「ふるさと」の話は今日は断念。申し訳。

『めちゃイケ』を見ていたら中村ゆりが出ていて更新せずにはいられなかった(笑
いやあ、めちゃイケで再び中村ゆりを見る日が来るとは! 10年ぶりのことだそうで。

ASAYANの乱発オーディション(シャ乱Qロックボーカリストオーディションの一つ前のオーディション)出身の中村友理が友人の伊澤真理とユニット・YURIMARIを組んでデビューしたのは確か『モーニングコーヒー』の頃とほぼ一緒だったはず。その後時が経つとともに二人の不仲が伝わってきたり、売り上げも下降線を辿っていたので、消えてしまうのだろうなあと思っていたら、案の定ユニットは解散して、ほどなく二人とも消息が消えてしまった。

その後、芸能活動は再開していたらしいけど、おそらくメジャーな舞台で彼女たちを見ることはもうないだろうと思っていた。それだけに今日見て本当にビックリした。だって井筒監督の映画の出演者なんて気にしてないもん(汗

YURIといえばASAYANのスタジオでミニスカートのまんまアグラして全国にパンツを晒してしまったり、耳を動かして宇宙人みたいなことをやっていたような記憶があって、過去の出場者の中じゃ印象に残っている人物だ。ホント懐かしい。スフィアリーグの出場者の中に大櫛エリカを見つけたときくらいの懐かしさ(笑

めちゃイケのやべっち寿司には里田も出演していて、「ついにここまで来たか」という感じ。そういや後藤もちょっと出てたね。何の収録に来ていたんだ? ちなみに収録日は中村ゆりのブログによれば5月23日(水)だけど、よくVTRを確認すると〈冒頭の庄司の弄り+里田・香田の部分〉〈井筒・中村+きくちゃん〉〈フジ新入社員〉の3回に分けて行われていることが確認できる。ヘキサゴンの収録は土曜に行われるので、庄司と藤本について言及した部分は5月26日の可能性が高い。同日に庄司もキャスティングされている「かま騒ぎ」の収録があるみたいなので、果たしてどこまで言及されるのやら。


------


『人志松本のすべらない話 ザ・ゴールデン』にはハロー関係者が多数出演。
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2007/07-142.html

TMCで5月13日(日)に収録。ゲスト出演者全員に本人の名前入りの組み立て式の記念サイコロを配ったらしい(東原亜希ブログ参照)

ハローとの接点のある出演者をあげていくと、
安倍なつみ・大沢あかね・ギャル曽根・鈴木杏樹・つんく♂・時東ぁみ・松井絵里奈・矢口真里・安めぐみ・優木まおみ(50音順)の10人。まあ鈴木杏樹はなっちの友人って接点しかないけど。

ハーモニープロモーションからは大沢あかね・松井絵里奈・安めぐみ・優木まおみの4人。ソニンンを除くハーモニーの主力が全員集結。

つんくは糸井重里等と一緒でアップフロント関係者とは座らず、矢口は大沢あかねと隣り合わせの席。つんくは1ステージ目の収録には他の仕事で間に合わず、2ステージ目から参加。後から『すべらない話』のスケジュールが決まったんだろうけど、なぜそんな中途半端な出演になるのにOKしたのか? 辻の代役? それともどうしても来なければならない理由があったのか?

なっちとギャル曽根と時東ぁみは座るテーブルが一緒で3人横並び。収録翌日の14日には辻に代わって安倍麻美がギャルルに加入することが発表されている。さて、この13日にはいかなる会話が交わされたのだろうか? この段階ではすでに安倍麻美がギャルルに加入することは決定していたわけで、この座り位置には意図的なものを感じるなあ…
だいたいが、事務所が辻の一連の件に関していつから知っていて、いつから対策を練っていたのか、それが疑問で。加護と藤本はともかく、辻の件の対策は急性腸炎報道の前から練っていたんじゃないかなあというのが今のところの感想。

