Submarine Dog

最近はほぼほぼツイッターでのつぶやきに移行してます。
https://twitter.com/ikedaya1298
@ikedaya1298

10月9日放送予定のTBS『金スマスペシャル』を見て、検索かけて当サイトにいらし方、いらっしゃいませ!

モーニング娘。のオリジナルメンバーである福田明日香さんが参加しているバンド・PEACE$TONEが現在ロッキング・オンが主催するコンテストに挑んでいます。

http://jack.ro69.jp/contests/jack2015cdj/artists/33020


PEACE$TONEはTERRAさん、福田さん(asuka)をボーカルに、やまんchangがギターやマニピュレーターを担当に3人組でやってきましたが、今は福田さんは産休中、グループはさらにダンサーやコーラスを加えた多人数編成で活動をしています。

テレビを見て、ここを訪れてくださった方、リンク先を見ていただいて一票入れていただけたら幸いです。
これでコンテストを勝ち抜いていくと年末のカウントダウンライブ『COUNTDOWN JAPAN 15/16』への出演とCDの制作費が提供されるとのことです。


福田さんといえばモーニング娘。に在籍していた頃に『ロッキンオンジャパン』を読んでいたというエピソードも残っています。その話から18年、たまたまここを訪れてこの話を目にされた方、どうか力を貸していただけたらなと。

お願いしますね。

なんだかアクセスが凄い上がってたので何事かと思ったら、PEACE$TONEのasuka、ここでは福田さんの公式発表があったからだった。

PEACE$TONE公式ブログ
http://ameblo.jp/peacestoneofficial/entry-12067292941.html

4月にそんな話があって、落ち着くまではライブ出られんねえなどと仲間内では話していたので、今回の発表ということは少し落ち着いた感じなのかな。

この先も無理せず、無事元気な赤ちゃんが生まれることを願っております。

PEACE$TONEのライブはねえ、やっぱり福田さんの声がないと寂しい部分はありますね。PEACE$TONE初期から2人の声をベースのものとして聴いてきてるんで、その「声」がないというのはやはり気になります。

早く戻ってきてほしいなあという思いと、無理せず自分の体調大事にして!という思いと、その辺が混在してるから何とも難しい感情なんですけどね(汗

まあPEACE$TONEに関してはもう長く見続けてきたせいか、福田さんがいるいない関係なしに、箱(バンド)として完全に自分の気持ちの中に入っていて楽しめるものになっているので、その辺自分自身も心配はしてないかな。

盛り上がる曲から聴かせる曲、またちょっとふざけてみたりと曲調はバラエティに富んでいて楽しいし、演奏はしっかりしてるし、誰が出るのか分からないドキドキ感があるし(笑)で、生のライブはとても楽しい。

最近はステージの演出もこなれてきて、特に盛り上がりという部分では大きく進歩したんじゃないかな。タオル回したり、SDNの元メンバーに振り付けしてもらって皆で踊ったり、いろんなことが加わってきてる。

そんな感じなので、普通にPEACE$TONEのライブを楽しみつつ、asukaさんの帰りを気長に待つという感じになりそう。まあ待つのは慣れてるので(笑)、1年くらいどうということもないかなあ。

こんなとこですかねえ・・・


あ、改めてご結婚&ご懐妊おめでとうございますということで!



気になった方、昔福田さんの声が好きだった方はぜひとも2ndアルバムが発売されたばかりなので聴いてみてください。良い曲入ってますよ!

https://peacestone-official.stores.jp/

先日、品川プリンスシネマにて太田隆文監督の新作映画『向日葵の丘 1983年・夏』を見てきた。

ここを見てくださっている方はご存知かと思うが太田監督は『太陽娘と海』や『モーニング刑事。』など初期のモーニング娘。の映像作品に関わられた方。

亡くなったカントリー娘。(になる前)の柳原尋美さんの映像やお話をたくさん残してくれたことで覚えていらっしゃる方もいると思う。

太田監督の初映画監督作品『ストロベリーフィールズ』の時のインタビューやブログで、そこにあった思いを聞き、また数々の思い出話を載せていただき、それ以来応援させていただいている(いや、追いかけていると書いた方が正しいか 笑)。

