Submarine Dog

最近はほぼほぼツイッターでのつぶやきに移行してます。
https://twitter.com/ikedaya1298
@ikedaya1298

このブログは2002年から続いているものです。
書いた当時の気持ちや考え方は今は変化した部分はありますが
当時の情勢や空気感を残しておくためにそのままにしてあります。
その辺ご理解の上お読みいただければと思います。

<第1回>ASAYAN、1997年までの経過とオーディションの歴史
第2回>1996年のモーニング娘。たち
第3回>1997年4月オーディション開始、福田明日香と東京予選
第4回>1997年5月、中澤裕子と大阪予選
第5回>1997年6月、石黒彩と飯田圭織の札幌予選
第6回>安倍のオーディションとその選曲にまつわる話
第7回>寺合宿開始とASAYAN制作裏話
第8回>最終審査と平家みちよのこれまで


    < 9 >                (敬称略)


最終審査が行われた翌日の8月4日。

シャ乱Q女性ロックボーカリストオーディションが盛り上がっている中で、『ASAYAN』はもう一つの盛り上がりをみせていた。

第1回で書いたデビュー予備軍・AISでデビューを勝ち取れなかった田口理恵・片桐華子・大櫛江里加の3人で結成したSay a Little Prayerが、インディーズCDを1店舗10日間で1万枚売ったらレコード会社と契約できるという企画にこの日から挑んでいたのだ。

Say a Little Prayer『小さな星』


タワーレコード渋谷店で手売りを行った3人は初日に約7000枚を売り、翌5日午後8時半頃に1万枚完売を達成。10日予定のところを2日で売り切り見事メジャーデビューの夢を勝ち取った。

この記録は1店舗における1日のCD売り上げ枚数の世界記録だったが、その記録は3カ月後にあっさりと抜かれてしまうこととなる・・・


そして1997年8月14日。

最終審査が終わってから10日あまり、再び11人は東京に集められた。シャ乱Q女性ロックボーカリストオーディションの優勝者がついにこの日発表されるのだ。

予選会場に足を運んで1次審査を受けた参加者約9900人。4ヵ月にわたって繰り広げられたオーディションもようやく終わりを迎えようとしていた。

安倍は即キープで最終審査に進んだこともあって「もしかすると」という期待を胸に上京していた。前日から泊まり込んでいたホテルでは飯田と同室だったが、飯田が「優勝は平家さんかなあ」と言っている横で期待の膨らみ過ぎた安倍の鼓動は高まるばかりだったという。

しかしこの時の合宿メンバーの仲間内の予想では「ロックボーカリスト」という募集で開催された以上、平家か石黒のどちらかだろうという予想に概ね落ち着いていた。安倍はナインティナイン岡村から「実写版綾波レイ」と言われるほどビジュアルとしてはアイドルに寄っていたし、福田は抜群の歌唱力を誇るとはいえ最終審査の歌審査直前のフラフラの状態を知られていたことや年齢からいっても予想の中には入らなかった。

グランプリの栄冠は歌で安定した力を見せ、合宿生活にもダンスにも必死に取り組んだ平家みちよの頭上に輝くことになる。即戦力を求めていたはたけの要望とも合致していたし(11月のシャ乱Q武道館ライブに立たせることになっていた)、周囲の参加者からもその実力を認められた栄冠となった。オーディション開始時から自分のことを「凡人」と言い続けた平家が凡人でなくなった瞬間だった。



落選を受けて後のモーニング娘。となる5人は最後の心境をこう述べている。



「ちっちゃい頃からずっと歌が好きで、何時間歌っても飽きないんですよ。だから私には歌しかないなと思って。売れなくても自分が好きな音楽をやっていけたらって思ってます」(福田)



「とりあえず、今の生活からは抜け出したいんで……。これからも人生冒険します」(中澤)



「ASAYANしかないから、オーディションって。だからASAYAN……また受けます」(安倍)



「やっと終わったって感じ……。(平家には)おめでとう、って。ホント嬉しかったし」(飯田)