ここのところマイナスな報道が続いていて、その都度その都度場当たり的な反応をしてきたので、改めてここ2ヶ月くらいのことを振り返ってみる。もっと細かく追えるけど、取り上げたニュースは独断と偏見なのであしからず。振り返りたくない人は見ない方がいいかも。



3月10日 杉浦が辻にプロポーズ(杉浦言)
3月15日 ジュンジュンとリンリンの加入発表
3月17日 加護、草津へ
3月18日 加護、喫煙写真を撮られる
3月24日 里田、札幌で写真集発売記念握手会
3月25日 安倍、夕張応援コンサートに参加
3月26日 加護の事務所との契約解除が報道される
3月29日 辻、テレ東アニメ『ロビー&ケロビー』の制作発表に参加
3月30日 飯田、青森県五所川原市で映画『五重塔』の先行上映でPR活動

4月上旬 事務所に結婚前提の付き合いを報告、了承を得る(杉浦言)
4月10日 『何日君再来』製作発表会見
4月中旬 UFA企業広告の撮影
4月24日 ギャルル結成会見
4月25日 辻、急性腸炎で『何日君再来』降番
4月28日、30日 辻、ファンクラブイベント(中止)
4月下旬 藤本、庄司宅に連泊

5月4日 『何日君再来』初日
5月6日 吉澤、モーニング娘。卒業
5月7日 夜 スポーツ紙に辻と杉浦太陽の結婚が報じられる
5月8日 藤本、庄司と岩盤浴へ 庄司コメント求められる
5月9日 全国紙にアップフロントグループの広告掲載
    ハロモニ@ロケ 三軒茶屋
5月10日 辻と杉浦太陽の結婚記者会見、妊娠9週目
5月13日 『すべらない話 ザ・ゴールデン』収録
5月14日 ギャルル新メンバーに安倍麻美と発表される。『Boom Boomめっちゃマッチョ!』のレコーディングとジャケット写真の撮り直しはすでに完了
5月22日 辻、『何日君再来』千秋楽を観劇 出演者に謝罪
     10年記念隊、仙台でドラリオンイベントに参加(久住除く)
5月23日 ハロモニ@ロケ アメ横→東京タワー
5月24日 藤本と庄司の交際情報が流れる
5月25日 フライデーに藤本と庄司の連泊が報じられる
     矢口『くたばれ!ヤンキース』初日。安倍・飯田・高橋が観劇
5月26日 里田、『ヘキサゴン』『めちゃイケ』収録
     『めちゃイケ』かま騒ぎ収録
5月27日 ハロモニ@三軒茶屋OA
5月31日 テレ東菅谷社長、定例記者会見 辻・藤本の件に言及
6月1日 藤本のモーニング娘。脱退発表
6月3日 ハロモニ@アメ横OA



時系列で追っていくとちょっとずつ分かってくることがある(妄想)。
黒い妄想なので気に触る方はスルーして読まないでくださいまし。

まず、辻の妊娠については4月上旬にすでに事務所は知っていたのではないかなと。杉浦太陽の記者会見での発言がどこまで本当かは分からないけど、「4月の上旬に両者の事務所に交際を報告」と言っていたので、この時点で妊娠4〜5週目ということであれば、まず本人たちは妊娠を分かっていたはず。ということは妊娠についての報告もしていたはずで(ここで事務所に隠すほど両者とも馬鹿ではないと思う)、ここから事務所の対策が始まったと見ていいと思う。

もっと早めに報告がいっていた可能性もあるけど、それだとギャルルの活動発表が合わなくなるんだよなあ。早めに知っていれば4月24日に合わせたレコーディングや宣材の撮影はしなくてすんだはずで、ギャルル結成そのものにも待ったをかけられた。

…いや、待てよ、辻がいなくなるのを見越して強引にギャルル結成した可能性もあるのか。元からギャルルはナベプロ主導で、話題作りに辻の件を利用した可能性は充分あるな…それだと結成発表翌日にいきなり辻の急性腸炎が発表されたのも納得のいく話だ。辻はギャルル発表までは何がなんでも仕事をしなきゃならなかったんだなと。

