Submarine Dog

カテゴリ: Hello! Project(旧)

昔書いたものの中に2002年当時のモーニング娘。関係のスケジュールを書き出したものがあったので、一時的にアップしておく。

今日(3月13日)のソニンさんが出演していた『しくじり先生』を見ていて、ふとブログのアクセス解析を見てみた。するとウチの過去記事にアクセスしている方がいて、その記事を見たらたまたまソニンさんがしくじりを語っていた当時のスケジュールを見つけたのだ。

自分で書いたものなのにね、けっこう忘れてる。

当時を知っていれば面白いかもしれないし、あるいは知らないとどういう風に見えるのか逆に聞いてみたい、などと思ったり。

やっぱり1999年と2002年は調べると面白いな。当事者たちにとっては大変だったのだろうけど、心の揺れ動きが垣間見えることがこの両年は本当に多い。


キャバクラ事件が報道される前日に早々にレコード会社はEE JUMPのアルバム発売中止を決めてたんだなー。完全に忘れてた。

-----------

2001.10.  アップフロント組織改編
      UFグループ関連会社に税務調査
2001.10.06 市井紗耶香復帰
2001.10.25 つんく 志村けん&研ナオコのデュエットプロデュースを発表(翌年のミニモニに繋がる)
2001秋   カントリー娘。オーディション→里田加入(会長のカントリー改革の最初)
2001.11上旬 ワイズビジョンに東京国税局の調査
2001.11.02 フジ『13人がかりのクリスマス』の打ち合せ・収録がスタート
2001.11.18 娘。コンサート 沖縄 ライブ後年上メンバーたちは獅子座流星群を見る
      石川 生まれて初めて流れ星を見る
      飯田・矢口・保田・平家は一緒の部屋で流星群を見た
      安倍・りんねが一緒か?
2001.11.20 緑山スタジオでドラマ収録中に加護が倒れる(加護、精神的限界の噂)
2001.11.23 市井 FACTORY出演
2001.11.27 タンポポ『王子様と雪の夜』で初めてオリコン1位になる
2001.12.  日テレ『AX music file モーニング狼。』突然打ち切りされる
2001.12.05 シェキドルがメジャーデビュー
2001.12.06 保田 圭誕生会 藤原紀香らが参加
2001.12.10 市井紗耶香復活コンサートwith中澤裕子 in SHIBUYA-AX
      平家みちよ・きくちP観覧、きくちPと明日香2年半ぶりの再会
2001.12.16 藤本美貴の来年3月のメジャーデビューが発表される
2001.12.17 UFグループの飲食店「ベールヴティユ」が「グッディークラブ」にリニューアル
      これ以前は「花畑牧場」として営業
      「グッディークラブ」になった後も花畑牧場製品とカントリー娘。は関与
2002.01.  正月ハロコンに藤本・里田・石井リカが初参加
2002.01.03 中澤、飯田、稲葉 食事会
2002.01中旬 『モーニングコーヒー2002』レコーディング 旧メンたち高まる不満
2002.01.24 テレビ東京が『ASAYAN』の3月打ち切りを発表
2002.01.27 矢口 プライベート写真流出騒動
2002.01.28 安倍 ラジオで『モーニングコーヒー』を語り、涙
      EE JUMP ユウキ復帰宣言
      シェキドル解散
2002.02.01 飯田 OH-SO-RO収録で故郷からの旅立ち、メンバーとの別れのことを語る
      『モー。たいへんでした』打ち切り決定
2002.02.05 飯田・安倍・保田・矢口・後藤・石川・吉澤のみで『うたばん』収録
      年下メンバーは大阪USJで『HEY!×3』収録
2002.02上旬 安倍 きくちさんからFACTORYのオファー
      ワイズビジョンの白岩久弥(タカハタグループ離脱後のASAYAN演出)が解雇される
2002.02.09-10 花畑牧場で犬ぞりレース大会 あさみ優勝
2002.02.11 市井がラジオで新ユニットデビューは4月下旬と発言
      市井にたいせーから作詞のテーマ「卒業」と「遠距離恋愛」が言い渡される
      それでも名目は娘。時代の払拭
2002.02.15 テレ東『muSix!』の枠移動が決定(4月から火曜日22時)
2002.02.17 「Hello! Project 2002〜今年もすごいぞ〜」横浜アリーナ
      ココナッツ娘。レファ脱退 きくちP観覧
2002.02.20 キリンビバレッジ『キリンきりりす〜なオレンジ』CM発表
       飯田・安倍・保田・矢口・後藤・石川・吉澤のみ出演
2002.02.24 保田、ビビアン・スーらと熱海の温泉に女4人新幹線で行く
2002.02.28 『muSix!』「Angel Hearts」の収録スタート
2002.03上旬 藤本の大々的なデビューキャンペーン
2002.03.04 EE JUMP アルバム『EE JUMPコレクション1』の5月9日発売を発表
2002.03.17 ハロプロキッズオーディションの募集開始
      モーニング娘。 TMCで『HEY!×3』の収録
2002.03.24 渋谷センター街が『4thいきまっしょい!』の宣伝一色に
