Submarine Dog

カテゴリ: 安倍なつみ

今回はここ最近の芸能ニュースから少し。
一つのテーマとしてはまとめにくかったので箇条モードで。



●アップフロント関係所属事務所あれやこれ

和田さんのハーモニープロモーションからは松井絵里奈さんが先月11月30日をもって退社、芸能活動休止(ブログでの最後の写真*1)。新たに桝田沙也香さん(業務提携)、滝沢結貴さんが加入。桝田さんは将来のアナウンサー候補か!?


アップフロント(以下UF)系はグループ内で大幅に入れ替わっているようだが、もはやずっと情報を追っているわけではないのでその意図は不明。妄想までにも至らず。

大まかな振り分けとしてはUFプロモーション(旧エージェンシー)は現役アイドル組。
UFクリエイト(10年以上前のベータプロモーションの流れか?)は大御所・ベテラン組。
J.P ROOMも(10年以上前のクーリープロモーションを引き継いだ形か?)大御所・ベテラン組。
UFクリエイトとJ.P ROOMのタレントの振り分け方の意図がよく分からないが、これについてはまた改めて検討してみたい。

UFの事務所の変遷については推定部分も多いが過去に書いた記事を参考までに(→こちら

今年の異動のビッグネームとしては渡瀬マキさんの名前がUFクリエイトに見えること。今年の10月からの所属らしいがUFとの関係性としては、まず森高千里さんとの親交が深いこと。渡瀬さんの名を一躍世に知らしめたバンド・リンドバーグの元ドラムス・小柳"cherry"昌法氏がUF所属のアーティスト兼モデルのMAIMINGとバンド・GaGaalinGを組んでいたことなどが挙げられる。

リンドバーグ・GaGaalinGをプロデュースしていた月光恵亮氏は過去にシャ乱Qや中島卓偉も手掛けているのでこの辺の横の繋がりはけっこうあるのかなと。月光恵亮氏はHANGRY&ANGRYの曲も作っているし。



年越しハロプロ祭に松浦亜弥、平家みちよ、元娘。ら大集合

前回の更新でこのイベントのことについて触れたが、なんとまさかの平家のみっちゃんの登場。約一年ぶりのサイトの更新もあり、彼女の「歌いたい」と「昔の仲間に会いたい」という言葉がなんともうれしかったりする。

逆に懸念していた堀内氏の登場や上記の渡瀬さんや中島卓偉氏の参加もあり、やはりUFはどこまでいってもUFだなと思う。

石黒さんの正式クレジットもとてもうれしく、中澤さんから並ぶかつての序列が懐かしい。飯田さんと保田さんの間にもう一人入っていたらとも思うし、太陽とシスコムーンとメロン記念日の間にもう一つか二つグループが入っていてほしい*2とも思うが、そこまで望んでは贅沢というものだろう。

またライブタイトルがGOOD BYE & HELLO!となっているが、これまたつい最近話題にしたドラマ『ラストプレゼント』の主題歌がまったく同じ題であり*3、安倍さんと石川さんがデュエットをやるかなと少し期待してみる。

こういう機会に市井さんや矢口や加護さんも出てきても自分はいいと思うのだが世間的にはどうなんだろう? 後藤さんは出てきそうな気もするので、初代プッチモニとかあってもいい気がするのだが。



アイドリング!!!遠藤舞が卒業発表

まだまだいてほしい、いなくてはと思っていた遠藤さんがついに卒業発表。音楽的な面でグループの中心だった彼女が卒業することで、果たしてグループはどうなっていくのだろうか。

遠藤さんといえば絶対音感を持ち、楽器も複数こなし、歌唱力についても音楽関係の業界人からの評価が高かったりなど音楽的才能をこれまで認められてきた。逆に自分自身でも認めているように笑顔を振りまいたり愛嬌よく振るまったりすることは苦手で、アイドルとしての自分に疑問を抱いていた。

ある意味このサイトの話題の中心人物であるあの子と似たような部分もある遠藤さんはこの先どういう芸能活動を歩んでいくのだろう。また、音楽的な部分で後継者というか抜けた穴を補えるメンバーがいない(と思う)中で、この先アイドリング!!!はどういう展開を見せていくのだろう。