辻が舞台の練習をまったくしていなかったというのは、もう代役が立てられるのがわかっていたからで、4月10日の『何日君再来』製作発表会見時にはすでに舞台関係者の上役たちへのお詫び行脚が始まっていたはずだ。よっすぃーの登板も早めに決まっていたはずで、いくらなんでも卒業公演間近の4月25日に代役を告げて、すぐに出来ると思っているほど事務所も「舞台」を安易に捉えていないだろう。今のハローにとって「舞台」は重要な芸能活動戦略の一環だから、関係者とのコネクションは大事にすると思う(よっすぃーの実力とは関係なく、あくまでも舞台関係のお偉方が思うUFAの「舞台への姿勢」が問題)。そういう意味で辻の急遽降番を受けての場当たり的なよっすぃー代役抜擢とは思えないな。
卒業公演の報道と相まって、舞台もこなしたことでよっすぃーの株はグーンと上がったし、ナベプロにも恩を売れたわけだから、辻妊娠に対しての事務所の対策は意外と上手くいったんじゃないかなあ。

辻が結婚・出産にこだわっていたのだとしたら上手く話を落としたと思う。辻も5月22日の舞台関係者への謝罪&号泣まで上手く演じきったことによって、事務所との義理を果たしたといえる。舞台降番やユニット崩壊、声優活動放棄等、数々の被害をもたらしたにもかかわらず辻が事務所に守られているのは、事務所の対策通りに動いたからなのだろう。モーニング娘。のよっすぃー卒業コンサートが終わるまで辻の妊娠・結婚を発表しなかったのも、卒業報道をそっちのけにされないためであり、辻の件には充分に事務所が対策を立てていたのがわかる。

ま、もっと根本的なメンバー管理は「どうなっとるねん!」って突っ込みもあるけど、元々そういうことにはこだわらない事務所だからなあ…改めて過去のことを振り返ってみてそう思った。
森高千里しかり、円谷優子しかり、羽野晶紀しかり、それに有賀さつきのこともあるしね。反事務所の行動をとらない限り、基本的にはいろんな面で優しい事務所だとは思う。

それを考えると加護の件は事務所にとって余程収め難い事件だったのだろうな。可能性の一つとして、辻の件がすでに3月中に上がってきててW(ダブルユー)の存続はあり得なくなっていたから、加護の契約解除も早かったとも取れる。各種決定は会長の感情的な一言で決まる場合もあるらしいから「辞めちまえ」ってなったのかもしれないな…


スケジュールを追っていくと藤本の報道は5月24日まで待ってもらったのが分かる。5月8日の時点で完全にバレていたのだからフライデーにはもっと早く載っていても良かった。5月18日のフライデーで報じられていてもおかしくなかったのだが、22日には舞台の千秋楽と辻の最後の仕事があったんでね…それまで待ってもらってたんじゃないかな。

実際、23日のハロモニ@inアメ横では藤本抜きでロケが始まっているわけだし、すでにこの時点で藤本が抜けるのは決まっていた。じゃあなぜ藤本の脱退報道を6月1日まで延ばしたかといえば、27日放送のハロモニ@三軒茶屋(5月9日ロケ)の放送が残っていたから。テレ東への配慮と、それと菅谷社長の会見も待っていたと言える。26日のヤンタンで藤本が終始曖昧な態度だったのもこれで納得がいった。

ま、藤本の扱いが今後どうなるかは、まだ分からない。かま騒ぎでの扱いを見てからだな、、、関わりの深いめちゃイケがどう扱うかによって今後の藤本の扱われ方が見えてくるかもしれない。


総じて見ると、この件に関わったスタッフはよっぽど苦労しただろうなと。頼まれてもやりたくない(笑 一つのことを解決する前に次から次へと難題が降り掛かってくる。特にゴールデンウィーク前後は綱渡り的にコトが進んでいってるみたいで。マネジメント系のスタッフと現場系のスタッフの仲は大丈夫なんだろか? マネジメント系のスタッフは怒り心頭だろうなあ。


あ、もう黒い妄想は辞めよう(笑
これ以上長くやっても仕方ないような、、、