      テレ東『ASAYAN』最終回
2002.03.26 矢口 自宅で大号泣 カーペンターズ『青春の輝き』『ふるさと』
      TMCで『堂本兄弟』収録 安倍 吉澤 石川 紺野
2002.03.28 安倍 『エアモニ』収録 人生を語る「自分は何を残せるのか」『21世紀』
2002.03.31 より子。 タワーレコード渋谷店でミニライブ
2002.04.04 『muSix!』収録直後に矢口倒れる バカ殿様とミニモニ。姫
2002.04.10 トイズファクトリーが5月のEE JUMPのアルバム発売中止を決定
2002.04.11 『フライデー』にEE JUMPユウキのキャバクラ写真が掲載される
2002.04.12 矢口 韓国へ石焼きビビンバを食べに行く(さくらももこ企画)
2002.04.13-14 娘。「ツアー2002 春 LOVE IS ALIVE!」大阪城ホール
        14日の音源流出(メンバーたちの不満)
2002.04.18 シャッフルユニットの7月3日発売を記者発表
2002.04.19 安倍 フジ『FACTORY』収録 ブルーハーツ『チェインギャング』をカバー
2002.04.20 市井 金髪に染める
2002.04.23 31年にも及んだ五木ひろしと徳間ジャパンとの契約が満了
2002.04.26 OH-SO-ROバスツアー 涙のフリーペーパー
2002.04.27-28 娘。「ツアー2002 春 LOVE IS ALIVE!」さいたまスーパーアリーナ
        2日目に志村けん登場 両日ともきくちP観覧
2002.04末〜05初頃 福田 ライブでGO!GO!7188をコピー、数曲を歌う
2002.05.04 表参道FAB より子。ライブ きくちP観覧
2002.05.06 赤坂BLITZで市井紗耶香 in Cubic Crossのライブ きくちP観覧
2002.05.10 一部量販店で娘。の15thシングルが7月31日に発売されることが告知
2002.05.11-12 東京ビッグサイトでハロープロジェクトキッズオーディション1次審査
2002.05.15 ハロプロと高木ブーのコラボレーション企画が発表される(ハワイ企画)
2002.05中旬 飯田 ソニンと仲良くなる。和田組宣言
2002.05.25 ハロープロジェクトキッズオーディション2次審査
2002.05.27 『EE JUMPのラジオでいいじゃん』打ち切り
2002.05.30 青山劇場『モーニング・タウン』公演 初日
       劇場内でカントリー娘。チョコレート『いちご色の恋』販売
2002.06.01 フジ『めちゃイケ』エンディング曲がより子。の曲に
2002.06.02 フジ『天使の歌声〜小児病棟の奇跡〜』制作発表
       より子。自伝を松浦亜弥主演で実写化
       より子。、アルバム『Aizenaha』で7月下旬にインディーズデビューが決定
        アルバムには「Thanks to 福田明日香」
2002.06.06 高木ブーとのコラボの詳細が告知される
       娘。・ココナッツ・藤本・石井でメドレーを新録
2002.06.08  松浦 FACTORYオープニングアクト 本編出演のより子。と対談
      より子。の歌収録部分はドラマのエンディングで使われる
2002.06.09 ハロープロジェクトキッズオーディション3次審査
2002.06上旬 矢口 中澤卒業の大阪城のDVDを観て泣いた
2002.06.11 『モーニング・タウン』きくちP観覧
2002.06.13 ソニン ソロシングル『カレーライスの女』の8月21日発売が決定
2002.06.15 TBS『うたばん』『深夜の星』のスタッフ付でソニンが高知〜釜山間560kmマラソンに出発
      ユウキが通っていたキャバクラ「NOW」を経営していた新宿の「メディア」社が新宿署に摘発される
2002.06.17 『モーニング・タウン』きくちP観覧
2002.06.19 日テレの娘。新番組タイトル『ティンティンTOWN!』と7月5日スタートがリークされる
2002.06.22 赤坂BLITZで市井紗耶香 in Cubic Crossのライブ きくちP観覧
2002.06.23 『モーニング・タウン』最終日 きくちP観覧
2002.06.27 東京国税局が元ワイズビジョンの白岩久弥、ハイムーンの白岩直弥を東京地検特捜部に告発
      娘。新曲タイトルが発表 『Do It Now !』 発売日も7月24日に確定
2002.06.30 テレ東『ハロモニ』生放送特番でハロプロキッズ最終選考者15人が全員合格
2002.07.06 『Do it! Now』PV撮影 安倍、メンバー全員が帰ったあとの楽屋で一人でデジカム収録
       娘。の思い出、今の娘。への思い、これからの自分の夢をこっそり収録する(いまだに未発表)
      ソニンが韓国・釜山に到着
2002.07.07 お台場 studio DREAM MAKERで『Do it! Now』初披露
       「キダム」の記者発表
      平家みちよの松浦ツアー不参加が決定
      中澤新曲に続き、後藤ソロ、タンポポ・プッチのベスト盤の8月下旬リリースが告知される



