Submarine Dog

カテゴリ: 妄言録


ここ数回でいくつか映像を取り上げてきて感じることは、アイドル戦国時代と言われて数年が経ち、売り方の多様化もさることながら、やはり実力の方も洗練されつつあるのかなということ。

アイドルの実力(ダンスや歌唱力)はここ10年で着実に底上げされている。
もちろんデビュー直後の青臭さだったり育成に問題を抱えているところはある。しかし10年前にはこれだけ踊れるグループが数多いる状況は考えられなかったし、歌唱力という面でも所謂「歌ウマ」というレベルの子たちは相当数に増えた。

これがもうちょっと遡ったモーニング娘。のデビューである1990年代後半だと、歌って踊れるグループといえば沖縄アクターズスクールのSUPER MONKEY'SやSPEEDくらいしかいなかった。
彼女たちがアイドル界をリードしていたことは間違いないのだが、それらに憧れて歌手を目指していたのが『ASAYAN』のオーディションを受けていた女の子たちだった。


思えば『ASAYAN』出身のSay a Little Prayerにしてもモーニング娘。にしても最初はダンスはひどいものだった。Say a Little Prayerの大櫛さんなどはオーディションを受けに来ていたわけでもなく、ただスタジオに観覧に来ていたところを声をかけられて参加しただけあって、それはそれは歌もひどいものだった(その後かなり改善しました@念のため)。

当時のモーニング娘。はその成長過程を追うところに楽しさがあって「完成された形」を売りにしていたわけではない。しかし逆にそれがSUPER MONKEY'SやSPEEDの完成されたスタイルとは違いその親しみやすさから支持を得ていったのだと思う。当時の『サマーナイトタウン』や『抱いてHOLD ON ME!』をカラオケで支持していたのはOLたちだったことを覚えていらっしゃる方もいるだろう。

その後BusyやBOYSTYLEといったAMUSE勢やアイドルからバンドを目指したZONEなどが本格志向で一定のポジションを築いたが、時代はまだ彼女たちの登場を受け入れるところまではいっていなかった。

まだまだその後もハロプロの成長型のアプローチが受け入れられる時代が続き、その初期のスタッフたちが新たに携わったAKB48の成功もその流れにのったものだと言えるだろう。

そういう素人参加型という流れがずっと続いて膨らんだ結果が今のアイドル戦国時代というアイドル飽和状態だと思う。

そんな中、ここ最近アクターズスクール出身の子たちが表に出てきている状況は、そんなここ10年あまりの状況とは一線を画すものではないだろうか。売れるためには基本的なところに帰って、実力を磨き、まともなプロモーションをし、良質のコンテンツを提供する。そういうところに行きついた感じがしている。

思えば昔、本業そっちのけで客に媚びるような形でのライブパフォーマンスを見てからとあるグループに急速に興味を失ったことがあるのだが、そういう形での人気獲得ではなく、純粋にありのままの形で勝負できそうなところが増えてきたことはとてもいい状態だと思う。


また、最近のアイドルの中に相当な実力者が現れているということ。これは女性シンガー、いわゆるガールポップの不振にも原因があると思う。
CD不況の音楽業界で女性ソロシンガーがシングル曲でヒットを飛ばすことはもはや奇跡に近い。

同じシングルで3パターン、4パターンも出して枚数を稼ぐアイドル手法を取るわけにもいかず(客層がそういったものを求めていない)、また最近の楽曲の手詰まり感・歌詞の簡略化も相まって、女性ソロシンガーというジャンルへの期待感そのものが減少してしまっているのではないだろうか。

そういう面から、本来なら女性ソロシンガー(ガールポップ)を目指している子たちが、アイドルというアプローチで芸能界に入ってきているように感じる。
これがちょっと前にも書いた昨今のアイドルとガールポップ、アイドルとバンドの境界線の曖昧さに繋がっているのではないだろうか。

10年ほど前に雑誌『GIRL POP』が休刊になった頃のような感覚とは確実に違う。あの頃はアイドルと所謂GIRL POPには確実に壁があったが、今はもう違う。それを意識していたらGIRL POPは成り立たなくなりつつある。

この先はアイドルというカテゴリーのままアーティスティックに移行していくグループ、また多人数グループに所属しながら卒業を前提としないソロ歌手活動を活発にする人、そのようなパターンが増えていくのかもしれない。

