連載から離れて最近ちょっと思うこと、あるいは中途半端に考えていること、などを記しておこうと思う。


●『ASAYAN』に思うところ

連載でずっと『ASAYAN』のことを書いているが、実はけっこう嫌悪感を抱く部分も多かったりする。

自分が好きなのは(青臭い書き方をすれば)夢に向かって一生懸命頑張っている姿であって、そこにしかない喜びや涙や葛藤が心の琴線に触れて好きなのだ。

だから、その一生懸命やっていることを馬鹿にしたような笑い方をする(それも芸の内なのかもしれないが)ナインティナインやつんく氏に対して思うことは多々ある。芸人が芸人を笑っているのではないし、笑われる方も笑ってほしくて一生懸命やっているわけではないので、それを笑うことに自分は好感を持てないでいる。ただしそれで彼らが嫌いという単純な話ではなく、一面での話。

同様に、『モーニングコーヒー』のパート割りをめぐる飯田さんの件にも見られるような強引な話の「ヤマ」作りも好きではないのだが、それは前述の葛藤等が見える場所でもあるので、これまた単純に嫌いとは言えない部分。



●石垣島

貴重な情報ではあるものの書いていないこと(書けないこと)がある。それを知ってから島の景色を見てみたいなーと思うが色々と事情があって行けずにいる。しばらくは行くのは無理だと思うので、もし行く方いらしたらお声がけください。

ただし、このサイトに「石垣島」と書いてあったらそれが何を示唆しているか分かる方と、ハンドルネームと言えどもブログなりツイッターなりで基本的な考え方やスタンスの分かる方に限ります。



●錆びつきが深刻

20年前のことを再度連載中、記憶を辿る作業がなかなか困難に 笑
さすがにね、記憶の引き出しが開きにくくなっていることを実感。
誰かに聞かれたりすると、スッと話を展開していけることもあるのに、一人で考えているとそこまで考えが至らないことが多い。

まあでもここまで覚えていたのも、なかなかたいしたものではないかと自画自賛(笑) 資料整理・事績整理しておくと、その作業によって後々の記憶に役だっているのは確実。

現在進行形のものについても、見たこと感じたことを書き残しておくことはやっぱり必要ですね。