「歌も頑張ってたし、ダンスも頑張ってたし、平家さんは自分より全部上だったんで、認められます」(石黒)

<コメント部『モーニング娘。5+3-1』より抜粋>

こうしてオーディションは終わり最終予選で敗れたメンバーたちもそれぞれの地元に帰って行くのだが、安倍は室蘭の自宅に帰るまで…いや帰ってからも泣き続けた。

どん底まで落ち込んで泣いていた安倍のところには飛行機のスチュワーデスまでが慰めにやってきたという。機内で配るお菓子を差し入れ「これ食べて元気出して」と、まるで子供をあやすようだった。この後何十回と羽田と千歳を往復することになる安倍はこのスチュワーデスの方と再会したという。

また、関西に向かう新幹線組の二人は平家が中澤に「整形した?」と最後の質問をしていた。もちろんこれは二人の中での笑い話なのだが、こちらは札幌組とはうって変わって明るい帰路となったようだった。

これでオーディションはすべて終了、誰もがそう思っていたがこの後事態は急展開を迎えることになる。

5月20日。STONE Project主催ライブ「大人の休日倶楽部vol.3」へ。会場は自分はお初、蒲田music bar CODA。蒲田は電車やクルマで通過することはあっても、駅に降り立つのも初めて。

今日はSTONE Projectから3組、ギターインストお一人の計4組の対バンライブ。barというだけあって地下のこじんまりとした空間ながら雰囲気もなかなか良く、ステージに集中して見やすい。音響も空間に合っていて聴きやすかった。


1組目はNOVAS。

PEACE$TONEのayumiさんとSTONE Projectのエマさんが組んだ2人組ユニット。
そういえばなんとなく似ている部分があるなと思ったり。ダンスの振り付けを見てWINKやったら面白いかもなどと考える。

2曲目の『party time』。「お、これイイね」と思う。二人の声の相性的にアップテンポで押し出すのが似合うような気がした。明るい素直な曲調が良き良き。

最後のカバー曲『愛唄』は選曲理由なんかをMCに挟むと良いかも。PEACE$TONEのイメージカラーが緑だからGReeeeNではないですよね? 笑


2組目は山内美空さん。

青森出身、仙台在住のピアノ弾き語りシンガー。
自己紹介の時に青森の三内丸山遺跡のことを思い出したが、「やまうちと書いて山内(さんない)です」との説明に「あ、関係ないのか」と分かる。名前をお聴きして勝手に縄文式の住居と青空の遺跡の風景を思い浮かべていたので 笑

青森県の歌という『青い森のメッセージ』をYoutubeで聴いて掴んでいたイメージよりも、生で聴いた声は低めで良い意味で雑味のある声だった。自分が言うのもおこがましいが、歌手らしい声とでもいうか。

通しで聞いていると、もう少し高めで歌うところが欲しいかなと思う。ここいらは好みの問題ですかね。今日は初見だったので、次の機会に見た時にイメージは変わるかも。そんな期待を感じさせてくれるステージでした。


3組目にPEACE$TONE。
TERRAさんと福田さんの2人での出演。そしてピアノサポートに麻衣さん。

今日はオケを使わずに生音のみのアコースティックな構成。
2ndアルバム後編からの楽曲で物語を紡ぐ。

いつもはオケで電子的な印象の強かった『プロローグ』を生音・生声でやった時点で、「これまでと違うぞ!」と昂ぶる。PEACE$TONEのサウンドはバンドとして耳に馴染んできたので、ドラムレスでアコ編成の今日の音はとても新鮮。しかもこんなにピアノとマッチするとは。

曲順がアルバム通りのままだったか自信がなかったのだが、セットリストを見るとどうやらアルバム『Door's〜時の旅人〜』のままやったようだ。今日は二人の声がよりハッキリと聞こえてじっくり聴き入ることが出来た。改めて二人の声の相性良いんだなと納得。どちらがメインを取ってもハモにまわっても気持ちよく聴こえてくる。