フジテレビのアイドルなのにフジの音楽番組にはまったく呼ばれず、それが足かせで他局にも出られないアイドリング!!!。 遠藤さんの最後くらいフジの音楽番組に出させてもらってもいいのでは? ねぇきくちさん(笑)*4

個人的には遠藤さんのいるうちに名曲『想いの詩』と『Snow celebration』*5をセルフカバーしてCD化してほしい。それが叶わなくとも少なくともラストライブではやってほしいかなと。



2013/12/17『堂本兄弟』収録

上記のところまで書いてアップしようとしたら一つニュースが。

なんと7年3カ月ぶりに安倍さんが登場とのこと。
吉田栄作さんとの共演でやはり楽曲は『心の旅』。

少し状況が変わってきそうな気も・・・



●最後に

いろいろとニュースがありましたが最後に。

今日は福田さん29回目の誕生日。
誕生日おめでとうございます。

あの中学一年生だった福田さんもまさかの30歳一歩手前。
月日が経つのは早いものです。

新しい一年もよき音楽ライフがあることを願っております・・・



--------------------------------------------
*1女性スタッフばかり(笑) 後ろには安めぐみと優木まおみのポスター。画像右端にあるサインの寄せ書きみたいなものが気になる。解析できた方はご一報を。
*2書くまでもないがカントリー娘とココナッツ娘。
*3ライブは「GOOD BYE & HELLO!」、曲名は「GOOD BYE HELLO!」
*4きくち伸。フジテレビジョン編成制作局バラエティ制作センターGP、フジテレビ音組主宰
*5『Snow celebration』はeverlasting storyバージョンでセルフカバーされているが、できればオリジナルバージョンのアレンジに近い方が良い。イントロの高揚感がオリジナルの方が高いので


C級hackさんの記事を読むとAKB48が「めちゃイケ」体育祭をやるらしい。
ちょうどウチでも武闘の7さんのテキストのことに触れたところなので、なんとタイムリーというか。

10年前にモーニング娘。が出演した岡女体育祭というと自分としてはやはり安倍さんを思い出す。10年前、つまり2003年の9月18日に収録されたこの企画、安倍さんの卒業発表がありソロイベントがあり、モーニング娘。のマザーシップと言われた安倍なつみが年明けの卒業式に向けてラストスパートをかけていた頃だ。

体育祭には最下位争い確実と思われていた安倍さんが必死になって競技に挑んでいる姿があった。順位付けすることの意味、競い合うことの意味を岡村隆史から説明されて大きくうなずく安倍さん。きっとモーニング娘。の歩みと重ね合わせていたのだろう。競い合って走り続けた安倍さんの6年間のモーニング娘。の青春があの体育祭にギュッと詰まって表れていた。

そして最後の大縄跳び、安倍・飯田の長年の確執を乗り越えたメンバーとしての友情、残るメンバーたちの必死さ、あの当時見ていたファンは胸を熱くしたものだ。理不尽ともいえる大縄跳びの企画に全力で立ち向かっているモーニング娘。の姿があった。

そして入ってきてまだ日が浅い藤本美貴と6期メンバー。気の強い藤本さんと終始きょとんとしている6期の3人、彼女たちは安倍さんが抜けた後のモーニング娘を担うことが期待されていた。思えばこの体育祭の企画あたりからグループにも馴染んでいったのではなかっただろうか。


今度のAKBの体育祭はどうなるのだろう。先日も書いたが、AKBの世代交代が言われる昨今、状況的には10年前のモーニング娘。と似ているかもしれない。今まで主力を担ってきたメンバーが抜け始め、創世記を生き抜いてきたメンバーも数少なくなり、そして次世代メンバーがまだちょっと物足りなくさらなる成長を期待されている状況。そんな似たような状況で行われるAKBのめちゃイケ体育祭は何を残してくれるのだろうか。

AKBの体育祭というと2010年のチーム対抗運動会を思い出す。あの当時はまだチーム替え前でチームKに運動神経のいいメンバーが揃っていてなお且つ結束力も強いものがあったので下馬評通りチームKの優勝だった。そしてチーム替えが決まっていたそれまで各チームの絆を確かめ合う運動会でもあった。