その後、書道を題材にした『青い青い空』や原発問題に向き合った『朝日のあたる家』を制作。そして最新作が今回見てきた『向日葵の丘』となる。

前売り券を渋谷で買ったので、渋谷で公開されたら見ようかどうしようか考えていたところ、太田監督が品川の映画館に来るという話なので、ちょうどそちら方面に出る予定もあったので、「これは!」と思い、その日に見ることに決めた。


映画は主人公・多香子が自分が高校生だった1983年を回想することで物語が進んでいく。その辺詳しく書いてしまうとネタバレになってしまうので難しいところだが、最初はリンクしなかった現代と過去が物語が進むにつれ、どんどん繋がっていくことが、この映画の見所ではないかと思う。

メインキャストを演じる<現代の>常盤貴子さんら3人と<1983年の>芳根京子さんら3人の役が映画が進むにつれ、同じ人物に見えてくる。それが楽しくもあり、物語の流れにおいて悲しくもある。

この高校生で1983年という時代、自分は少し下の世代なのでどこまでリアルに感じられるだろうかと見る前は少し不安があったが、学校の様子といい街並みといい、素直に受け入れることが出来た。

1983年で高校生3年生ということは『金八先生』の1期・2期(放映が1979・80年)の頃の生徒たちがちょうどその世代にあたる。再放送で見ていた杉田かおるやマッチや加藤優(直江喜一)たちの3年後の世界なんだなと、そんなこともふと思う。


また、映画を見ていて街並み・風景を単独で抜いたカットが多いようにも感じられた。これがまた綺麗な映像で、この映画の舞台となった静岡県・島田市にとってはこの映画が街の記録にもなるだろうと思った。

映像を撮ったのは三本木久城カメラマン。太田監督の作品にはこの方あり!で、これまた初期のモーニング娘。の映像作品に関わっていた方。昭和の時代の街の景色、そして現代との対比、そこにノスタルジーが現れていて物悲しくも美しい。

主人公・多香子が帰郷して30年ぶりに街を歩き、そして実家へ入る時に見せた葛藤の表情まで、そこに自分はグッと引き込まれた。セリフは少なく映像だけで語りかけてくる、そこにある「間」が切ないのだ。多香子の気持ちがスクリーンから溢れていた。


それと、この映画には映画好きにはきっとたまらないであろう会話が多数盛り込まれている。もし詳しく知っていたら、主人公たちが交わす会話に出てくる名優や名作の数々の名前、それに対するコメントなど、きっとマニア心をくすぐるものになっているのだろうなと想像できた。

特にあるシーンに出てくる8ミリのフィルムの種類と解説など、きっとマニアにはたまらないのだろう。

マニア心といえば、最初に出てきた主人公の部屋に貼ってあった『青い青い空』のpart2と『不揃いのいちごたち』のポスターや、平沢いずみさん演じる元女優の役名が「マリン」であったりしたことは自分的にくすぐられた。

「マリン」の役名は『太陽娘と海』の主人公で建みさとさんが演じていた「DJマリン」から来ているのだろうか? 気になるところである。「マリンのFM100」なんてセリフが頭をよぎる(笑)


さてさて、公開中でもあるし、長くもなってきたので、この辺にしたいところで、最後に一つ。

太田監督作品、確実に映画の撮影規模が大きくなってるんだなあと感じる。もちろん規模の大きさで映画の良し悪しが決まるわけじゃないが、出演した俳優さんたち、多数の市民俳優と地元の協力、撮影期間もかな? とにかく支持する背景が大きくなっているような気がするのだ。

これはそこに良い関係があるんだろうなと思わずにはいられない。そして今回の繋がりがまた新たな繋がりを生んで、なんだかまた次の作品で「ドバっ」と来そうな気がするのだ。なんだかそんなことを考えてしまうエンディングでもあったのだ。切ない中に感じる温かさというか、ほっこりする気持ちとでもいうか・・・

全体を通してみても優しい気持ちになれる映画だったなぁ。涙腺は基本的に弱いんで、そこいら辺は書かないでおきます(笑)



ということで、監督、ありがとうございました。
お会いできて嬉しかったです!
公開がまだまだ続きますが、お体気を付けてください!