後半の『いちょう並木通りのある街』『みんな旅人』はより気持ちが入っていてグッときた。福田さんもこみ上げるものがあったようで、いい歌でしたね。

今日はピアノのアレンジもまた素晴らしく。CDとはまったく違う音の世界に魅了される。あまりにも良かったので、帰り際にこのアコースティックバージョンでCD作ってとTERRAさんに言ってしまった 笑 ただの伴奏ではなく、ピアノの存在が曲に寄り添って広げている感じでしたね。

終わりの『エピローグ』も生歌・生演奏で(これも大所帯バンド時代はオケで流していたものなので)、音の世界観として連続性があって、オケよりもエピローグ感が出ていた。
「あぁ、これで終わりか」という寂寥感を感じさせ、また次の機会の『プロローグ』を聴きたくなる、そんな終わり方でした。


ラストにギターインストゥルメンタルの石川巧馬さん。

セッティングやチューニングしている段階で、これは面白そうだなと期待感高まる。
ギターインストでやるだけあって、その流れるようなギター捌きに見入ってしまう。たぶんお客さんの目線はみんな手元に集中 笑

楽曲はよく知るメジャーな曲をアレンジしたものからオリジナルまで。
その中でもオリジナルの『スリップストリーム』をよく覚えている 笑 ゆっくりよりもこの曲のような早めで疾走感ある方が好き。MCでモータースポーツの話にいくかと思ったらミニ4駆の話にいったので「そっちか!」と心の中でツッコミ。

贅沢を言うならば個人的にはもう少し音が生音っぽい方が好みかも。すごい数のエフェクターを持ち込んでいらっしゃったので、相当こだわって辿り着いた音だろうと想像できるけども。個人的好みです 笑


全体を通して見ると、「大人の休日倶楽部」というコンセプトがより明確になってきた感じ。PEACE$TONEで言えば毎回ガラッとイメージが変わって、多角的に見れるのが面白い。見ている側に意外性や新しい興味ポイントを提供してくれている。ふり幅の広さとその自由さが大人の休日倶楽部とも言えるのかなと。

連載から離れて最近ちょっと思うこと、あるいは中途半端に考えていること、などを記しておこうと思う。


●『ASAYAN』に思うところ

連載でずっと『ASAYAN』のことを書いているが、実はけっこう嫌悪感を抱く部分も多かったりする。

自分が好きなのは(青臭い書き方をすれば)夢に向かって一生懸命頑張っている姿であって、そこにしかない喜びや涙や葛藤が心の琴線に触れて好きなのだ。

だから、その一生懸命やっていることを馬鹿にしたような笑い方をする(それも芸の内なのかもしれないが)ナインティナインやつんく氏に対して思うことは多々ある。芸人が芸人を笑っているのではないし、笑われる方も笑ってほしくて一生懸命やっているわけではないので、それを笑うことに自分は好感を持てないでいる。ただしそれで彼らが嫌いという単純な話ではなく、一面での話。

同様に、『モーニングコーヒー』のパート割りをめぐる飯田さんの件にも見られるような強引な話の「ヤマ」作りも好きではないのだが、それは前述の葛藤等が見える場所でもあるので、これまた単純に嫌いとは言えない部分。



●石垣島

貴重な情報ではあるものの書いていないこと(書けないこと)がある。それを知ってから島の景色を見てみたいなーと思うが色々と事情があって行けずにいる。しばらくは行くのは無理だと思うので、もし行く方いらしたらお声がけください。

ただし、このサイトに「石垣島」と書いてあったらそれが何を示唆しているか分かる方と、ハンドルネームと言えどもブログなりツイッターなりで基本的な考え方やスタンスの分かる方に限ります。



●錆びつきが深刻

20年前のことを再度連載中、記憶を辿る作業がなかなか困難に 笑
さすがにね、記憶の引き出しが開きにくくなっていることを実感。
誰かに聞かれたりすると、スッと話を展開していけることもあるのに、一人で考えているとそこまで考えが至らないことが多い。