で、この後、7月中により子。と姐さんがラジオで会ったり(和田さんも)、りんねにいろんなことが起こったりして、7月下旬のハロプロ大改編発表を迎えると。

Twitterをアンテナ・メモ代わりに使ってそのまとめや別件長文をここでやるのがいいような気がしてきた。まだ悩み中ながら。
ただどうも短文の洪水状態や情報の取り捨ての在り方に馴染めなさそうな気もしてる。


----

●The Rose

『風の娘たち』や『ワイン娘恋物語』で平家さんや尋美さんと共演したアップフロントの由香さん。
その後Ruca名義で歌手デビューをし、2003年には飯田さんらと地中海レーベルに参加。GIRL POP FACTORY 03でモーニング娘。や相田翔子さんとも同じステージに立った。

歌手活動当時からあまり情報発信がなく、ブログ等もやられていなかったので、人となりは掴むことは出来なかった。そんな由香さんだが、先日ちょっとしたきっかけがあって情報を追ってみたらYouTubeに『The Rose』を歌う姿がアップされていた。



ちょうど一年前の映像で、教会で歌い上げる姿に見入ってしまう。

この曲、平家さんがハロプロから辞める時、その卒業ライブで歌われた曲。
自分が今でももう一度見たいと思う当時のハロプロ屈指の名シーン。メロン記念日のメンバーも稲葉さんもみんな泣いていたSHIBUYA-AXのステージが思い起こされる。

そして先日発売された安倍さんの『光へ -Classical & Crossover-』にもこの曲は収録されていた。(歌詞は平原綾香『Jupiter』を作詞した吉元由美さんが担当)

偶然に過ぎないのだろうが1998〜1999年を経験したメンバーたちがこの曲を歌っていることに何か意味を感じた。メロディーも歌詞も人に強く訴えかけるこの曲を。





●コーヒー農園、1999年ハワイ

由香さんの情報を探すきっかけ。当サイト訪問者の検索ワードを見ていたら「east cloud」という検索があったこと。

east cloudとは1998年のスーパーテンションズ活動停止後にまこと氏とたいせー氏がボーカルに大西さちこさんを迎えて結成したバンド。

大西さんは深夜番組『ガレージ』で当時のアップフロント若手組と共演(モーニング娘。や太陽とシスコムーン等)。番組の企画ものとして発売した『THE GARAGE』というグループサウンズのカバーシングルでもモーニング娘。たちと一緒に歌を歌っていた。

ここからが記憶が曖昧でもし覚えている方がいたら教えてほしいのだが、

1、『ガレージ』は『太陽娘と海』『風の娘たち』から続く枠でやっていたか?
2、大西さちこさんやまこと氏、たいせー氏、7HOUSEでやっていたハワイを舞台にした深夜ドラマがあったと思うのだが、その詳細。

1に関しては時系列が『アイドルをさがせ』と記憶がごっちゃになっている。

2に関してはタイトルすら思い出せない状態で、『ガレージ』の後枠でやっていたか、ハワイロケがあったのか、ココナッツ娘は何か関係していたのか、そもそもほとんど見た記憶がないので、どうにもならない。ドラマ内でたいせー氏かまこと氏がコーヒー農園の園長をやっていたとかいないとか。

この辺が整理できると再度1999年の流れを考え直すことが出来るかもしれない。

安倍さんが久しぶりに出すアルバムがカバーアルバムということで。

久々の発売は朗報だし、音楽活動が動き出すのもとてもうれしいのだけど、どこか歯がゆさを感じるのは自分だけだろうか。昔の仲間がみんなで集まって久しぶりにやるのは大歓迎だけれども、これは「今」を感じないというかなんというか・・・

不安と葛藤を抱えていた17歳の頃のあの儚げな『ふるさと』と『せんこう花火』が今歌うとどうなるのかなあという楽しみはあるけれど。


あとは稲葉さんがライブとか!

https://twitter.com/piritcolor

大阪パフォーマンスドールのメンバーだった古谷文乃さんとユニット活動。
生バンドで昭和の名曲カバー中心の構成とのこと。

これは楽しみ。

大晦日に「Hello! Project COUNTDOWN PARTY 2013 GOOD BYE & HELLO!」のライブビューイングに行ってきた。

お目当ては平家さん、石黒さん、太陽とシスコムーン、メロン記念日という面々(もちろん旧娘。勢も)。シークレットで誰か来るかもしれないという淡い期待も抱いての参加。

「カウントダウン」ライブということで深夜の部を選んで入ったのだが・・・
一番観たかった平家さんが第1部にしか出ないという自分にとってはなんとも惜しまれる結果に。*1

話によると平家さんは娘さんの風邪がうつってしまってベストコンディションとはいかなかったようだがそれでも『GET』は聴きたかった。それから中澤さんと平家さんと太シスでやったというMCも。往年の中澤・平家・稲葉という名物トリオが並んで立っている姿を見たかった。


