安倍さんがしばらく日本を留守にしていたのは、ニュージーランドに行っていたからとのこと。

一応本命の予想通りだったが、逆にそれだと面白くないというかなんというか。
突拍子もなくマダガスカルとかボリビアとか行っていたら、突っ込みどころ多くて楽しかったかもしれない(笑)

記憶が曖昧になってきているが、ニュージーランドとアップフロントの関係は古く、現会長がニュージーランドのガーデニングスタイルの牧場がお気に入りで、花畑の名前の由来もその辺から来ている。これはバブルがはじける前のお話。

また知り合いの元広告会社の方が向こうでやはりガーデニングスタイルの牧場をやっていて、そういった人脈や繋がりが、例えば小川さんの留学や花畑牧場の仕入れに関わっていると思われる。

だから今回の安倍さんの訪問も現地での伝手という部分ではやり易かったはずであり、また安全面でも信頼できるだろうから良い環境で学べたのだろう。



さて花畑といえば、先日フジの『ノンフィクション』で特集が組まれていた。

内容はどうということもなく、相変わらず表面を撫でただけの提灯番組とでもいうか、都合の悪いところはスルーするいつも通りの花畑特集だった。

ただし、生キャラメルブームに乗って事業を拡大し過ぎたこと、建築基準法違反で工場が閉鎖に追い込まれたことなどは認めていた。これは大々的に報道されてしまっているから避けて通れないところか。

それと、相変わらず現地の農業生産者たちへの反発を語っていた。
メディアを通しての被害者意識の告白と、その恨みをはらしたい旨の発言。
もう何度も聞いてきたことなのだが、ここまでいくとそれは本心じゃなくて、芸能人として復讐物語を演出しようとしているのかとさえ思えてくる。

一方で、生キャラメルの製法を教えてもらったノースプレインファーム、工場閉鎖で契約解除した大量の従業員、また生キャラメルブームで生産に巻き込んだ夕張などの御老人の方々への配慮の言葉は一切見られなかった。


そしてオリジナル作成意識が希薄で、どこからか発想を引っ張ってくるやり方もまったく変わらない。

従業員の方が牧場製品で数々の受賞をしていても社長がタレントということで色眼鏡で見られてしまうことを嘆くシーンがあったが、それはこれまでの経緯を知っていれば致し方のないこと。

タレントという立場を使って事業を拡大したことは否めないのだし、その事業の拡大も誰の目にもやりすぎと映っていたのだから、状況が悪くなったらタレントとしての不利を言うのは、それはちょっと虫が良すぎる。そういう土俵の上で戦っていたのは間違いないのだから。


また、勝負をかけて導入したのはポップコーンの機械。
これも先発組がいるのにブームだからと乗ろうとしていた。
3000万をかけて新機材を購入。

そのポップコーンにまぶすチーズパウダーも自社では開発できず埼玉の会社に発注している。そのパウダーをローソンに持ち込んでプレゼンする時にはいかにも開発に苦労した体で話し、さらには「からあげクン」にそのチーズパウダーをかけて「どうですか?」とやっていた。

これまでの番組やブログ等であれだけ地産を言っておいて、参考にするのはヨーロッパのチーズ、豚。そして蜂蜜はニュージーランド。開発できないものは関東の会社に発注。全国的にブームのポップコーンにも乗る。さらには地産池消とは真逆の大量消費のコンビニでの流通を成功と考える。

北海道産小麦を使わなかった六花亭をその一点だけでさんざん批判しておいて、その結果がこれですかと。

別にどこの材料使おうが、どこの製品を参考にして作ろうが、それは個々の方針があるから別にそれで批判をするつもりはないが、これだけブーメランというか、言ってきたことと反することをやられると、もう苦笑するしかない。


ちなみにライバル視している六花亭のことを書いたこんな記事がある。

http://blog.goo.ne.jp/kasegerupurocon/e/b58e7ad5aa7ef8d1b12d47dcb004c1ac

全面的にこの記事が正しくてこの方針が100%正解という訳ではないが、少なくともこういった取り組みが為されていることは確かで、十勝地方を基盤とする花畑と六花亭の方針の違いが明確に見て取れる。

地元の既存勢力に文句を言うのもいいが、そこにはただ守旧と新参という対立軸を演出する前に、何かもっと取り組むべきことがあるのではないかと思う。

田中氏が追い求めている理想像は実は名誉や尊敬といった類のものかもしれず、ここ10数年のただひたすら実益を思い求めている姿では、なかなかそうした評価は得られにくい。それがずっと続く六花亭や地元勢力への苛立ちにも繋がっているのかもしれないなどと考えてみた。


景色は本当に綺麗で、冬はちょっと寒さが厳しいけれども気持ちのいい気候のあの場所。
ハロマゲドン発表時に安倍さんたちが行って、一時の安らぎを感じたのもいまや昔。

自分が行った時も良いところだなと思ったのだが(生キャラメルブームより遥か前)、なにかそうした清冽さをまた感じさせてほしい。




-----
牧場やカントリー娘。についてのもっと詳しい考察はこちら。
http://submarinedog.livedoor.biz/archives/51319442.html