まあでもここまで覚えていたのも、なかなかたいしたものではないかと自画自賛(笑) 資料整理・事績整理しておくと、その作業によって後々の記憶に役だっているのは確実。

現在進行形のものについても、見たこと感じたことを書き残しておくことはやっぱり必要ですね。

いつか来た道


<第1回>ASAYAN、1997年までの経過とオーディションの歴史
第2回>1996年のモーニング娘。たち
第3回>1997年4月オーディション開始、福田明日香と東京予選
第4回>1997年5月、中澤裕子と大阪予選
第5回>1997年6月、石黒彩と飯田圭織の札幌予選
第6回>安倍のオーディションとその選曲にまつわる話
第7回>寺合宿開始とASAYAN制作裏話



    < 8 >                (敬称略)


最終審査では11人を一つのグループとして振り付けがされ、その上でダンス審査を行った。

そのダンス披露で選ばれた曲は『リーチ』。
ダンスレッスンを担当した夏まゆみ(以下夏先生)の選曲で、曲名と手を伸ばす振り付けには「みんなが夢に手が届きますように」という願いがこめられている。

ステージ披露の前に夏先生と11人が円陣を組んで気合いを入れる。
「一番良い状態を見せるんだよ」と夏先生は11人を送り出した。

そしてダンス披露。



結果は夏先生にとって満足のいくものではなかった。
戻ってきた11人に頑張っていたことは認めた上で「練習のときの方がよかった」「これからプロとしてやっていくつもりなら本番こそがすべて」と涙ながらに怒る。11人もその夏先生の熱い思いと情熱に打たれ、また「今日で会えなくなる子がほとんどで…」との夏先生の言葉に涙していた。

この時のことを中澤は「夏先生は最上級の愛とエネルギーを与えてくれた」と後に語っている。単なるスパルタ教育ではない、そこには深い心の繋がりが生まれていた。











その後に行われた個別の歌審査。
シャ乱Q・はたけによって直前にメロディーラインの微妙な変更があり、それが11人を苦しめることになる。

「プロになるからにはこういう変更はいつでも有り得る」とはたけから説明があったが、緊張の極限状態にあったオーディション参加者にはかなり酷な要求だったようだ。歌審査で声が震えたり歌詞が飛んでしまったりと普段の実力を発揮できないメンバーが続出することになる。

福田はダンスの後の夏先生とのやり取りを引きずっていて、歌審査の直前まで泣いていた。福田自身はダンスは踊れていたと思ったらしいのだが、周りの泣いている空気にのまれ、ずっと張りつめていたものが爆発してしまったらしい。歌う間際になっても立ち上がれず、気力がまったく出てこなかった。意外なことにこのときボロボロだった福田を励ましたのは最もオーディションで目立ち強気な言動の多かった兜森だったという。兜森の励ましを受けてなんとか福田はステージに立った。

この歌審査で使われた曲が合宿で練習した課題曲であり、後の平家みちよのデビュー曲の『GET』である。平家がハロプロを去ることになった2002年のラストライブでも『GET』は最後の最後に歌われている。

この歌審査の直後にシャ乱Qと和田マネージャーによる個別面談があり、それが終わったあと一旦解散となりそれぞれ帰郷した。帰りの新幹線では緊張から解放された中澤が平家にビールを買いに行かせて、平家が戸惑ったとかそんな話も伝え残る…

平家はこのとき高校3年生の18歳。
中学1年の頃にGAOの『サヨナラ』という曲と出会い、この歌をすごく好きになったことが歌手を目指すきっかけだった。GAOのファンクラブに入り、いつか会うこともあるかもしれないと思い、必死になって『サヨナラ』の練習を積んだ。

中学2年の修学旅行のバスの中で平家はこの歌を披露する。
それまで地味に学校生活を送っていた平家だったが、この時は今まで見向きもしなかった同級生たちが平家の歌う姿に振り返った。
いよいよ平家は歌手を強く志すようになる。

