一晩明けて、も少し書こうとかと思ったら同行した方のところに詳しいお話が。
あれで事足りそうなのでここはもういいか、という怠け根性を発揮しようかと(笑

まあそれではなんなので、昨日の補足というか勘違いを生むかもしれない部分の訂正というか。

昨日見に行ったバンドは4人組で、男女二人のツインボーカルとツインギターがピースフルなハーモニーを奏でるアマチュア?のバンドさん。
二人のボーカルと上手側に立つギターの方はどこかで見たことがあるような気がするけど、そこは深く掘り下げないでおきましょう。

男性ボーカルの方が呼び掛けて集まっているバンドと思われるんだけど、その男性ボーカルの声もなかなか耳に心地い感じで、もう一方の女性ボーカルとの声の相性もなかなか。なにより楽しい感じ、あるいは力みなくというかリラックスした感じが良かったなー。もちろんステージとしての緊張感はあった上での話ね。
彼女だけじゃなくバンドとしてももっと聞きたい、もうちょっと長くやってほしい、そういう余韻が自分の中には残ったかな。

どうなっていくかもどかしい部分もあるんですが、それはアマチュアでやってる彼らの日々の生活もあることなので、気負いせずにまったりと待つのがいいんだろなということで、次回のライブを待ちましょう。

でもCDは物販してね(笑