ainotane



<第1回>ASAYAN、1997年までの経過とオーディションの歴史
第2回>1996年のモーニング娘。たち
第3回>1997年4月オーディション開始、福田明日香と東京予選
第4回>1997年5月、中澤裕子と大阪予選
第5回>1997年6月、石黒彩と飯田圭織の札幌予選
第6回>安倍のオーディションとその選曲にまつわる話
第7回>寺合宿開始とASAYAN制作裏話
第8回>最終審査と平家みちよのこれまで
第9回>優勝者決定と落選者たち
第10回>落選者たちのその後と5人のメンバーの再招集
第11回>5人の顔合わせと夢への切符とその考察
第12回>モーニング娘。命名とその謎、活動開始と生活激変
第13回>『愛の種』のレコーディングとPV撮影
第14回>全国キャンペーンと手売り直前の奮闘
第15回>『愛の種』大阪で手売り開始
第16回>『愛の種』手売り福岡編
第17回>『愛の種』手売り札幌編
第18回>『愛の種』完売名古屋編



    < あとがき >



ASAYANの記憶が残っている人はお分かりだと思うが、この連載で書いていることはASAYANそのままではない。ASAYANそのままの物語はたぶん半分くらいだと思う。

その頃に彼女たちがインタビューで語り残したことや、もっとずっと後の時代になって彼女たちが思い出として語ったことや書いたことが話の元になっている。

しかしASAYANの「モーニング娘。企画」も、ASAYANから与えられた話だけではなく、当時からその裏にある彼女たちの葛藤や人生観が見え隠れしていたから面白かったのだと思う。

時としてASAYANは所詮作られた物語なんて批判も見かけることもある。
それは表面だけを見ればそうかもしれないが、決してそうではなかった。そしてそれには多くの人が気付いていた。

多くの人たちが自分たちには出来ない夢の世界に向かって真っすぐ進む、そのひたむきな気持ちを応援し一緒になって喜び悲しんでいた。同じように悩んだり挫折して生きている人たちの共感がそこにはあったのだと思う。



参考までに5万枚完売時の証言を資料から抜き出して記しておく。

飯田圭織
「小学校2年の時の作文。わたしの夢は歌手になることです。って書いたその作文をまず思い出して、それから小学校の時に入ってた合唱団、2回落ちたオーディション、合宿も、ぜんぶ思い出しました」(『モーニング娘。5+3-1』P.109より)

福田明日香
「来てくれたお客さんと握手して「ありがとうございました!」ってやるのって、すごい体験をしたなぁと思いましたよ。だって、わざわざ足を運んでくれて、CD買ってくれるわけじゃないですか。わたしたちをデビューさせてやろうっていう人たちが、目の前にいるんですよ。その人たちとね、握手しながらもホント嬉しかったです。
 札幌では、カオリやなっちや石黒さんの家族とかが来てたんですよ。「なっち、がんばってー!」みたいに声援送ってて。なんか、あったかいなぁって気持ちになりましたよ」(『もうひとりの明日香』p.58より)
「そうやってね、この手売りツアーで大人のスタッフたちと頑張ったのは、すっごい心強かったですよ。今まで、学生の生活しかしたことがないわたしにしてみれば、新しい世界にいるわけだから、周りの子よりも恵まれてるなぁとも思いましたし。いろんな人たちと出会えたし。みんなで一緒の目標に向かって走るっていう。
 だから名古屋でもうすぐ完売っていう時に「あと5枚、4、3・・・」ってカウントダウンが始まって、すっごい、もう、こみあげてきましたよ、ホントに。いろんなスタッフへの思いとか、応援してくれる人たちとか、楽曲を作ってくれたサエキけんぞうさんと桜井鉄太郎さんとか、家族とか、メンバーとか、本当にもう、いろんな人への思いとかが合わさりましたね。
 ホントにね、これは思い出深かった。
 その夜は、もう、大騒ぎですよ、手羽先食べて。スタッフは飲みまくり。人数もいっぱいで、座敷とかもいっぱいいっぱいで、もうみんな酔っちゃってるから、大騒ぎになったりして」(『もうひとりの明日香』p.59より)

安倍なつみ
<これまでの歴史の中で、特に印象深い思い出は?の問いに>「モーニング娘。では『愛の種』のことが大きな思い出かな。今とはまったく違った環境で、まったく違う気持ちで活動して前に進んでいたから。そこから『モーニングコーヒー』までの時間って、すごく思い出されるな。その当時の風景がすごく懐かしくて、忘れちゃいけないんだって思う」(『ハロープロジェクト大百科』より)



当時のメンバーたちが思い出話でよくするのは『LOVEマシーン』以前のこと、1997年から1999年のことが多い。
立ち上げ時の苦労と走り続けそして昇っていく中での濃密な2年間。

この時代を知らないことが当たり前になるほど時は過ぎた。
でもだからこそこれからも大切にしたいと思う。
そう思い続けてきてこのサイトも15年。
モーニング娘。誕生からはついに20年という節目の年を迎えた。

少しでも当時のことを残せれば、また思い出を共有出来ればとの思いからの当サイトでは久々の長期連載を今年前半に展開した。

また10年後、そしてさらにその先、未来に思い出を共有できる日が来ることを願って。



                         いけだや