考えてみればSUPER MONKEY'SやSPEEDのパターンに戻っていくということなのだろうか・・・

つんく♂、1月22日にモー娘。の“大きなチャレンジ”発表

現在のこのブログでは扱う内容ではないのかもしれないが少しだけ。

この手のつんく氏の発表は過去を振り返ってみても大概がたいした内容ではなかったので、こういうニュースを聞いてもさして興味を引かれることはない。

ただこういう発表の時ハロプロだけを見ていると解からないことがありまくりなので、解決策としてはこの手のニュースの時はアップフロント全体の動きを見ておいた方がいいと思う。

以下、気になることの羅列。

・2013年末の紅白歌合戦で五木ひろし氏の演目でAKB48グループ全員が応援についたこと

・安倍さん優木さん、二人でのハワイ紹介番組

・今晩(22:00〜)から田中義剛氏の花畑牧場の紹介番組(ソロモン流)

・『めちゃイケ』でのモーニング娘。企画の過去VTR使用と現在のモーニング娘。の出演

・『堂本兄弟』への安倍さんの7年ぶりの出演

・元アップルコンピュータ社長で昨年日本マクドナルドの社長を退任した原田泳幸氏(アップフロント所属の谷村有美さんの旦那さん)が年末のアップフロントカウントダウンライブに出演したこと


これらで何が解かるという話でもないが、全体としては営業を強めているなという印象は残る。それと一昨年のグループ再編後の動きが活性化する頃だろうなという憶測もある。

例えば2001年のグループ再編時には翌年のハロマゲドン等があったりした。あの時はバブルに浮かれていたという感じだったが今回は緊張感のある中での再編だと思うので、意外と効率的な手が打たれるような気がする。

東京・北海道・ハワイという昔からの三拠点攻めも再びやるのかなあという気もする。

つんく氏はプロデューサーといってもバックには豊富な資金力と人脈を抱えたオーナーがいるので、そちらを見ないとコトが見えてこないから難しい。

会長も今年で65歳、そして五木氏が今年で芸能活動50周年、その辺の事情も鑑み、ちょっと動きが多そうな一年になりそうだ。

ああ、22日の発表? それは解かりません(笑) auの発表会だから携帯使って人気投票でもするんでしょうかね? 微妙に48グループに対しての距離感を変えているとは思うけども。

あと2日。
何もないのか、それとも。

怖くもあり、嬉しくもあり、楽しくもあり、
唯一怒りの感情だけはなく、その日を待ってみる。

なんのこっちゃって話だろうけど、
妄想だけで、それ以上書けないことなんていっぱいあるのさ(笑

その日になってみて、もしそうだったら書きます。
違ったら忘れてください(汗

----

なっちと矢口がアイスランドを訪れた番組が日曜に再放送されていたので、マップにロケ地を入れてみた。
海外でも太シスのメンバーたちがオーディションで住んでいたサンフランシスコや、なっちのニューヨーク修行とか見直せば場所が分かったりするかもしれないなと考えたり。

画面の前で寝落ちしそうなので、また。

ついにAKB48がオリコンウィークリーチャート1位を獲得。
2週目も健闘中とか。

正直今回の『RIVER』という曲はあまりピンとこない曲なのだが、それでも売上20万枚を超えようかという勢いには素直に感心する。
と同時にカップリングに収められていた『ひこうき雲』やチームAの公演で歌われていた『長い光』がタイトル曲だったらもっといけたんじゃないかと思うと少しもったいない気も。

『10年桜』以降はシングル曲選定をかなり疑問に思うものの、それでも上昇気流に乗っていて、これが<勢い>なのだなと改めて納得。でも『ひこうき雲』はもったいないと繰り返し思う(笑 将来的に『21世紀』みたいな記憶に残る名曲になるかもしれない

思えば『RIVER』の発売からちょうど1年遡れば『大声ダイヤモンド』のリリース時期。歴史は繰り返すのだなあと思い至る。まるで『抱いてHOLD ON ME!』と『LOVEマシーン』の関係のようだ。


…1年前といえばウチの記事でこんなことを書いた。

 ・潮目

これを書いてから1年ちょっと。
『ロマンス、イラネ』で新たな鼓動を感じてから2年近く。

あまりここには書かなかったけど(1998年頃にモーニング娘。を馬鹿にしていた一部のSPEEDファンのようなのがやはり現れたため)、その間にあった彼女たちの奮闘記録は確かに面白かった。