まあその惜しまれることは置いておき、ざっくりと感想を。


オープニングには堀内孝雄氏が登場。これは予想の範囲内なので軽く聞き流す。
それとメンバー紹介で渡瀬マキさん登場。ご本人がハロプロとアップフロントの区別がイマイチ出来てないところが笑えた。外から来た人にとっては確かに内輪だけでやっているアップフロントのライブ構造・事務所構成は分かりにくいかもしれない。

3曲目には松浦さんが『dearest』で登場。
歌っている姿を見るのはいつ以来だろう。たぶん7、8年ぶりかもしれない。
久しぶりに見た松浦さんのステージはデビューの頃にあった(おそらく指導されていた)変なクセが抜けとても聴きやすかった。ブランクも感じさせない歌いっぷりで、この日の演目の中ではトップクラスの出来栄え。結婚のことについてもさらりと触れ、あのアイドルサイボーグと言われた松浦亜弥とは別人の大人の落ち着きある女性がそこにいた。


5曲目にBitter&Sweetが登場。田あさひさんと長谷川萌美さんのユニット。
田崎さんは長崎出身の18歳。長谷川さんは新潟出身の19歳。

長谷川さんは今回が初ステージということで緊張も見え実力はまだこれから発揮といった感じ。田崎さんは後半に登場した時も含めステージにはある程度慣れている感じで、ライブを楽しんでいる様子が窺えた。
近年のアップフロントにはない雰囲気で谷村有美さんや森高千里さんが活躍していたGIRL POP全盛時の感じが漂っていた。*2 あえて言うならば今のところWinkと花*花と中間といったところか。アップフロント系では音楽的には久しぶりにアーティスティックな若手なので今後に期待したい。

6曲目に石川さんと三好さんの美勇伝『恋するエンジェルハート』。
久しぶりに見る石川さんはちょっとふっくらしていて自分でもMCでそのことをネタにしていた。
方や三好さんはハロプロメンバーだった頃より綺麗になられた感じで、正直ビジュアル的にはドンピシャだった(笑) 結婚報告もあって「あぁ幸せなんだろうなあ」という形容がピッタリ。
歌的にはまあ石川さんなので、はい(笑) さすがの石川さんといった感じで。


9曲目からはドリームモーニング娘。。*3
『LOVEマシーン』をやるのだったら石黒さんに入って欲しかった。ちょうど後ろのひな壇の真ん中に石黒さんがいたのでそのまま前に出てきてくれればと何度も思う。
彩っぺの「明るうぃ」を14年ぶりに聴きたかったのに。

それと『サマーナイトタウン』。まあハロプロ系のライブで長年思うことだが、なぜか真冬に真夏の歌。単独コンサートの中の一曲ならそれで構わないと思うのだが、なぜ一組数曲しかやらないのにその選曲になるのかは理解できず。せめて『抱いてHOLD ON ME!』じゃないのかなと思うのだが他の方はどう思っているのだろう。

『恋愛レボリューション21』では中澤さんはさすがのパフォーマンス。石黒さんもMCで言っていたが、中澤さんの衰え知らずさはすごい(ビジュアルも含め)。石黒さんは2014年の目標として体力的なパフォーマンスの向上を言っていたので、今年末にはみんなと一緒に踊る『LOVEマシーン』が見られるかもしれない。


14曲目に『たんぽぽ』。
15曲目に『モーニングコーヒー』。
どちらにも石黒さんが参加。

『たんぽぽ』は石黒・飯田・石川。
『モーニングコーヒー』は中澤・石黒・飯田・安倍という4人でのステージ。

『モーニングコーヒー』がここまでオリジナルに近い形で披露されるのは発売された1998年まで遡らないとないはず。
中澤さんと安倍さんはドリ娘の衣装で。石黒さんと飯田さんはタンポポの衣装でのお披露目。その光景に胸が熱くなる。
蘇る15年前の光景。あの白パーカーとチェックのスカートが思い出され、そしてもう一人の姿も期待してしまうがそれは儚い夢。でもお婆ちゃんになってもなんでもいいのであの頃の全員が揃って歌っている姿をいつかは見てみたい。
数年前は石黒さんの登場も考えられず、もう一人も公の音楽活動からは遠ざかっていたので、それを思えばグッと進んでいるとは思っているのだが・・・

『タンポポ』も中野の会場ではサイリウムのタンポポ畑が広がっていてそれも胸が熱くなった。飯田さんが描いたタンポポ畑に5人のステージの絵が実現する日もいつか来るのだろうか。


16曲目『BABY!恋にKNOCK OUT!』。
保田さん、吉澤さん、小川さんという構成。
後藤さんのサプライズ登場はあるかと期待していたが残念ながら今回はなし。来年の楽しみにとっておこう。

17曲目と18曲目にLoVendoЯ。
自分的には初見のユニット。
田中さんはもちろん知っているが他の3人のパフォーマンスになかなか惹かれるものがあった。ボーカルを担っていた岡田さんの声は立っているしギターの二人もいい雰囲気を出している。宮澤茉凜さんがパっと見で℃-uteの矢島さんに見えたときがあるのは自分だけだろうか(笑) 