今回は個人戦のはず。果たしてどんなメンバー間の関係が見られるのだろう。体育祭そのものよりも、メンバーとメンバーの関係が見られることがこの企画の焦点だと思う。

運動という意味においては秋元才加さんや増田有華さんといった運動神経の良かったメンバーはすでに卒業し、残るは大島優子さんがどこまで頑張れるかといったところか。若手のメンバーとなると総合的に強そうなメンバーはいまいちピンと来ない。果たして新星が現れるかどうか。バカ女で脚光を浴びた川栄さんみたいなメンバーが出てくるのかどうか。

ちなみに10年前に岡女の体育祭を撮影した学校はすでに取り壊されて存在しない。おそらくめちゃイケのことだから10年前をオマージュした映像になるのは間違いない。またHEY!HEY!HEY!の収録はもうできないが、フジのきくちさんの登場はあるのだろうか。


いずれにせよ10年の時を経て、再びめちゃイケの体育祭が見られることになろうとは。こんなにうれしいことはない。


----

先日コメントで武闘さんのテキストを読めるアドレスを教えていただいた(→こちら)。サイトカラーからして懐かしい。残念ながら画像はところどころ失ってしまっているがテキストは健在。

武闘さんを見ていたら安倍さんと石川さんが歌う『GOOD BYE HELLO』を聴きたくなった。その後この曲は歌う機会はあったんだっけ?




HDレコーダーの整理をしていたらあっという間に一週間。
半年間整理していなかったのでRに焼いたり消したりしてたら手間食うこと、手間食うこと。


●湘南へ

ホントは数日前に触れるつもりだったのだけど。
「地上に舞い降りた天使」のなつみるくさんが太田監督のブログを頼りに『太陽娘と海』のロケ地巡りをされたようです(→こちら
天気にも恵まれたようで素晴らしい写真とともにアップされております。

ここで思いっきり文章を書いてしまおうとしたけど、ここは自分が訪れる時までは我慢我慢と言い聞かせた(笑
彼女たちは昔の自分たちのロケ地を訪れるなんてことはないのかなあ… あれから10年以上経って、黄昏ている明日香とか物思いに耽るカオリが夕暮れのあの場所にいたら絵になるなあとか思ったり。

なつみるくさんは現在室蘭を訪れているようで、そちらも天気に恵まれ素晴らしい写真がアップされているのでぜひ。イタンキ浜が素晴らしすぎる!



●ピストルバルブ、中札内で公演(中札内メール

なぜにピストルバルブが中札内で?

所属事務所のサイトを見たらSweet Vacationも同じ事務所だったのか。


篠原ともえ、弾き語り

売れてる売れてないとか関係なく、こういう形で音楽活動している彼女がカッコイイと思う。一時期はハローの子たちにもこういうことを期待していたことがあった…


●なっち・松浦ニアミス?

安倍なつみブログ
松浦亜弥ブログ

さいたまスーパーアリーナのNE-YOコンサートで同じ空間にいるはずの二人がそのことにまったく気付いてないことが、この二人らしくてなんとも言えず可笑しい。

●なっちブログに野宮真貴
http://www.abe-natsumi.com/blog/?p=396
http://blog.excite.co.jp/makinomiya/10207292/

新宿三丁目のとある音楽バーで元ピチカート・ファイヴ・野宮真貴と遭遇。
野宮さんのブログに写真出ちゃってるけど、問題ないんだろか?@余計なお世話

ちなみにこのバー、なっちの好きな映画『アメリ』のような幻想的な世界に仕上げた店内とのこと。
なっちブログにある「SHINちゃん」はこのバーのジャズピアノの名手のことだと思う。

なかなか大人な夜を過ごしている安倍さんでございます。


紗耶香、舞妓姿

この画像を見るとちょうど10年前のこの画像を思い出してしまう。



左から2番目が紗耶香のはずだけど…

個人的には、なぜこういう場って芸子じゃなくて舞妓として登場するんだろうとか思ったりする。「舞妓さん」の方が一般的に通じやすいのだろうか?


