今日は自由が丘へは行けず。
福田さんのジャズソロ聴いてみたかったが残念。
ライブ模様がなにか1曲でも配信されると有難いなあ。

さてさて、これで終わるのもなんなので。


今年の初めくらいにインディーズ系のアーティストの最近のお気に入りみたいなテキストを書いた。アイドル系の楽曲でも書きたいなと思っていて伸び伸びになっていたのだが、ここ1カ月くらいで良い曲に出会うことが度々あって意欲が湧く。

まあ細かいところは抜きにして、ここ最近から1年くらい遡って良いなあと思った曲をちょっとだけ羅列しておく。数年経って見た時に、「この時期はこんな曲聴いてたのか」と思い出せるしね。

というわけで、さっそく。



BiSH『オーケストラ』2016.10.05発売
作詞:松隈ケンタ、JxSxK 作曲:松隈ケンタ 編曲:SCRAMBLES

なんと言ってもアイナ・ジ・エンドさんの声質!
存在感は圧倒的で、すべてのイメージを制するだけの力が。振り付けもされているとか。


スピカの夜『22文字のラブレター』2017.02.22発売

島ゆいか(ex. 可憐Girl's)と飯田來麗(ex. さくら学院)の実力派ユニット。元グループの活動同期にはBABYMEATLの中元すず香さん。サウンドプロデュースはチップチューンの代表的アーティスト・ヒゲドライバー氏。

(参考)ヒゲドライバー『ukigumo』

(参考記事)ヒゲドライバー氏の苦悩の歴史がBABYMETALに導いたものとは?(その1)


私立恵比寿中学『なないろ』2017.05.31発売
作詞・作曲:池田貴史 編曲:池田貴史、山口寛雄

(参考記事)天国の彼女に思いを込めて。エビ中の新曲「なないろ」に隠された秘密に泣きそう
2月に急逝された松野莉奈さんさんの誕生日が7月16日。だから「なないろ」。
思いが詰まりすぎて涙を誘う歌詞だが、それをこらえて満面の笑みで歌いきるエビ中がカッコ良かった。彼女たちの背負った覚悟が垣間見えた。
そしてこのサイト的には7月16日とはカントリー娘。・柳原尋美さんが亡くなった日であり、そして20年近く経った今でもそれを忘れずに過ごしているりんねと小林さんを思い起こさずにはいられなかった。


amiinA『Atlas』2016.10.26発売
作詞:Shuichi Saito 作曲:Ai Fujimoto 編曲:nanoline

壮大なスケール感と高揚感に尽きる。ボーカル的にはまだ幼さが残るものの、逆にそれが楽曲との対比から印象的であり、また将来的な変化への期待も持たせてくれる。


大阪☆春夏秋冬『New Me』
作詞:韻シスト 作曲:ジェンソン・ヴォーン

自分の好みとはちょっと違うのだがこのリズム感は楽しいなと。ここもボーカル・MAINAさん上手いですなー。


欅坂46『二人セゾン』2016.11.30発売
作詞:秋元康 作曲:SoichiroK、Nozomu.S 編曲:Soulife

作曲・編曲に名を連ねる佐々木望氏はLittle Glee Monsterのライブでギターを弾いていた方。

(参考)Little Glee Monster 『好きだ。』(2:00過ぎに登場するギターの方が佐々木望氏)


(参考)こちらも作曲はSoichiroKとNozomu.Sさん。
サーフミュージック期待の星・Leolaさんのデビューシングル『Rainbow』


(参考)Leolaさんのセカンドシングル『Let it fly』を作詞作曲しているのは上記amiinAの『Atlas』を作曲した藤本藍さん。藤本さんはLeolaさんのサポートピアノとしてもライブ等に出演している。


作詞・作曲・編曲も見ていくと所々繋がってきて面白い。
見ているとこの人は他にどんな曲を作ってるのかなと気にしてしまって、どんどん時間が経ってしまうのだけどね(笑)

ちょっと立て込んでてライブに行けてない分、こんなことで楽しんでいる感じです。