平家の8歳年上の姉の中学の同級生には歌手の平井堅がいた。彼は1995年にデビューしているので、そんなことからも歌手という夢を追いかけることになったのかもしれない。

中学2年からオーディションを受けること十数回。ASAYANのオーディションも3回目。平家の夢はあと一歩のところまで近付いてきていた。


GAO『サヨナラ』



いつか来た道


<第1回>ASAYAN、1997年までの経過とオーディションの歴史
第2回>1996年のモーニング娘。たち
第3回>1997年4月オーディション開始、福田明日香と東京予選
第4回>1997年5月、中澤裕子と大阪予選
第5回>1997年6月、石黒彩と飯田圭織の札幌予選
第6回>安倍のオーディションとその選曲にまつわる話



    < 7 >                (敬称略)


上京して世田谷区砧のTMCでスタジオ審査を受ける札幌組。
安倍は早々に「即キープ」として最終予選へ駒を進め、石黒と飯田も追加審査を経て勝ち進んだ。

最終審査まで残ったオーディション参加者は合計11名。
ここでオーディション優勝者を決めるために全員を集めて合宿を行うことがシャ乱Qから発表される。

当時ASAYANでは敗者復活の3人組・Say a Little Prayer(第1回参照)が手売りで1万枚を売るという企画に挑戦しており、そのために合宿する様子も放送され、それが好評だったこともあるのだろう。一旦それぞれの地元に戻っていた11人は再び東京に呼ばれることになった。ただし、この時点では「スニーカーとジャージと着替えを持って」としか知らされておらず、全員で合宿をやることは参加者には知らされていなかった。

安倍は上京直前に開催された「むろらん港まつり」に繰り出しひと時の息抜きをし(結果としてこれが安倍の最後の地元のお祭りへの参加となった)、中澤と平家は再会を喜び、飯田は再び現れた鼻ピアスの石黒にビビり、他の多くの参加者たちもそれぞれの思いを胸に集まってきていた。





1997年7月28日。
赤坂の東京吉本(現在は新宿に移転)の前に停められたマイクロバスに上京してきた11人の参加者たちは乗せられる。行き先は告げられなかったのでまだ笑顔を見せる余裕のある子もいた。

ちなみに東京吉本に集められた理由。
『ASAYAN』は吉本興行の制作番組でたびたび収録も赤坂の吉本社内で行われていたからなのだ。社内にASAYANのスタッフルームもあった。パーテーションの仕切りが見える会議室のような場所でのロックボーカリストオーディションの映像は、ほぼほぼ当時の吉本社内の映像だと思って良い。

番組プロデューサーの泉正隆も吉本の社員だった。
泉正隆といえばモーニング娘。のメンバーたちが『愛の種』を手売りしていた頃に強烈なダメ出しをしたことで知られる人物で、逆にそれで後々までメンバーからの信頼を得ている。各メンバーたちの卒業公演にも顔を出していた。

泉正隆は吉本印天然素材(ナインティナインら吉本の若手芸人たちのユニット)の立ち上げを行った人物でもあり、その縁もあってかナインティナインや夏まゆみ(吉本印天然素材のダンスレッスンをしていた)らが『ASAYAN』に関わることになった。

吉本の反主流派と言われていた時期もあったがグループ内事務所・吉本SSM社長を経て、後にはよしもとクリエーティブ・エージェンシーの取締役副社長まで務めた。

また『ASAYAN』はエイベックスをメインスポンサーとし、その関係で小室哲哉やMAX松浦らの影響力が強い番組でもあった。

そのため、ここに割り込んでメイン企画を作り上げたアップフロントエージェンシーとシャ乱Q、というか和田マネは敏腕であったといえるだろう。

とはいえ前年に行われた三井のリハウスCMのオーディションにおいて、オーディション前のCMはアップフロントエージェンシーの建みさと(後にドラマ『太陽娘と海』でモーニング娘。らと共演)が担当しており、オーディション後には吉本SSMに所属することになった池脇千鶴に変更されたので、その頃からアップフロントの入り込む下地は出来ていたのかもしれない。ロックボーカリストオーディションの開催も96年末には決まっていたとされている。