●UFタレントあれこれ

肺炎で入院している元UFタレント長江健次氏の元へUF社長の持田氏がお見舞い。
http://ameblo.jp/nagaekenji/entry-10340425880.html

今年の春先からの事務所移籍問題で苦しい胸の内を明かしたこともあった長江氏だが、少なくともUF社長とケンカ別れしたり、問題があって辞めたということではなさそうだ。その上のクラスの人たちとの関係はこの記事では不明ながら。


J.P.ROOMに加藤紀子が加入。
http://www.jp-r.co.jp/index.php?@PS@=none

しばらくチェックを怠っていたのでいつから異動になったのかを掴み切れず。
どなたか時期が分かったら教えてください。

ただ、このJ.P.ROOMに異動したからといって結局そのタレントにとって何が変わるのかはまったく分からない。
J.P.ROOMってUFから独立前のハーモニープロモーションみたいに、将来的な独立や社長の独自性が許されてる事務所なのだろうか? それともかつてあったたくさんのグループ内事務所と変わらないのだろうか?(エーダッシュ・ベータ・クーリー・エンデバー等)

J.P.ROOMとTNXとの関係性ももはや分からず。
かつてはつんくの子分みたいな人たちがいっぱい所属してたけど、みんな消えてしまったしね。

なっちブログに小西貴雄

昨日の「立山山麓音楽祭2009」に中西圭三のピアノ演奏のバックで来ていたとのこと。
そういや、たしか中西圭三は加護の楽曲をプロデュースしてたよね?

なっちの
「大変だったレコーディングや…あの時代、、
 あの頃の思い出話しなんかをしました。。」
と言うあの時代とあの頃。

まああの時代やあの頃なんでしょうね…(懐

小西貴雄というと『ふるさと』や『恋の始発列車』もそうなんだけど、やっぱり自分にとっては『Never Forget』で、「あの時代」の思い出話を少し聞かせてほしいなあ、なんて。


さて、この立山山麓音楽祭、出演者を把握してなかったことを猛烈に悔やんでいる。

なんといってもより子がいるわけで、なっちとより子の直接的な接触を見たり聞いたりするのはこれが初めてじゃなかろうか?(今日はより子の次がなっちの出演だったらしい)
この二人が接触したということは、間にいるあの子の話題が出ないと考えるのは無理(笑
でもたぶんあの子の話は聞けないんだろうなー…

で、他には先述の中西さんと小西さん、それから元ヤングジャパン(UFの前身)の白井さん、それに『翼をください』の山本潤子さん。

これは無理してでも行かにゃならん面子だったよ(無念

最後の『翼をください』はなっちとより子は同じステージに立ったのかなあ?
どなたか情報あったらお願いします。

●アニメ?

なっちのブログに声優の仕事が書いてあったので「何だ?」と思ったら「夢の箱庭プロジェクト」なるものだったようで。

「夢の箱庭プロジェクト」の実体がよくわからなかったので調べていたら斉藤慶子さんのとこのブログに記述があった。

--------
手作りアニメ―ション『夢の箱庭プロジェクト』presented by 花畑牧場
◆アニメタイトル
「ピンクのブルドッグ」
「氷にのった白くまウーラ」
「花畑牧場の小さなお家」
「ドリーム・イン・ザ・フィールド」
◆アニメ上映情報
7月中旬から
・東京・六本木ヒルズの「花畑牧場カフェ」
・北海道・夕張の「花畑牧場 夕張希望の丘 シネマ館」
にて無料上映する予定。
--------

なるほど、花畑主導のものか。
これからはますますUFタレントと花畑のメディア戦略における融合が進んでいくのかな? 花畑・タレント双方にメリットがあることは分かるが心情的にどうにもすっきりはしない。

花畑の夕張支援や帯広と合併しなかった中札内村への経済的貢献は簡単には真似の出来ないたいしたものであることは確かだが、「夢」とか言っておいて「花畑牧場の小さなお家」とタイトルを付けてしまうその感覚が好きになれないんだなぁ。