正直に恐れず書けば田中さんの歌い方と声質はなかなか他の人と融合しにくいと思うので、いろんな意味でもったいないなと思ったかな。やっていることは面白いだけになんとなく歯がゆい。
それと、サポートで入っているベースの女性は上手かったなぁ。サポートというよりもベースの音が際立っていたのでバンド形式を今後もとるならば正規メンバーってかたちじゃダメなんだろうか。

20曲目には安倍さんが登場。
『晴れ雨のちスキ』と『愛しき人』を披露。
今年はソロデビューして10年経つので*4、ライブを増やしたいと言っていた。ぜひとも新曲と、それに見合った音楽活動と創作活動を期待しておこう。
今回のメンバーの誰かがMCでヒット曲が欲しいというようなことを言っていたが、安倍さんにもぜひともそういう曲が出現することを願う。安倍さんが『小さな頃から』に救われたように、安倍さんが多くの人に届けられる歌をぜひ。


22曲目にお待ちかねの太陽とシスコムーン。
『HEY!真昼の蜃気楼』と『ガタメキラ』。
さすがのパフォーマンス。何年経っても色あせず他を圧倒するステージ。
完全にこの日に合わせて仕上げてきたと思われる稲葉さんのキレッキレなダンス。
体操選手・田中理恵のコーチも務めていたという信田さんの豪快かつしなやかなダンス。
そして小湊さんの圧倒的な歌唱力。
年をとろうが結婚できなかろうが(笑)*5相変わらずかっこいい彼女たちがそこにいた。

26曲目にBuono! 『恋愛ライダー』。
個人的にBuono! の曲は好きで、特に『恋愛ライダー』は『ホントの自分』と合わせてハロプロキッズ出身者を見直すきっかけになった曲だったので気分が上がる。特にこの日の鈴木さんのパフォーマンスは素晴らしいなあと思った。

27曲目からメロン記念日。
こちらも太シスと同様素晴らしく盛り上がるステージ。
何年経っても変わらない息の合ったパフォーマンス。ライブ映えするメロン記念日はいまだ健在だった。大谷さんと柴田さんは音楽活動を続けているのでもちろんだが、地元新潟に帰ってラジオパーソナリティーをしている斎藤さんや、同じく地元仙台に帰った村田さんも変わらぬ姿と実力を見せられるのはすごいことだなと。メンバーも言っていたが永続的な活動ではなく、たまに集まって4人でやりたいというのはファンも同じくする思いだろう。


以降はアップフロント所属のアーティストがコラボするMUSIC FESTAのコーナーへ。
中島卓偉氏はさすがのパフォーマンス。これだけスキルがあっても売り出しをかけないところがさすがのアップフロント(笑)
ノリノリの田崎あさひさんもいい感じ。

谷村有美さんが出てきたのにはビックリしたが、その旦那さんであるアップルとマクドナルドで社長を務めた原田泳幸氏が出てきたことにはもっとビックリした。原田氏はドラムで参加したがちょっとリズムがどんどん速くなってしまって安定しなかったなーという印象。その後に実はドラムの実力は評価されているまことが叩いただけに、その差が目立ってしまったかなと。

渡瀬さんはさすがに声の力が強かった。声量とエッジの効いた声質は一時時代を築いただけのことはあると再確認させられた。アップフロントのミュージシャンたちとの連携という意味ではこれからだろうが、それは新年の課題ということで。


とりあえず雑感としてはこんなところで。
平家のみっちゃんを見られなかったのは残念だが多くの昔の仲間を見られたことに満足でございました。
そして新しい発見があったことも楽しゅうございました。

追々気付いたこと思い出したことがあったら書き足していきたいと思う。


--------------------------------------------
*1平家さんとの写真をはたけ氏がアップしている!https://www.facebook.com/photo.php?fbid=245072372324474
*2この日の会場のMCでも少し話に出ていたがモーニング娘。が作られる前のアップフロント系の事務所は古くは渡辺美里や白井貴子、その後も谷村有美や古内東子といった多くの女性ミュージシャンを輩出していた
*3まとめサイトでは8曲目が『LOVEマシーン』となっているようだが、自分のメモだと直前に松浦さんがもう一曲歌っているので9曲目では?
*4モーニング娘。を卒業してという意味かもしれない
*5MCで稲葉さんと信田さんがさんざんネタにしていた

ハロプロ大晦日イベントでメロン記念日&太シス復活

最近の更新で元ハロプロメンバーたちを追った回があったが、その時にメロン記念日と太シスのメンバーは情報を簡単に追えるのでまたの機会にと書いた。

なんの偶然か分からないが、ちょうどその二組の復活情報が入ってきた。

再集合は喜ばしい。そして彼女たちの関係ならばいつ集まっても以前と同じようなグループの香りを漂わすことが出来るだろう。


しかしあえて言うならばこの再集合が「ハロプロ」のライブだということが引っかかる。何故今さら「ハロプロ」の枠でやらなくてはいけないのか。

ハロプロには現在のハロプロがあり、そして現在のハロプロのファンがいる。そして解散した太シスとメロン記念日にはそれぞれのファンがいる。ファン層が被らないとは言わないが、同じライブに出演するメリットはそれぞれのファンにあるのだろうか?

