<第1回>ASAYAN、1997年までの経過とオーディションの歴史
第2回>1996年のモーニング娘。たち
第3回>1997年4月オーディション開始、福田明日香と東京予選
第4回>1997年5月、中澤裕子と大阪予選
第5回>1997年6月、石黒彩と飯田圭織の札幌予選
第6回>安倍のオーディションとその選曲にまつわる話
第7回>寺合宿開始とASAYAN制作裏話
第8回>最終審査と平家みちよのこれまで
第9回>優勝者決定と落選者たち
第10回>落選者たちのその後と5人のメンバーの再招集
第11回>5人の顔合わせと夢への切符とその考察
第12回>モーニング娘。命名とその謎、活動開始と生活激変
第13回>『愛の種』のレコーディングとPV撮影
第14回>全国キャンペーンと手売り直前の奮闘
第15回>『愛の種』大阪で手売り開始




    < 16 >                (敬称略)


オーディション落選者で結成された「モーニング娘。」。

優勝者だった平家みちよ(デビューにあたって「みちよ」表記に変更)はどうしていただろうか。

彼女は優勝後、シャ乱Qや後のモーニング娘。と同じアップフロント系列のクーリープロモーションに所属。デビューの準備をしていたわけだが、そのデビューまでの準備期間は「封印」とされた。メディア露出を控えるということだった。

その「封印」とされていた期間にあっという間にモーニング娘。に話題を持っていかれてしまったのは、今となっては失敗だったのか、それとも意図されてのものだったのかは知る由もない。

モーニング娘。が大阪の手売りで話題を振りまいた直後の11月5日、平家みちよはシングル『GET』でデビューする。この曲はモーニング娘。のメンバーたちも8月の寺合宿で歌ったものだった。

翌6日にはシャ乱Qの武道館公演にゲスト出演。華々しいデビューを飾り、各歌番組にも出演したが、『ASAYAN』での扱いは徐々に小さくなっていった。

平家みちよ『GET』


先に書いたdosやL☆IS、乱発オーディションの優勝者、そしてまたこの平家みちよの扱い、これらを見てきたからモーニング娘。のオリジナルメンバーたちには常に「解散」への危機感があった。

「自分たちは企画もの」「なにかあれば企画はすぐに終わる」そうした意識は1999年の『LOVEマシーン』での大ブレイクまで持ち続けていた。この解散への危機意識というのはASAYANのオーディションでモーニング娘。以前の歴史を知らないと理解できないと思うので、改めてここに記しておく。

話を戻そう。

平家みちよがデビューした週末の11月9日。

モーニング娘。のメンバーたちは福岡にいた。
福岡はロックボーカリストオーディションが行われた地でもある。
この日手売りの会場となったキャナルシティには、寺合宿で共に苦労をした仲間が駆けつけてくれていた。





そしてライブ会場となったキャナルシティの円形ステージの観覧スペースには最上階までびっしりと観客が埋まっていた。会場整理も追いつかず、パニック寸前だったという。

このぎっしり埋まった会場を見上げたメンバーたち。それは忘れられない光景となったのではないだろうか。





この日は福岡HMVキャナルシティ店、天神店の2店舗で9,004枚を販売。大阪と合わせて24,616枚。目標である5万枚完売まで半分のところまできていた。