この他『ASAYAN』には電通も制作で関わっており、またタカハタ秀太ら制作陣も精力的に仕事を進めていて、その中にアップフロント(というか和田マネ)も入り込むことになっていくので、まさに複雑怪奇な状況であった。


話を元に戻そう。

バスが着いたのは東京練馬区のとあるお寺。後に後藤真希が参加したモーニング娘。第2次追加オーディションや石川梨華や吉澤ひとみが参加した第3次追加オーディションでも合宿に使われた縁あるお寺だ。石神井公園に囲まれた閑静な場所にあるこのお寺で11人は3泊4日の合宿をすることになった。



合宿初日にカセットテープが配られ「この曲がデビュー曲になる」と告げられる。
そこにはデビューしたいのなら自分の力で掴み取れという強烈なメッセージが込められていた。4日間通して彼女たちはこの曲を課題曲としてレッスンを積むことになる。

朝は5時に起床、読経や境内の掃除もこなしつつ本来の合宿目的であるボイストレーニングとダンスレッスンが3、4時間ずつ、さらに朝昼晩の三食すべて自炊な上にお風呂は1キロ歩いたところにある銭湯、そして10時には就寝と過酷なスケジュールが課せられた。

ボイストレーニングには笠木新一、ダンスレッスンには夏まゆみと、厳しい言葉も厭わない講師が招聘され合宿参加者たちを指導した。それは細かい技術指導というよりも芸能界で生きていくことへの基本的な心構えの指導だったかもしれない。これから数年経った卒業時に、安倍はテレビの企画で当時を振り返って見ていたASAYANの笠木先生の言葉に大きくうなずくことになる。







合宿時、中澤は受かる可能性を考えていなかったという。11人の中に選ばれたのも一人だけ年いった人がいた方がテレビ的に面白いからだろうとさえ思っていた。

中澤はそれならばまわりに気を遣わずに自分のやりたいよう思いっきりやろうと決めていたそうだ。これからの人生のために何か意味のあるものを掴み取りたい…
それが中澤の決意だった。

そんな中澤と目立たないながらも合宿を引っ張っていた石黒に家事で怒られていたのが安倍と飯田だ。北海道から共に上京し同い年の二人はこの合宿でいよいよ仲良くなり、いつも行動を共にしていたが、まわりの参加者から見ると二人がふざけているように見えたこともあったらしい。中澤に「あんたらちゃんとしぃや!」と怒られることもたびたびあったとか。

一方福田は完全にマイペースを貫き通す。そもそも中学生の参加者は福田ただ一人、しかも12歳でその上は飯田と安倍の15歳、同じ東京出身の河村も16歳だったので、仲良くなりようもなかった。福田は「なんかね、私の目にはみんなが珍しい人に見えたんです。いっぱい喋るんですよ。でも私は、なんでそんなに喋ることがあるんだろう?と思ってて…。必要以上には話さなかったですね」と部屋の片隅で一人で課題曲をウォークマンでずっと聴いていた。

安倍が途中で写真のアルバムを持って福田のところに話しかけに来たが、福田は上記のような気持でいたので話がかみ合うはずもなく、安倍は「東京の子はクールだなぁ」、福田は「北海道の人はよく話すなあ」と、そんな印象しかこの時は持たなかった。

そして怒涛の合宿は終わり、8月3日に再び東京TMCに集められた11人は最終審査に臨むことになる。


いつか来た道


<第1回>ASAYAN、1997年までの経過とオーディションの歴史
第2回>1996年のモーニング娘。たち
第3回>1997年4月オーディション開始、福田明日香と東京予選
第4回>1997年5月、中澤裕子と大阪予選
第5回>1997年6月、石黒彩と飯田圭織の札幌予選


    < 6 >                (敬称略)