私個人としては太シス・メロン記念日と現在のハロプロの間には線引がされており、同じライブで見たいとは思わない。出来れば違う機会に楽しみたい。

ライブにはファンが作りだす雰囲気もあると思う。メロン記念日はある意味ハロプロにおいては特殊だったし、太シスにしてもいわゆるアイドルとは一線を画すと思うので、なんとなく現在のハロプロという括りでライブをやることに違和感を感じるのだ。


まあ思えばこういうことをやるのは彼女たちが所属する(していた)アップフロントのお家芸でもあるのだが・・・

一番記憶に残っていることでいえば、市井さんの2001年復帰ライブの時に何故か堀内孝雄氏が出てきて歌ったこと。それからハロプロのクリスマスソングに堀内孝雄氏と五木ひろし氏が参加したこと。もっと古くで言えば森高千里さんやKAN氏、スターダストレビュー、Something ELseらの合同ライブなどもある。というかアップフロント所属タレントたちの共演の話題には事欠かない。つい先日のFNS歌謡祭でも森高さんとKAN氏が共演していた。

アップフロントはどういうわけか昔から同じ事務所同士の内部的な共演しかやりたがらず、それは事務所内の結束の強さやタレントの保護という意味ではいい結果を生んでいたのかもしれないが、逆にそれがファンからすれば音楽的な狭さを生み歯がゆさを感じる部分でもあった。

現在でもなるたけ楽曲制作、音楽活動は内部で済まそうという考えは一貫しているように見え、それは利益性の確保には繋がっているかもしれないが、より多様性を求めらる現在では消費者のニーズに応えられているのかという疑問は残る。

はるか以前に松浦亜弥さんがはるな愛さんと共演したことがあったが、それもきっかけは外部からの働きかけで実現したに過ぎなかった。また安倍さんが2002年にハロプロ・アップフロントとはまったく毛色の違うブルーハーツを歌ったことも外部からの働きかけによるものだった。

ファンが楽しめる、ファンの意外性を突く共演・演出というのはなかなかあそこの事務所はしてくれない。

こうしたモーニング娘。が始まる前から続くアップフロントの内部共演の仕組みは私は好きではない。所属する個人個人それぞれのグループは思い入れの強さの違いこそあれみんな好きなので、もっと違うことをやってほしいなという思いがある。

メロン記念日だったらそれこそミドリの元メンバーたちへ共演を打診したっていいんだし、太シスだって小湊さんの弟さんやLinked Horizonを呼んだっていいと思うし、もっと彼女たちの現在に寄りそう形で何か作れるのではないのだろうか。

出演者リストにモーニング娘。OGやHello!Project OGの名前もあるが、それは彼女たちも然りで、2013年の「ハロプロ」のライブに安倍さんや保田さんが集合して『LOVEマシーン』を歌う・・・ それはなんか違うんじゃないのかなと自分なんかは思ってしまうのだ。

現在のハロプロファン(10年前のハロプロとは被ってないファン)からしたらどう見えるんだろう。自分が10年前に堀内孝雄氏を見たような感じにならないんだろうか? あるいは「あの人は今」的な番組出てくる歌手を見るような感覚にはならないんだろうか?

このニュースを見てなんとなくのどの奥に魚の骨がささったような感じを覚えてしまうのであった。


それこそ「OBたちの仲間」的な括りにして真矢や米良さん篠原ともえ、ビビアンとか呼んで、さらにその仲間で繋がっていけば盛大なものが出来ると思うのだが、まあそれは採算性の問題もあるし、現実的ではないわな・・・

OBという括りにしてもこの前書いたダニエルやミカ、末永真己さん、石井里佳さんとか出てきたらびっくりするのだが。なんとなくアンタッチャブルになっている平家さんとかも。

新田神社で何人か集まって年越しライブやってくれたら、それこそ人生投げうって駆け付けますが、なにか(笑)

先日はASAYAN出身者の近況を調べてみたが、今回はかつてハロープロジェクトに関わっていたメンバーたちを幾人か見てみようと思う。
とはいっても自分は何年も情報を追っていなかった方が何人もいる。ずっと情報を追っていた方からすれば歯がゆい部分もあるかもしれないが、そこは勘弁していただきたい。もし至らない点があればご教授のほどを。


ここの再開初日に旧メンバー勢、すなわちモーニング娘。の1期2期、太陽とシスコムーン、平家さん、そしてカントリー娘。のりんねのことについてはちょっと触れたので今回はあえてスルーさせていただく。彼女たちについてはいずれまた書く機会があるだろうし、情報も定期的に追っているのでそんなに切羽詰まって書くほどではない。
なので今回はそれ以外の方たちを追っていこうと思う。

先に書いてしまうが、なんといっても元ココナッツ娘。のミカが印象的だった。カッコいいの一言に尽きる。今の彼女をぜひ日本で見てみたいと思った。当時からは飛躍的な音楽的成長を見せてくれている。



