怒涛の3日連続更新!
でも短めに。



サエキけんぞうの次世代アイドル論

モーニング娘。『愛の種』の作詞家で、グループの立ち上げにも関わったサエキけんぞう氏が色々と語ってくれております。

3ページ目に5人時代の娘。の回想があるので、その中から一部抜粋。


-----------

── テレビ番組から発生して、何枚売れなきゃ即解散となってましたけど。最初お仕事で携わったとき、正直、モーニング娘。ってどう思いました?

サエキ:「まぁ、ぶっちゃけその辺にいる人が集まっているだけなわけですから、特に何とも思わなかったですよ。ただ、当時はディーヴァ全盛でしたし、そういうニュアンスとはまったく違うわけなんで、異色なわけですから、これはおもしろいと思いましたね。で、動き出してみたら、実はそういう人が求められていたというね」

── この子たちを売ってあげたい!とかは思わなかったんですか?

サエキ:「売れればいいねってぐらいで、そういうことって現場はそんなに強く思わないんですよ。現場って割と淡々としているものなんです。やっぱりね、本人たちががんばらなければしょうがないというのがあるから。でも、モーニング娘。の子たちはスゴくがんばったと思います」

── がんばっている姿を見てて、だんだん感情移入したりはしなかったんですか?

サエキ:「福田明日香とかにはちょっとしましたけど、辞めちゃいましたしねぇ。まぁなっちもがんばってたし、みんながんばってましたから、もちろん応援はしますよ」
-----------

サエキさんからは今までもいろんな話が出てきていて、今回もまた当時の状況がちょっとだけ紐解かれたというか・・・

明日香に感情移入したその理由を聞いてみたいところだが、まあ今は妄想の範囲に留めておこう(笑



うちのエントリーでサエキさんのことが書いてある回。
もんじゃ焼、食べる
もう少し別冊宝島の記事を書き起こした回もあったように思うんだけど、自分でも見つけられず・・・

そうそう、橋本さんはメロンの解散ライブ前後に大活躍されていたみたいで。