それは劇場に足を運んだことのない自分でも分かるくらいに情報提供されていて、何かと批判の多いAKBの運営も、そういうグループの物語性はけっこう上手く提供していたと思う。

訳のわからなかった最近のチーム再編成にしても、この前やった再編成前のチーム対抗での運動会で、話としては受け入れやすくなった。曲がりなりにもメンバーとファンとの間に最後の思い出作りが出来ていた。

 ・大島優子ブログ
 ・大堀恵ブログ

運営サイドの一方的な都合でバッサリとそれまでのチームとファンとの絆を切る選択肢もあったはず。しかし少なくともそれは得策ではないと判断したようで、それはどこぞの失敗を繰り返さなくて良かった。

とりわけチームの結束力が強くて体育会系と言われていたチームKが運動会で優勝したことは、数年して振り返ったときにこの時の思い出として強く残ることになる気がする。それは惜しくも敗れたチームAとチームBの思い出と共に。



…実際のところはね、オリコンチャートとか握手会とか運営サイドとかどうでもいいんです。「どうでもいい」は言いすぎかもしれないけど、それなりに満足できるコンテンツが提供されている限り消費者サイドは細かくは考えないから。

オリコン1位はめでたいけどね、消費者の顔見て他の1位も(カラオケチャートとか年代別支持率とか)目指していってほしいなと思う。それが後に繋がっていくから。(あのコ風に話を閉めてみた(笑)

ネタはあるにはあるものの、どうもビシッと自分の考えが固まらなくて間延び中。根本的なところでもうUFに振り回されるのはやめようという意思があるので、コトを見極めてからというか、自分に即応性に欠ける部分は感じている。


●ブログ

UFタレント・ハローOGの皆さんの大部分がブログをやるようになって、だいたい一段落ついたかなと思う。

毎日皆さんその日の仕事のことを書いたり、食べたものを書いたり、メンバーと会った話を書いたり、それはそれですごく楽しそうで良い。

ただ、自分が思っていたものとはちょっと違っていたかなと感じている。これは自分が思っていただけなので、1ミリもあちらに責任はないのだが、なんか違うなと。

例えばもっと自分の芸能活動のこと。
自分がどんな歌を歌いたいだとか
どんな仕事をやってみたいだとか
あるいは
どんな人に憧れていただとか
どんな歌を好きだったとか
自分の芸能活動の礎となる話を少し聞かせて欲しい。

例えば出かけたら。
そこで感じたこと思ったことをもっと具体的に聞かせてほしい。
「誰それと会いました」
「ごはん食べました」
「かわいい」
「おもしろい」
これでは子供の頃に書いた作文とあまり変わらない。
義務や押し付けでやっているのではないのだから、もう少しなんとかならないものか。

ただ、ほとんどの芸能人のブログが似たようなものだということは承知している。それがスタンダードな利用の仕方だと言われれば仕方ないが、もう少し有効利用してもいいんじゃないだろうか?

少なくとも、直接的に自分の意見を発信できるということ、リアルタイムで更新出来るということ、望めばコミュニケーションツールにもなるということ…メリットだけではないがブログの利用の仕方次第で読み手との距離をかなり調節できると思う。距離は無理して縮めなくてもいいけど、その距離感は意識していてほしい。

もうこれはまったくの個人的意見で。
自分のことを棚に上げてるのも重々承知の上で。



こんなことを書きつつカオリブログから。

カオリ、海へ

「実はわたしは昔に溺れて以来泳げないのですが」
の一文が気になる。

これは『真夏の光線』のPV撮影時のことかなと?

『真夏の光線』のPV撮影というとカオリが熱射病で倒れたことで有名。
このPVは1999年4月の終わり頃(明日香卒業直後)にグアムで撮られたもので、カオリが溺れたのは撮影最終日の打ち上げでのこと。

スタッフたちも含め全員でプールサイドで大騒ぎ。
お互いにプールに落としあったり、飛び込んだりしている最中、カオリはプールの深くなっている所に気付かずに行ってしまい溺れそうになった。
これを確か和田さんが飛び込んで助けたはずで、本当は和田さんのことをプールに突き落とすつもりでいた他のメンバーの計画が台無しになってしまった。
こんなエピソード。

カオリが溺れたというとこの時のことしか記憶にないけど、カオリってこの時から泳げないのか…?

