平家がグランプリを獲得して、落選者たちはそれぞれの生活に帰って行った。

石黒は戻るとにすぐに合宿でダンスが出来なかったことを反省しダンスの教室を探し始める。またバンド活動で「ティーンズ・ミュージック・フェスティバル」(10代を対象にした誰でも参加できる音楽イベント。全国で行われる予選を勝ち抜いた本戦出場者にはメジャーデビューのチャンスがある)に向けて新たな曲作りも始めていた。さらに、オーディションの悔しさから毎日走っていたという。

室蘭に戻った安倍は落ち込む日が続いていたが、帰るとすぐに彼女の元には芸能事務所から「うちからデビューしませんか?」と電話がかかってきていた。大手の事務所だったらしいがASAYANスタッフから事務所に入ったり、新しいオーディションを受けることを受けることを安倍は止められていたという。

ASAYANにそのことを連絡し「まだ返事してないよね?」「また連絡しますから」と言われた安倍はASAYANを信じて待つことに決めた。この時にASAYANを信じた理由を「番組上としてじゃなくて、一人の人間としてちゃんとケアしてくれていた。そういう人たちがいたから…」と安倍は語っている。ASAYANのスタッフは過酷な試練を彼女たちに与え続けたけれども、優しさは忘れることなく彼女たちと接していたようだ。

中澤の元にASAYANのスタッフから電話がかかってきたのは、大阪の仲間と一緒に徳島の海に遊びに出かけちょうど海岸に着いたところだった。仲間たちがオーディションが終わった中澤を励まそうと、みんなでこの日海を渡って出かけてきたのだ。

一番になれなかったけれども、生まれて初めて一生懸命になれたことに満足してオーディションから帰った中澤。
ずいぶん会社にも迷惑かけたし、これからのこともちゃんと考えないといけないけど、その前にこの残り少ない夏を満喫しよう…そう思って出かけた海への旅行だった。

そこにかかってきた電話。
「何も聞かず、何も言わず、もう一度東京へ来てください」
そう言われた中澤は涙が止まらなくなってしまう。周りの仲間たちが心配するくらい中澤は泣いていたのだ。
「なんでまた東京?」
「もしかして、まだチャンス残ってた?」
…中澤はこのときに自分が一番になれなくて悔しかった本当の自分の気持ちに気がついた。満足していたのは自分が落ちたことを納得させるためだったと気付いたのだ。自分はまだ終わってない…そう思ったら涙が止まらなくなったのだった。

…中澤は何も分からないまま再び東京に向かう新幹線に飛び乗った。

そして石黒と安倍、飯田と福田の元にもそれぞれ電話がかかり、何が待つかも分からない東京に5人が集う。



<つづけ>



ASAYANの記憶が残っている人はお分かりだと思うけど、「散歩道」で書いていることはASAYANそのままではありません。たぶんASAYANそのままの物語は半分くらいだと思う。

その頃に彼女たちがインタビューとかで語り残したことだったり、もっとずっと後の時代になって彼女たちが思い出として語ったこと、書いたことも元になっている。

でもASAYANのモーニング娘。の企画もね、ASAYANから与えられるだけの話じゃなくて、当時からその裏にある彼女たちの葛藤や人生が見え隠れしていたから面白かったんだと思う。

時々ASAYANは所詮作られた物語なんて批判も見かけるけど、それは表面だけを見ればそうかもしれないけど、決してそうではなかったよ。そしてそれには多くの人が気付いていた。多くの人たちが自分たちには出来ない夢の世界、夢に向かって真っすぐ進む気持ちを彼女たちを通して見ていたのだと思う。同じように悩んだり挫折して生きている多くの人たちの共感があそこにはあった。

ただ、これは知らない人に理解してほしいわけではない。例えば自分が1997年のモーニング娘。から10年遡ったアイドルに興味があるかっていったら全然ないし調べようとも思わない。それは余程興味がわかなきゃ難しいことだと分かっている。だからそれについて書くことはしない。だって知識も経験もないんだもの。

年長メンバーのハロプロからの卒業でね、そういう点も住み分けができていけばいいなと思ったりするのだ。