今日は尋美さんの命日。

お花を持って伺ってきた。


いつも訪れる時はどこまでも澄み渡った青空が広がる天気だったが、あいにく今年は台風のせいでそれは望めそうにない。

やはり雨に降られながらの出発で、時には激しく雨がフロントウィンドウに打ち付けていた。

・・・しかし、到着間近、いつも寄るお店で花を見ていたら一部雲が晴れて光が射してくる。

おぉ。

着いた時には雨は完全に止み、いつものような暑さもやってきた。


そういうのを信じているわけではないけれども、やはりこれは彼女の持つ力なのかなともふと思う。

そうした巡りあわせの感謝をしつつ、また訪れることを胸に後にした。



今年は小林さんのCDが発売されたばかり。
太田監督の映画公開ももうすぐ。
また、去年には小林さんとりんねの再会もあったりと、彼女のまわりの人たちに動きのあった一年でしたね。

気持ちが引き締まり、また澄んだ気持ちにもなった一日でした。

先月思わぬことに、モーニング娘。の宇都宮でのコンサートのチケットを譲っていただけることになり足を運ぶ。

モーニング娘。単独コンサートだと約10年ぶりくらいになるかもしれない。ある意味まったく違うグループ、初めての現場に行くような気持ちで向かうことになった。

自分は2期までの8人がグループを去った時点で区切りをつけているので(自分の中でですよ)、今の子たちには何の先入観もなく一アイドルグループとして見させていただいた。

という上での感想。
というか、時間が少し経ってしまったので覚えている範囲での羅列。

会場に着いてまず思ったのは昔より女性客が増えたなということ。
まあこれは前から聞いていたので驚くことでもないが、それでも最近見る機会のあったアイドルグループの中では一番多いような気がした。*1

それでも宇都宮は女性客が少なかったというような話も聞いたけど、まあそれは客観的データがあるわけでもないので、なんとなく多かったということで良しとする。

中に入ってみると、これは昔ながらの光景で、色とりどりの推しのTシャツとファンの空気感。開演前に後ろが気になって仕方がない人や、あの語尾が上がる独特なイントネーションでメンバー名を叫んでいる人がいて、これは変わらないなあと思う(笑)

ライブに関しては、良く言えば統一感のある、逆に言えば一本調子であるのかなと思った。

EDM路線を貫いていて、それに基いた振り付け・フォーメーションはリズムにも乗りやすく、観客も一緒になって踊ったりするにはとてもいいのかなと。振り付け自体も全体を通して統一されているように見え、こういう路線が好きな人はとことん好きになれそうだなと思う。

自分としては『サマナイ』と『メモ青』は昔のアレンジのまま、コーラスを重視している方が好きなのだけど、コンセプトとしてEDMを貫くのもアリだと思うので、そこはさらっと受け流す。

歌に関してはEDMってこともありなんとも言い難い。現場の音も若干高めに出てた感じで*2、機会があればもっと真っ新な歌声を映像でもなんでもいいので聴いてみたい。

何人か歌声に「おっ」と思う子がいたのだけど。正直申し訳ないことに全員覚えきってないので、それはまたちゃんと知ってからということで・・・

あ、一つマイナスなことで気になったことといえば、やっぱり人数多いなと思ったこと。ステージでライン作っている時も狭そうだったし、途中に階段があるから安全面でもちょっと心配だった。

