyucaleeさんって歌手の方もいらっしゃったのだが、1985年3月13日生まれの大田区出身の方なんだよなあ…あ、でも六郷の方みたいだな、この方は。

ま、でもあの地区一帯に23年前に特異な電波が発せられたことは間違いない(笑

安さん大沢さんは安定していると思うので、特には取り上げず@申し訳。


『もろP日記』'08/1/20

(文章、1月21日夜に少し修正を加えました)

この方はヲタといろいろとやりあっているのであまり取り上げたくないのだが、制作サイドからの一意見として考えさせられるものがある。スキャンダルとイメージダウンってのは某所の意見に毒されてしまっているかとも思うが、気にしたいのは「厳しい状況」って言葉より下。

「当の事務所の人々も、メンバー達もみんな冷静を装って涼しい顔」

近くで仕事をしている人にこう思われている状況ってかなりまずいでしょ。

ハロモニ@の低視聴率とメンバーの責任関係については一切論じるつもりはないが、あのつまらない番組を平然と一年続けてきたことを制作サイドはもっと真剣に考えてくれないかなとは思う。責任のなすりつけをしてる時間はもうないはず。

それと、両角氏にしても1年間いろいろと言ってきたけど、ハロモニ@制作陣に対して何も有効的な行動をしなかったわけでしょ。

ハロモニからハロモニ@への移行の際に何もノウハウを引き継がせなかったことも大きいと思うんだな、現在の状況って。移行の経緯に対してSSMにしてみればいろいろと思うことはあったのかもしれないけど、移行そのものはぼんやりとした感じで受動的に決まってしまったような印象を受けたんだよね、当時。それこそ、その事態を誰もマズいと思わなくて「涼しい顔」して受け入れてしまったように…

これはもう制作側も管理側も演者もみんな「冷静を装って涼しい顔」してるだけじゃないの? たぶん両角氏の言う「ドキュメント番組」はASAYANのことを言ってるんだろうけど、ASAYANのモーニング娘。企画の成功ってのはスタッフやプロデュース側が一緒になって泣いて笑っていたから面白いものが出来たと思うんだけど、その辺の意識が今の制作サイドにあるかとい言ったらそうは感じられないね…

こんな状況でいいものが作られるわけがないと思うのは自分だけなのかねぇ? メンバーたちのことを論じる前に、それ以上に制作側のいいものを作ろうって熱意も伝わってこないってことをはっきりとここに書いておこう。

ソニンに何が?

いったいソニンには何が起きてるの?
これより前の日記を読むと、たぶん舞台の方で何かしら起きてるように受け止められるんだけど、何が起きてるんだろう?

●北海道バンザイ!

10年前の今日、『愛の種』の手売りが札幌で行われ、14,853枚のCDをメンバーたちは売り切った。完売にあともう少しまで迫ったモーニング娘。たち。夢はもうすぐそこまで来ていた。

また、このときのタクシーの運転手さんに11時11分にするおまじないを教えてもらい、それを名古屋手売りの前日のホテルで5人で行っている。なっちのオーディション時の番号と共に「1111」は縁のある数字なのだ。こないだの姐さんマジアサでも「1111」で記念企画やってたね。


●さようなら佐野アナ

いつやるかと思っていた『めちゃイケ!』(11/24O.A)の佐野アナ送別会がいよいよ放送。岡女体育祭での『シャボン玉』の一コマも映ったりして懐かしむ。12年間の出演ということで、佐野アナ長い間お疲れ様でした。

記憶が確かならば『めちゃイケ!』が終わるのは「岡村隆史が結婚するとき」と片岡飛鳥総監督が言っていたような気もするが、なんとなくそういう時も近づいているのかなという感じがする。後夜祭で騒いでいるような雰囲気が漂っているんだな…

同回の「やべっち寿司」のコーナーにはtomboyが登場。神・ソニンに神のごとくなナレーションがついておりました(笑 コーナーには新曲のダンサーを連れての出演でとても華やか、ショーパンが初めてテレビに出たとき以来の大人数の出演か? それにしてもしっかりとめちゃイケには出てくるあたり、さすがしたたかなハーモニープロモーションである。

このページのトップヘ