圭ちゃん、扁桃腺手術

これ聞いて圭ちゃんが扁桃腺持ちだったこと思い出した。

一番思い出すのは2001年正月公演で休んだことかな。

2000年の紅白後に発熱。
1月2日からのコンサートはギリギリまで出演するつもりだったが断念。
後藤・吉澤、二人のプッチモニでは会場の観客が圭ちゃんパートをカバーしたり、MCではメンバーが圭ちゃんに回復エールを送ったりした。

自分も扁桃炎持ちなんで、高熱の辛さはちょっと分かる。
扁桃腺が腫れると唾を飲み込むのも辛いし、熱が上がりすぎると関節が痛くて立ち上がれなくなる。それでもそんな状態でステージに立ったり、立とうとする意志を持てることは素直に尊敬する。

自分だったらそこまでの気力を持てるかといったらかなり怪しい。
無理のし過ぎもよくないけど、やっぱり彼女たちのそういった精神力は強いなあと思う。

そういえばAKBの大島さんが今年の春くらいに喉の手術をしたはずで(ポリープとのこと)、それ以降彼女は声質の変化が見られた(ハスキーボイスが弱まった)。
圭ちゃんはどうなんだろなあ。扁桃腺と声質は関係ないのか?
今まで聞いてきた圭ちゃんの歌声はあのままなのだろうか。
ちょっぴり不安でもあり、ちょっぴり楽しみでもある。

圭ちゃんは12月初めからの舞台が控え中。
練習に11月から入るとして、回復とリハビリに10月を使ってやるってことか。
矢口も書いていた気がするけど、何かしらの動きは来年まで「待ち」ってことになりそうね。

何はともあれ、無事の退院で良かった良かった。