安倍なつみはこの日、室蘭から3時間、父親の運転するクルマに揺られ札幌にやってきていた。

安倍はこの時高校1年生。コンビニでバイトを始めたり、友人とバンド活動の真似事をしてみたり、清新な活力真っ盛りな頃。身長が低いのが悩みで、背を伸ばしたくて毎日牛乳を飲んでいた。

そんな時にASAYANのロックボーカリストオーディション・札幌予選の開催を知った。ASAYANのオーディションは札幌で地方予選をやらないこともあったので、親と「オーディションを受けるのは高校になってから」という約束をしていた安倍にとってこのオーディションはタイミングよく巡ってきたチャンスだった。

札幌への道中、車内では父親がかつて芸能界を目指したこと、途中で挫折して室蘭に帰ってきたこと、そのことを今でも後悔しているから今度のオーディションは悔いなく頑張ってほしいことなど、今まで聞かされなかったことを安倍は父親から聞かされた。安倍にとってこの札幌行きの車内での会話はオーディション当時の大切な思い出となっていく…

札幌に着き安倍が書類審査の受付を済ますと、その整理番号は1111番。何か運命を感じたという。
安倍がオーディションの曲として選んだのはglobeの『FACE』。
この曲は東京スタジオ審査に進んだ時にも歌っている。





札幌の審査では曲の1番を歌って終わるはずなのに安倍のときは2番までオケが流され、不思議に思いながら歌詞に詰まりつつも安倍は2番も歌った。

これはおそらく安倍がオーディションを勝ち進んでいくことを想定した上でのスタッフ側の意図的なミスなのだろう。1111番という特徴的な整理番号を安倍に割り振ったことも含めて、安倍には制作サイドからかなりの期待がかかっていたことが窺がえた。もちろん安倍自身はそんなことは微塵も知る由はなく、緊張の連続でオーディションを進んでいくのだが。

ちなみに安倍の1111番だけに限らず、中澤も1661番と覚えやすい番号。
福田は1298番、平家は3098番と(当時福田は12歳)これまた何かしらの意図を感じるオーディションの整理番号だった。このオーディションに限らず後のASAYANオーディションでも意図的なオーディション番号は多々見受けられた。


安倍が歌った「globe『FACE』」という選択は当時の流行やASAYANオーディションを考えれば無難な選択だったのかもしれない。しかし実は安倍は本当は違う曲を歌うつもりでいたという。

安倍はUAの『雲がちぎれる時』という曲を本当は歌いたかった。
「流行りの曲じゃなくて個性を出したかったから」と。
しかしこの曲のオケのCDを用意することが出来ず審査で歌うことは断念した。

後にこのエピソードは2002年9月19日のラジオ『エアモニ』で明かされ(この回のラジオは福田脱退時のライブの「風船シャワー」のエピソードなど思い出話がとても多かった回))、そしてさらに時を経た2008年になって安倍が自身のライブでこの歌を披露している。安倍の音楽に対する根底にある世界観がこの曲の選択には表れていた。

そしてオーディションが終わった帰り際に安倍は和田マネに呼び止められ、すっぴんで来たのかどうか訊ねられ「今度もすっぴんで来なさい」と言われ驚いたという。


札幌から東京のスタジオ審査に進んだのはこの安倍、そして石黒・飯田を含めた8名。

安倍と飯田は初めての東京行きに大はしゃぎしながら飛行機に乗っていた。特に安倍はこの時のASAYANから送られてきた東京行きの航空チケット、機内から持ち帰ったイヤホンや「翼の王国」まで、それを今でも大事に取ってあるという・・・

いつか来た道


<第1回>ASAYAN、1997年までの経過とオーディションの歴史
第2回>1996年のモーニング娘。たち
第3回>1997年4月オーディション開始、福田明日香と東京予選
第4回>1997年5月、中澤裕子と大阪予選


    < 5 >                (敬称略)