自分は目で追いながら分け隔てなく見るのは10人くらいが限界だと思っているので、その点からも人数については考える余地があるのかなと。まあそれでどのメンバーがどうとかいう話でもなく。

思い出して言うなら保田さん・安倍さんが辞める頃の15人・16人体制の一目で多いなという感じと似てると言えるのかもしれない。

全体を通して見ると、ステージの完成度としては申し分ないかなと。もちろんもっと歌が上手かったり、踊りが上手かったりするグループはあるけれど、自分たちのコンセプトを確立して、それを見に来ているお客さんにしっかりと求められているものを提供している点では申し分ないと。

その分、抑揚というかバラエティ感は控え目なので、そこは自分としては欲しいところでもあった。2時間というライブならば、もうちょっと曲調にふり幅が欲しいというのが、個人的に正直なところ。おそらくは今はそれは求められてないことだとは思うけど。

あ、あとはMC。
これは格段に進歩を遂げていた。

客席の反応を見つつ、また会話の流れを意識しつつ上手にトークを回している様を見て、これはイイなと。

どうも世の中にはライブハウス等に出てくるバンドやアーティストたちより、アイドルのライブを下に見るような風潮が垣間見えることがあるけれど、モーニング娘。に限らずアイドルの方がよっぽどMCの下準備して話す内容も考えてるよと。お客に対してきちんと向き合ってるよと。*3

それをこのモーニング娘。のコンサートに行ったときに思い出した。


まあこんな感じで、ある意味新鮮に面白く見させていただいたということで。
もっと掘って書こうかとも思ったけども、いろいろと思うことがあり、これ以上長くも・・・ってことで、さらっと終えよう。


-----------------------------------------
*1ちなみに女性グループという範囲まで広げるとLittle Glee Monsterが女性客が一番多いかもしれない。女子中高生に圧倒的に支持されているイメージ。先日拝見した某アイドルグループはほぼほぼ男率100%だった。
*2昔は代々木体育館とかこれが酷くて、なんでこんな変な音出してるのって感じだったよね、と。
*3もちろん、どちらも一部グループの話。

4月、5月と比較的いろんな公演を回ったのにその感想が書けてないことを思い出し、ざっと書いておこうと思う。


まずPEACE$TONE。最近はしょちゅうあるので、ちょっと前なのに記憶の混同が始まっているという(笑)

2ndアルバムの『Door's』が発売されたこともあるので、そちらの曲が中心。正直このアルバム、ちょっと録音環境が悪いのかな?というか、音質に「?」を感じる部分もあって、仲間内でもその話がちょこちょこと出ていたのだけど、運営事情もあるだろうからということで話を落ち着ける。

基本的にライブ以外のことは彼らはほとんど話さないし、こちらも尋ねることもないので、芸能活動状況は謎な部分も多い。もう少し展望が見えれば二次宣伝というか、拡散のお手伝いもしやすいのかなあとも思う。

まあこれはもう一枚ミニアルバムが出て、曲が出揃ったらってことなのかな? 夏フェスにも出るみたいだし。プロデューサーさんが精力的に活動されているので、見る側としては情報待ちですな。

次回のアルバムに入るであろう新曲『ONE』は、アップテンポで盛り上がれる曲。この曲が当面のキラーチューンというか、看板曲になっていきそうな感じ。


ちなみに、やはりファンサイドで話に上がっていたPEACE$TONEは3人なのか、4人なのか問題。

http://stoneprojectstaff.wix.com/stoneprojectofficial#!artists/c1h6a

これを見る限りはNOZAWAさんはサポートってことなのかなと。でも、ちらし配ったりYoutubeの番組に一緒に出てたりで、もうメンバーという感じしかしない(笑)

【公式ライヴ映像】PEACE$TONE 『ONE』 1CAM映像 2015.5.6 渋谷GUILTY/ created by 再起$TONE


毎回バンドの基本編成でギター3本とかコーラスも入ったりして、現場の音的にはなかなか豪勢。もう少し曲数やれればいいなーと思うのだけど、それは対バンライブなのでねえ・・・

早くワンマンでやれる日がくればいいなと願うばかりなり。

4月16日といえばちょうど16年前にミュージックステーションにモーニング娘。が『Never Forget』で出演した日。
近年は特に気にすることもなかったその日が、今日に限ってはその偶然性、いや必然性に駆られてつい思い出してしまった。

PEACE$TONEのオフィシャルでの発表によれば、福田さんご懐妊とのこと。

中澤さん曰く「永遠の中学生」だった明日香がついにお母さんに!

