いつか来た道


<第1回>ASAYAN、1997年までの経過とオーディションの歴史
第2回>1996年のモーニング娘。たち
第3回>1997年4月オーディション開始、福田明日香と東京予選
第4回>1997年5月、中澤裕子と大阪予選
第5回>1997年6月、石黒彩と飯田圭織の札幌予選


    < 6 >                (敬称略)


安倍なつみはこの日、室蘭から3時間、父親の運転するクルマに揺られ札幌にやってきていた。

安倍はこの時高校1年生。コンビニでバイトを始めたり、友人とバンド活動の真似事をしてみたり、清新な活力真っ盛りな頃。身長が低いのが悩みで、背を伸ばしたくて毎日牛乳を飲んでいた。

そんな時にASAYANのロックボーカリストオーディション・札幌予選の開催を知った。ASAYANのオーディションは札幌で地方予選をやらないこともあったので、親と「オーディションを受けるのは高校になってから」という約束をしていた安倍にとってこのオーディションはタイミングよく巡ってきたチャンスだった。

札幌への道中、車内では父親がかつて芸能界を目指したこと、途中で挫折して室蘭に帰ってきたこと、そのことを今でも後悔しているから今度のオーディションは悔いなく頑張ってほしいことなど、今まで聞かされなかったことを安倍は父親から聞かされた。安倍にとってこの札幌行きの車内での会話はオーディション当時の大切な思い出となっていく…

札幌に着き安倍が書類審査の受付を済ますと、その整理番号は1111番。何か運命を感じたという。
安倍がオーディションの曲として選んだのはglobeの『FACE』。
この曲は東京スタジオ審査に進んだ時にも歌っている。





札幌の審査では曲の1番を歌って終わるはずなのに安倍のときは2番までオケが流され、不思議に思いながら歌詞に詰まりつつも安倍は2番も歌った。

これはおそらく安倍がオーディションを勝ち進んでいくことを想定した上でのスタッフ側の意図的なミスなのだろう。1111番という特徴的な整理番号を安倍に割り振ったことも含めて、安倍には制作サイドからかなりの期待がかかっていたことが窺がえた。もちろん安倍自身はそんなことは微塵も知る由はなく、緊張の連続でオーディションを進んでいくのだが。

ちなみに安倍の1111番だけに限らず、中澤も1661番と覚えやすい番号。
福田は1298番、平家は3098番と(当時福田は12歳)これまた何かしらの意図を感じるオーディションの整理番号だった。このオーディションに限らず後のASAYANオーディションでも意図的なオーディション番号は多々見受けられた。


安倍が歌った「globe『FACE』」という選択は当時の流行やASAYANオーディションを考えれば無難な選択だったのかもしれない。しかし実は安倍は本当は違う曲を歌うつもりでいたという。

安倍はUAの『雲がちぎれる時』という曲を本当は歌いたかった。
「流行りの曲じゃなくて個性を出したかったから」と。
しかしこの曲のオケのCDを用意することが出来ず審査で歌うことは断念した。

後にこのエピソードは2002年9月19日のラジオ『エアモニ』で明かされ(この回のラジオは福田脱退時のライブの「風船シャワー」のエピソードなど思い出話がとても多かった回))、そしてさらに時を経た2008年になって安倍が自身のライブでこの歌を披露している。安倍の音楽に対する根底にある世界観がこの曲の選択には表れていた。

そしてオーディションが終わった帰り際に安倍は和田マネに呼び止められ、すっぴんで来たのかどうか訊ねられ「今度もすっぴんで来なさい」と言われ驚いたという。


札幌から東京のスタジオ審査に進んだのはこの安倍、そして石黒・飯田を含めた8名。

安倍と飯田は初めての東京行きに大はしゃぎしながら飛行機に乗っていた。特に安倍はこの時のASAYANから送られてきた東京行きの航空チケット、機内から持ち帰ったイヤホンや「翼の王国」まで、それを今でも大事に取ってあるという・・・