紗耶香のブログが始まっている。

さて、この先に何が待っているのだろうか。

8年前の大きな期待の後に訪れた大きな失望。
わけの分からないプロデュース、心に訴えかけない楽曲、展望が開けずそして探しものを見つけに再び去っていった紗耶香。

これからどう活動しようが、それは紗耶香の自由であり自ら切り開いていくものだけど、今度は自分の探しているものを間違わないでいてほしい。

紗耶香が一度目の引退の時、「自分が戻ってきたつもりでも、まわりから見たらそこは違うよ、そこはお前のいる場所じゃないよってところには戻ってくるなよ」と誠意を持って声をかけられたこと、忘れないでいてくれるといいな。

I wanna be what I wanna be...

6年前にすべては自分次第と思って、自分で掴み取ると決めたんだから、今度はまわりが「そこがお前の場所だ」と無理やりにでも納得してしまうような、爽快な活動を期待している。

2度目のような曇り空はもうごめんだ。