いや、もう本当におめでとうございます。


まあでもこれで何か変わるかっていうと、そんなに変わることもないんじゃないかなという気はしてる。

もちろん体調的なことやその後の子育て等、環境的な変化はあるんだろうけど、PEACE$TONEのasukaとして、一歌手のasukaとしては変わらないんじゃないかと。

さっそく「ライブには這ってでも出る」というようなことをおっしゃっているようだし、歌の世界にはずっと留まっていてくれるのかなと。




そこはまったく心配してないのだけど、この際、ちょっと自分の中の葛藤というものも書いてみる。

自分は基本的に舞台の上の人とは距離感を保っていたい派で、そこに交流を求めたいといった欲求はほとんどない。ライブの感想なんかはスタッフが集めてもいいと思うし、今の世の中ネットを利用すればどうとでも集まっていく(内容の是非はともかく)。会って数秒の間にそんな深い話が出来るとも思えず、表層の会話が続くという状況も自分は馴染めない(そういうのが得意な人がいるというのも分かる)。

これが例えば飲み屋で話すとか、推敲を重ねた文章でやり取りするというなら別で、突っ込んだ話が出来るならそれは大いに歓迎なのだけど、それはもはや演者と見る側の関係でもない。

そんな基本的な考えなので、アーティスト側からの認知という点に関しては自分はまったく興味はない。でも、もっと根本的に正直に福田さんはかつてのモーニング娘。時代のファンがいまだに来ていることをどう思っているのかなというモヤモヤとしたものをずっと抱え込んでPEACE$TONEのライブに自分は行っているわけで・・・

もちろんモーニング娘。時代の曲をPEACE$TONEのライブで歌ってほしいとか微塵も思っていないし、認識としてはPEACE$TONEのメンバーの一人という以上のものではないし、そこはもうPEACE$TONEを見て数年経つので割り切りは出来ている。

でも思ってしまうんだなあ。
福田さんにとっては迷惑なんじゃなかろうか・・・とかね。

PEACE$TONEで活動して数年が経った今でも福田さんが進んでMCを取るということもないし、話を聞けるとしても東スポで連載していたような自己完結に近い話が多いので、話からは演者と見ている側の距離感は全然掴めない。

別にそれはもちろん福田さんのせいではなくて、なーんとなくアンタッチャブルな感じでずっと来てしまっていただけのこと。他にもグループとしてどこに着地することを目指しているのかとか、ある程度の基本的な活動方針とか、そういったものが見えてくればファンサイドも動けるものがあるのかなあとか考えてしまうのだけど、現状のままフワッとした感覚で見ているのも楽な気がして、どうにも考えがまとまらない。

というような、矛盾というか葛藤を抱えながら見ているわけでございます。

まあこれはPEACE$TONEのメンバーやスタッフさんたちとも関係なく、自分の内なるものなのでモヤモヤ感の払拭はなかなか難しいのだけど・・・

ま、解決しないことなので、この辺で。


せっかくのおめでたい話が出た日になんだけど、ちょうどいい機会かもなと思ったこともあったので。関係ない話になってしまって申し訳ない。

何はともあれ、明るい話題を提供してもらえるのはありがたいことです。
本当にめでたい! ちょっと寂しいような気もするけれども(笑)
これは中澤さんの「永遠の中学生」に引きずられているのかも。

このページのトップヘ