ココナッツ娘。(1999年〜2008年)

木村アヤカ
2008年4月30日までココナッツ娘。として活動。翌日から事務所もトライストーン・エンタテイメント*1に移籍し芸名も長手絢香に変更した。2008年7月にプロゴルファーの谷原秀人と結婚、2011年8月に第1子を出産。

ミカ・タレッサ・トッド
2004年5月2日までココナッツ娘。として活動。その後父親と音楽活動を共にし、現在はロサンゼルスに拠点を置いて活動。ミニモニで踊っていた頃からすればピアノやギターを弾き熱唱している現在の姿は想像を超える。*2





ダニエル・デラウニー
2001年5月までココナッツ娘。として活動。
2006年から2007年頃にはバンド「デルニ(Delaunay)」を結成しロンドンで活動している姿が確認できた。
2008年まではこちらで彼女の声を聴くことができる。
2011年にはこの映像に出演している。



レファ
2000年1月〜2002年2月までココナッツ娘。として活動。帰国後2003年にミス・ハワイに出場し賞を受賞。同年結婚。翌年に第1子を出産。2008年にミセス・ハワイに選ばれる。



三佳千夏(1999年5月〜2000年9月)
「モーニング娘。&平家みちよ妹分オーディション」の第1回グランプリを獲得し同年8月デビュー。翌年9月ハロプロを離脱、真田カオル事務所に移籍
2004年に芸名を谷ルミコに改名し再デビュー。2006年に結婚。現在も韓国のテレビ等で活動中。



シェキドル(2000年7月〜2002年1月)事務所はグリーンパーク・ミュージック。*3

北上アミ
「第4回モーニング娘。&平家みちよ妹分オーディション」から選ばれた結成メンバーの一人(同オーディション合格者は松浦亜弥)。グループ解散まで在籍。
解散後は事務所をオフィスジュニアに移籍し本名名義でBSフジの『まもなくHEY!HEY!HEY!』等に出演していたがその後は不明。

大木衣吹
「第4回モーニング娘。&平家みちよ妹分オーディション」から選ばれた結成メンバーの一人。2001年8月5日脱退。脱退後はソロシンガーEVEkiとして活動したが詳細は不明。

末永真己
2001年3月に加入。2002年1月に体調不良により脱退。
2005年から翌年にかけて末永真路名義でヴォーカル&ダンス・ユニットSister Qの楽曲の作詞を手掛ける。
2006年から島崎貴光*4にプロデュースを受け「凛」として活動。2009年から末永茉己名義で再び作詞家活動を開始。主にアニメソングを手掛ける。2011年にはメジャーデビューを果たした。またAKB48の『フライングゲット』等の仮歌段階での歌入れなども仕事としている。

荒井紗紀
2001年8月大木衣吹と入れ替わりに加入。2002年解散後は音楽活動の傍ら、競艇の女流舟券師としても活動。2009年にサッカーJリーグ浦和レッズの堀之内聖と結婚。



菊池亜衣(2000年〜2004年12月)
アップフロントミュージックスクールの第1期卒業生でモーニング娘。やハロープロジェクトのライブ会場前でイベントなどを行っていた。映画『ピンチランナー』の中の実際に走る駅伝大会で体調不良のりんねに代わって出場した。2004年12月に引退。その後結婚、出産とのこと。



石井リカ(2001年〜2002年)
2000年10月に奥井香プロデュースでデビュー。フジテレビ『HEY!HEY!HEY!』等にも出演した。2001年10月アップフロントエージェンシーに移籍。「うたのおねえさん」として活動した。2002年12月でハロプロを離脱。
2003年から「石井里佳」名義でライブを中心に音楽活動を始め現在に至る。2013年現在もライブを定期的に行い、アルバムもリリースしている。ジーデスレコード所属。



三好絵梨香(2004年〜2009年)
テレビ東京『ASAYAN』のモーニング娘。追加オーディション(矢口・保田・市井が合格)、日韓ウルトラアイドルデュオオーディションに参加したが落選。
2003年の「ハロー!プロジェクト 新ユニットオーディション」に合格し翌年石川梨華・岡田唯とユニット「美勇伝」を結成しデビュー。2008年6月に美勇伝活動終了。2009年3月にハロープロジェクトを卒業した。
2012年にアップフロントエージェンシー札幌支社に異動。2013年4月に結婚。



岡田唯(2004年〜2009年)
2004年「ハロプロ エッグ オーディション2004」に合格し、同年「美勇伝」としてデビュー。2008年6月に美勇伝活動終了。2009年3月にハロープロジェクトを卒業し、アップフロント関西に移籍。2010年6月に芸能活動終了。
2013年ブログを開始。近況を確認できる。



中山菜々(2006年〜2009年)
2005年「ハロプロ関西オーディション2005」に合格しハロプロ関西に所属。2008年に
SI☆NA結成に参加、イベントやライブを多数こなす。2009年7月に卒業。
2010年『NMB48オープニングメンバーオーディション』に合格。山田菜々名義に改名し1期生として活動。現在に至るまでNMB48の中心メンバーの一人である。*5