直江兼続の大河ドラマを見ていたら時代考証があまりにもいい加減でガックリ。秀吉の天下統一頃と今回の舞台だった永禄の時代とでは生活様式も文化も倫理感もかなり違うんだけどなあ… 現代でも30年遡ればかなり世相が違うということは分かるのだから、大河ドラマも一生を描くのならば服装や言葉使い、髪型までこだわって描いてほしい。


○今さらどうでもいい話

リゾナントブルーのタイトルの元ネタって
http://www.resonance.ne.jp/index.html
だよね?

UFGのコットンクラブが経営しているレゾナンスとブルー系の名前がついたお店。UFは過去にもこういった名前の使い回しをやっているから可能性はけっこうあるのではないかと。曲名はPが付けたのか会長が付けたのか分からないけどね(笑 個人的にはおそらく後者だろうと思う。


同じくUFGの広尾 京寿々。
http://r.gnavi.co.jp/a546300/menu3.htm

さっそくホエー豚がここに卸されている模様。
十勝に行かずして味わえるようです。

ハーモニーの松井さんがバイトしてたのはこの店だっけ?


名前流用の一例。
UFGのスポーツ系の事業。
http://www.s-pacific-heaven.com/golf/top/index.html
パシフィックヘブンねぇ…


○今日は猛烈に眠い…
こんな更新であしからず。

【想ひ出写真館】第21回 安倍なつみ〜ハロプロ卒業、本当の旅立ち…

1枚目の横浜アリーナの写真がなんともまあ懐かしい。
中学1年の明日香がまったくそれっぽく見えないけど、そりゃあこの髪で学校行ったら先輩から呼び出されることもあるわな(笑 明日香も(金髪にした)頼子もいい根性してますな。

たくさんの思いが詰まった写真でもあるので、ハロプロ卒業の話が出ているこの時に出されると弱いなあ…


横浜アリーナにまつわる話を書き起こそうかと思ったけど、昔の日記にリンクを張って済ましてしまう(汗 今となっては恥ずかしいことを書いている部分もあるけど、まあ若気の至りってことで(笑 今みたいにしつこくエクスキューズを打つ必要がなかったからストレートな表現も多いなぁ…

2003年11月20日(紗耶香の引退に寄せて)

2004年1月27日(なっちの卒業に寄せて)

改めて自分の中での気持ちの区切りを確認できた気がする。
それと紗耶香の引退は何やかやと言われ決して好意的には受け止められていないけど、あれから5年…もうイヤなことは忘れて一緒に想い出を共有してもいいんじゃないか、そんなことも思った。


○過去の日記を見ていたらすっかり忘れていたリークの話が出てきた。

2004年1月16日

  114 名前:文責・名無しさん◆Kywq73TyD 投稿日:03/07/31 16:56 ID:G4BhT1K3
    この前、電○に勤めてる同級生と飲んだんだけど、モー娘の安倍の卒業って
    結構安倍本人の意向が強かったらしいよ、ホントは事務所は先に加護を
    ソロにさせて、安倍はモー娘の顔で残して置きたかったらしいんだけど。
    で、この次は予定通り加護で、このことはもうすぐメンバーには言うみたい。
    ただ本人はソロには難色を示してるみたいだけど、女性アイドルの売り時
    は難しいからね、もう遅いんじゃないかとも思うけど。



当時の文章を読み返してみたけど、これは書いておいて良かったなあと思う(04年1月11、12日あたり)。今考えてみてもあの時期に加護をモーニング娘。から卒業させたそのことが今に至る原因の一端だと思う。
依存体質というか、何かしらの拠り所が彼女には必要だったと思うわけで(後藤さん卒業時の引っ付き方やなっち卒業時の「納豆焼きそば」の話、その後のタバコや年上男性との関係等)、共に過ごす年上メンバーを失っていった結果、それが今の状況を生んでいるんじゃないのかなと…

今となっては何もかも起こってしまった後で結果論だが、仮に上記のリークを信じるとして現実の年表に当てはめてみるとけっこう納得のいくことが多いことも確かで、今後の検証材料にはなるかなと思う。一回この頃の情報も整理し直してみないとダメだなぁ…

このページのトップヘ