先月思わぬことに、モーニング娘。の宇都宮でのコンサートのチケットを譲っていただけることになり足を運ぶ。

モーニング娘。単独コンサートだと約10年ぶりくらいになるかもしれない。ある意味まったく違うグループ、初めての現場に行くような気持ちで向かうことになった。

自分は2期までの8人がグループを去った時点で区切りをつけているので(自分の中でですよ)、今の子たちには何の先入観もなく一アイドルグループとして見させていただいた。

という上での感想。
というか、時間が少し経ってしまったので覚えている範囲での羅列。

会場に着いてまず思ったのは昔より女性客が増えたなということ。
まあこれは前から聞いていたので驚くことでもないが、それでも最近見る機会のあったアイドルグループの中では一番多いような気がした。*1

それでも宇都宮は女性客が少なかったというような話も聞いたけど、まあそれは客観的データがあるわけでもないので、なんとなく多かったということで良しとする。

中に入ってみると、これは昔ながらの光景で、色とりどりの推しのTシャツとファンの空気感。開演前に後ろが気になって仕方がない人や、あの語尾が上がる独特なイントネーションでメンバー名を叫んでいる人がいて、これは変わらないなあと思う(笑)

ライブに関しては、良く言えば統一感のある、逆に言えば一本調子であるのかなと思った。

EDM路線を貫いていて、それに基いた振り付け・フォーメーションはリズムにも乗りやすく、観客も一緒になって踊ったりするにはとてもいいのかなと。振り付け自体も全体を通して統一されているように見え、こういう路線が好きな人はとことん好きになれそうだなと思う。

自分としては『サマナイ』と『メモ青』は昔のアレンジのまま、コーラスを重視している方が好きなのだけど、コンセプトとしてEDMを貫くのもアリだと思うので、そこはさらっと受け流す。

歌に関してはEDMってこともありなんとも言い難い。現場の音も若干高めに出てた感じで*2、機会があればもっと真っ新な歌声を映像でもなんでもいいので聴いてみたい。

何人か歌声に「おっ」と思う子がいたのだけど。正直申し訳ないことに全員覚えきってないので、それはまたちゃんと知ってからということで・・・

あ、一つマイナスなことで気になったことといえば、やっぱり人数多いなと思ったこと。ステージでライン作っている時も狭そうだったし、途中に階段があるから安全面でもちょっと心配だった。

自分は目で追いながら分け隔てなく見るのは10人くらいが限界だと思っているので、その点からも人数については考える余地があるのかなと。まあそれでどのメンバーがどうとかいう話でもなく。

思い出して言うなら保田さん・安倍さんが辞める頃の15人・16人体制の一目で多いなという感じと似てると言えるのかもしれない。

全体を通して見ると、ステージの完成度としては申し分ないかなと。もちろんもっと歌が上手かったり、踊りが上手かったりするグループはあるけれど、自分たちのコンセプトを確立して、それを見に来ているお客さんにしっかりと求められているものを提供している点では申し分ないと。

その分、抑揚というかバラエティ感は控え目なので、そこは自分としては欲しいところでもあった。2時間というライブならば、もうちょっと曲調にふり幅が欲しいというのが、個人的に正直なところ。おそらくは今はそれは求められてないことだとは思うけど。

あ、あとはMC。
これは格段に進歩を遂げていた。

客席の反応を見つつ、また会話の流れを意識しつつ上手にトークを回している様を見て、これはイイなと。

どうも世の中にはライブハウス等に出てくるバンドやアーティストたちより、アイドルのライブを下に見るような風潮が垣間見えることがあるけれど、モーニング娘。に限らずアイドルの方がよっぽどMCの下準備して話す内容も考えてるよと。お客に対してきちんと向き合ってるよと。*3

それをこのモーニング娘。のコンサートに行ったときに思い出した。


まあこんな感じで、ある意味新鮮に面白く見させていただいたということで。
もっと掘って書こうかとも思ったけども、いろいろと思うことがあり、これ以上長くも・・・ってことで、さらっと終えよう。


-----------------------------------------
*1ちなみに女性グループという範囲まで広げるとLittle Glee Monsterが女性客が一番多いかもしれない。女子中高生に圧倒的に支持されているイメージ。先日拝見した某アイドルグループはほぼほぼ男率100%だった。
*2昔は代々木体育館とかこれが酷くて、なんでこんな変な音出してるのって感じだったよね、と。
*3もちろん、どちらも一部グループの話。