1997年6月21日。
札幌予選。
ロックボーカリストオーディションではこれが最後の地方予選となる。

ASAYANのオンエアではすでに福岡予選の最終選考進出者が決まっており、東京予選でもスタジオ審査が終わり福田明日香や兜森雅代といった個性派に次の審査への発注がかかっている段階でのオーディションとなった。

後日談では最もレベルの高かった札幌予選と言われているが、それはここまでの途中経過をASAYANで見ても怖気づかなかった人、自信のある人、そして強い意志を持った人が集まっていたからかもしれない。

札幌の中島児童会館に集まった参加者は約1000人。
その中に石黒彩・飯田圭織・安倍なつみの後のモーニング娘。となる3人の姿があった。

石黒は前年の小室オーディションに次いで2回目のASAYANオーディション参加。4月から服飾の短大に進学し、また短大に近くなるということもあり家族ぐるみで引っ越したばかりだった。

高校時代にビジュアル系が好きでハードなバンドでならした石黒にとって「ロックボーカリストオーディション」に参加することはごく自然な成り行きだった。

バンド時代はLUNA SEAやL'Arc〜en〜Cielのカバーをよくやっていた石黒。
歌審査では当時ASAYANオーディション参加者がよく歌っていたRie ScrAmble『文句があるなら来なさい!』を選んだ。アイドル的なアプローチはまったくせず、細い眉毛で眉間にしわを寄せ黒づくめのスタイル、鼻ピアスも付け完全なロック姉ちゃんだった。

この時に審査を担当していたスタッフは前年スタジオ審査にまで進んだ石黒のことを覚えており、7キロも減量した石黒を見て驚いている。ロックなテイストとビジュアル、そしてステージ慣れ、石黒は文句なしの東京スタジオ審査進出を決めた。





ちなみにRie ScrAmbleこと藤原理恵はバブル期に一世を風靡した元C.C.ガールズのメンバーで『ASAYAN』のゲストアーティストとしても時々呼ばれていたが、その後番組の演出家・タカハタ秀太と結婚する。


この日のオーディションに友達と参加していたのが飯田圭織。
飯田は前日からその友人の家に泊まりこんでこの会場にやってくる。しかしその友人宅で喋り明かしてしまいほとんど眠ることなくオーディション当日を迎えてしまっていた。

みっちり練習を積んで夜はぐっすり寝てオーディションに参加した福田とは対照的だが、当時は多くの女子中高生が飯田のように芸能界に憧れ、友達と一緒になってオーディションに参加していた。普段その辺にいる普通の女の子が夢を見ることのできる、ASAYANとはそんなオーディション番組だった。

目が腫れぼったいままの飯田だったが、83人しか進めなかった歌審査には見事残った。オーディション会場に来ていた和田マネからは「整形したのか?」と失礼な質問をされるが、飯田はSPEEDの『STEADY』を披露しASAYAN3度目の挑戦にして初めて東京スタジオ審査に進むこととなる。





そして飯田はこの時の歌審査の会場だったアートプラザホテルで順番を待っているときに隣に座っている子と運命的な出会いをする。

隣にいる純朴そうな小さな女の子。「きっとこの子は勝ち進むんだろうなあ…」「今友達になっておけば芸能人と友達になれるかもしれない」そんな些細な気持ちがきっかけで話しかけた。

それは
「どっから来たの?」
「室蘭」
「私の婆ちゃん家が室蘭だよ」
と他愛もない会話から始まった関係。

そう、隣にいたのは安倍なつみ。
時には大喧嘩をし、時には泣き合い抱き合って、6年半にも渡って苦楽を共にしていく、その二人の出会いだった。

後に二人は知ることになるのだが、まさかこの時は室蘭の同じ病院で生まれていたとは思いもよらなかっただろう。

仲が良い悪いだけでは語り切れない二人の数奇な運命。
生まれた時に会って以来、約16年ぶりの再会を二人は果たしたのだった。

(飯田は1981年8月8日生まれ、安倍は1981年8月10日生まれ。同じ病院で生まれたので、すでにこの時二人は出会っていたと言われている。)

このページのトップヘ