ご無沙汰のハロー界隈ウォッチング。

加護復帰か?(4月6日報道)

もう少し情報が欲しいところだが、梨元勝氏のインタビューが復帰情報の最初ってのがどうにも引っかかる。事務所的な問題はクリアーになっていないのかなと…

梨元勝についてはいろいろとエクスキューズを打たなきゃいけないことはあるんだろうけど、少なくとも暗黙の諒解やタブーを乗り越えて仕事をする人だとは思う(良い意味で)。今回の加護インタビューを取ったのが梨元氏だということは、UFサイドと加護の関係が現状では「青信号」ではないのかな…と邪推してしまう。

まあまだ全然分からないけどさ。
それにUFに今の加護の置かれた状況をうまくプロデュースできる力があるかって言ったら、それは疑問符を付けざるを得ないし…
これまでの経験上、元ハローのメンバーがUFに復帰してくる場合は会社のビジネスとの「絡み」が大抵見られた(悪い意味で)。加護は果たして既存の道の選択したのか、それともさらに棘の道を選んだのか…

ともかく過去のことは過去のこととして清算して、新たな気持ちで頑張ってほしいものだね。10代にタバコ吸った? お泊り旅行した? そんなの10年もすりゃ普通の大人はなんとも思わなくなるさ。「若気の至りだった」って苦笑して言えるような芸能生活を今後は送ってほしいな。


●『笑っていいとも』につんく出演(4月4日)

ブログでもしつこいくらいに繰り返しているお好み焼き屋と3本指ソックスの宣伝だけが印象に残る結果に。なんだかなあ… もうすぐ嫁さんが出産なんだから、タモリに安産祈願をしてもらえばまた印象は違ったんじゃないかな(笑

…サイドビジネスに必死になってるつんくの姿はどうにも好きになれない。充分稼いでいて余裕あるんだから、本業である音楽活動に専念すればいいのになあと考えてしまう自分がいる。

それはさておき。
コメント欄でつんく→彩っぺの次にくるのは誰だ?予想をしてみたが、候補者として美山加恋もあるのかなあと思った。レインボーマジックなるもので彩っぺと最近共演しているらしい。学校がどうなるか分からんけど、出演すれば最年少?

なんでこの子が気になったかというと、2003年フジ『27時間テレビ』の「再会したい人」というコーナーでなっちの小学2年生時の再現VTRでなっちを演じていたのが美山加恋なのだ。そのことに気づいたのはずっと後なのだが、あのコーナーが印象に残るものだったので今でも記憶にきちんとあるのだ。あのコーナーでなっちの出身小学校が過疎化のために取り壊されているシーンも映ったんだっけ…

2003年の27時間テレビはなっちと矢口が漫才コンビ「なちっとまりっと」を組んだりとけっこういろんなことやってたなぁ。そういやパペットマペットは今どうしているんでしょうね…


●『めちゃイケ!』SP

かつて岡村女子高等学校の栄光があった「バカ決定戦」がめちゃめちゃイケメンパラダイス学園として復活。辻は神様として額縁に飾られていた。

辻の旦那である杉浦太陽とガキさんが生徒の一員として出演。といってもこれは新垣里沙のことではなく去年なっちとNHK『夏雲あがれ』で共演していた石垣佑麿のこと。

岡村先生が「ガキさん」「ガキさん」と呼んでいる声は絶対に昔の娘。のガキさんを意識していた声だった(笑 これで座席を最後列廊下側にしてくれていれば完璧だったのに、残念なり。

この番組が「ガキさん」のあだ名の由来だったことを忘れてしまった人もけっこういるんでない?