また、最近「花畑・ラーメン」で検索が増えたと思ったらどうやら新しい生コラーゲンラーメンなるものを始めたらしい。

うーん、九十九ラーメンはどうするのだろうか? かつては6店あったチェーン店も2店を残すのみ。現在の花畑との関係は不明だが、なんとなく置いていかれてしまった感じはする。かつての狸小路店や函館店は花畑の直営ショップに変わってしまったし… 食べ物屋の流行のサイクルが早いのも分かるが、りんねの卒業そっちのけで立ち上げ準備をしていた狸小路店が早くもなくなってしまったことを思うとどうにもやりきれない。

そういえば中札内といえば
中札内に新工場 十勝大福本舗 6億円投資年内完成へ

これも花畑の近くに出来るのね。いっそのこと「花の村」ではなく「菓子の村」を目指すのもありな気がしてきた(笑


篠原ともえデビュー14周年

このホームパーティーに集まった面子を見ていて相関図の整理を思い出す。
これでなっちの芸能界的繋がりもぼんやりと見えるかな?
以前の矢口の相関図の時と同じように表示がずれている場合は各自で調整をば。
篠原ともえ&鈴木杏中心で作成。ま、事細かに書いていったらこんなもんでは済まないことは承知の上で(特にしのらー)。

                     _____________
                    |きくち伸         |
                    |LOVE LOVE ALL STARS    |
             宇多田ヒカル |(加藤いづみ・松本英子  |
              | /|  | 藤田陽子・下川みくに等)|
 坂本美雨―佐藤江梨子 深田恭子 |  |_____________|
     \ |  |   |  | /
  高本彩―鈴木杏―中村中―篠原ともえ―POLYSICS・カヨ
     /: |         |
鬼束ちひろ : 松田美由紀     一青窈―ボニーピンク
      :            |
     鈴木杏樹         大橋マキ


あえてなっちは相関図の中に入れませんでした。
入る場所は各自ご考察してくだされ。

あ、今日きくちPは入院されたとか。
盲腸だそうで。


アレンジャーの仕事(鈴木daichi秀行ブログ)

どこまでがアレンジャーの仕事なのか、ハロプロの楽曲を多数編曲したdaichi氏が説明されているので、この際お勉強お勉強。自分は概ねこれまでのイメージと変わらないかなぁ。

どうもごぶさたしてます。

ちょっと忙しくて今月の更新はままならなそう。
落ち着いたら徐々に戻していくので気長に待っていてくださいまし。

----

…という文面で更新を終わりにするつもりでいたのだけど、なつみるくさんにコメントをいただいて、これじゃ終われんな…と事態が推移(汗

今日のなっちの浜松コンサート昼の部において、先日の横浜アリーナの年長メンバーたちのハロプロラストコンサートに明日香が訪れていたというトークがされたとのこと。

なっちはオリジナルメンバー5人が揃ってうれしかったとか…

なんていうか、胸一杯で適切な表現が難しいけれども、自分の思っていた…そうであってほしいと願っていた物語がまだ続いていたみたいで、こんなにうれしいことはない。

一昨年にオリジナルメンバーと和田さんが集まって飲んだ時に明日香がいなくて物議を醸したけど、やっぱりね今でもこうして繋がっているんだなあ。しかもこの話をなっちから聞けたことがまたうれしくて、「銀杏」が大好きだった自分としてはとにかく感無量なり。

きちんとしたソースがある中で明日香の話を聞けたのは、2004年に圭ちゃんと和田さんの3人で焼き鳥屋で食事したって話を聞いて以来かな?

この日に至るまでの物語…明日香が横アリに足を運んだ経緯、そして5人の、8人の再会、さらにこれからの未来に向けての繋がり…また誰かから話が聞ければいいね。

たぶん一番緊張してたのは明日香だったんじゃないかっていう再会の様子も思い浮かぶ(笑

集ったことに、必然の再会に、乾杯ですな…

『Never Forget』が歌われて、しかもラジオの中で明日香から譲ると言われたなっちが歌って、そして久しぶりの再会があって、さらにあの日からもうすぐ10年。
たくさんの「青春」があったねぇ…

このページのトップヘ