----------------------------------------------------------

*1トライストーン・エンタテイメント  小栗旬・田中圭・若村麻由美らが所属。元アイドリングの小泉瑠美(現在は長谷川ルミ)、元dreamの山本紗也加といった元アイドルも移籍している。最近では歌手のmiwaがスマッシュヒットを飛ばした。

*2ミカはこの頃から上手かったが、あれだけ美人さんになって大人の雰囲気も出ると印象はガラッと変わる。


*3シェキドルについての当ブログの記述はこちら。細かい説明はそちらでどうぞ。

*4島崎貴光 作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー。玉置成実やw-inds.、中ノ森BAND等に楽曲提供を行った他、最近ではSKE48『青空片想い』、AKB48『嵐の夜には』・『夜風の仕業』(柏木由紀ソロ曲)の楽曲も手掛けている。

*5ハロプロ関係のオーディションを受けていたAKBグループのメンバーは他にも梅田彩佳、柏木由紀、佐藤すみれ、田島芽瑠らがいる。





 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



メロン記念日、前田有紀さんについては載せるか迷ったが、それなりに簡単に情報を拾えるので今回は見合わせた。それでも2013年6月8日に中澤・安倍・保田・石川・藤本、稲葉、アヤカ、村田・斎藤・大谷・柴田、里田、前田でプライベートで集まっていたことは面子からいっても感慨深く心に留めておきたい。安倍さんもこういう場にどんどん出てくるようになったものだ(しみじみ)。

上記のメンバー以外にもメンバーのブログを追っていくと過去からのいろいろな繋がりが見られて思い出深い。個人的にドリームモーニング娘。の活動には興味が持てなかったが、こういうプライベートな繋がりから来る再集合だったらどんどん見たい。

繋がりで思い出したが元℃-uteの有原栞菜のブログに元アイドリング1号の加藤沙耶香がたくさん出てきて驚いた。けっこう年齢も離れているのだが、こういう繋がりがあるから面白いなあと思ったり。

元シェキドルの荒井さんが元浦和レッズの堀之内選手と結婚していたが、保田さんの友達(たしかモデルさん)も浦和の坪井選手と結婚していたはず。鈴木啓太選手と結婚した畑野さんもたしか圭ちゃんと知り合いだったような気がする。まあ偶然に過ぎないのだろうけど、こういうところにどこにでも顔を出せそうな保田さんの存在感はすごい(笑)

中山菜々、現在の山田菜々さんについては本来ここに取り上げるくくりではないのかもしれないが、近年活躍ぶりが目覚ましいので記載した。個人的にもあの独特な声質と話し方は好みだし、気になる存在。

他にも取り上げたいことはいくつかあるけど長くなりそうなので今回は終了。とにかく今回はミカ!とういうことで。

ロケ地の整理をしていたら結構ショックな情報もいろいろあって。
やっぱり時間が経つってのはそういうことなんだなと、しみじみと思う。

姐さんが『モー。たいへんでした』の卒業企画で手伝ったラーメン屋嬉楽が札幌に移転した後閉店していたり、『ふるさと』PVのロケ舞台となった西美小学校、その近くでBS100%モーニング娘。で小川・高橋コンビが訪れていた美田小学校が閉校していたりと10年前のロケ地はどんどん失われている。
ナギサンドを作ったロケ地のGODDESSも立派なビルに建て替えられたしねえ。

記憶の中にだけ残っていくのは不安でもあり、またそれが人の営みでもあり・・・


----


で、ロケ地の件。

Googleマップにマイマップというのがありまして、そこにボチボチと打ちこんでおります。というか登録は2年前にしておいて、ホントにゆっくりとしたペースで作業しています(汗)

http://maps.google.com/maps/ms?ie=UTF&msa=0&msid=106432345190526584360.000449776ef717ee80407

Googleのアカウントを取ってログインすれば誰でも編集できるように設定しておきましたので、どなたか情報を補完&共有していただける方がいましたら協力していただけないでしょうか。
年表同様に長いスパンで作業することを覚悟していますので、シャカリキになって登録していただかなくてもけっこうですので。1年に1件、そんな感じでもけっこうです。

ちなみに、年表作業は自分も止まってしまっていますが(汗)、忘れているわけではありませんよ。

マップは直接編集していただいてもけっこうですし、このブログのコメント欄やメールで連絡していただいてから編集というかたちでもけっこうです。ロケ地に強い方、興味のある方、ぜひとも参加お願いします。一緒に記憶の薄れと記録の喪失との戦い?を挑んでみませんか(笑

これに付随して一点。
『ふるさと』のロケ地を入力していたんですが、留辺蘂神社の位置と矢口親子のロケした場所が、地図を見ても思い出せません。なにぶん訪れたのは9年くらい前なんで(当時は「親子の木」の前の道路も舗装されていませんでした)記憶が霞んでいます。そこだけでもいいので、入力できる方がいらっしゃいましたらお願いしますor教えてください。

このページのトップヘ